ラストイヤーホンダPUがシュタイアーマルクGPで大暴れ!! 驚異の4連勝の超快進撃が続く

驚異の4連勝の超快進撃が続く!! ラストイヤーホンダPUがシュタイアーマルクGPで大暴れ

 皆さん、こんにちは。自動車ライターの伊藤梓です。

 第8戦目のシュタイアーマルクGPは、レッドブルの本拠地である「レッドブルリンク」で開催されました。レッドブルは、ここまで3連勝と絶好調ですが、果たしてこの本拠地でも本領発揮できるでしょうか?

 そして、角田裕毅選手も、レッドブルリンクは経験があるコースで、得意としているサーキットレイアウトでもあります。ホンダPU勢としては、かなり期待が持てるレースになりそうです。

文/伊藤 梓、写真/HONDA

【画像ギャラリー】レッドブルが本拠地で勝利!! ホンダは30年ぶりの4連勝!! F1第8戦シュタイアーマルクGP


■アクシデントに見舞われたガスリーの分まで奮闘する角田裕毅

気持ちはタンデム!? フリー走行ではデータ収集に専念、決勝ではリタイヤしたガスリーの分まで走る角田裕毅

 1回目のフリー走行(FP1)では、いつも通り各チームがプログラムをこなしていきます。FP1では、ホンダPU勢は、順調に走行していて、フェルスタッペンがトップタイム、なんとガスリーが2番手タイム、角田選手も5番手タイムとかなり好調です。

 ところが、FP2になってみると、ガスリーの姿が見えません。どうやらPUに異常が見つかったということで、FP2のセッションには出られないとの情報が。

 ガスリーがFP2を走れないとなると、実は大変なのが、角田選手。アルファタウリの2台分のデータ取りを一手に引き受けることになってしまいます。フリー走行でのミスは絶対に許されず、やることもたくさん増えます。

 FP2は、角田選手はデータ取りに専念したためか、タイムは15番手で終了しましたが、しっかりと仕事はできたようです。翌日のFP3では、ガスリー選手もPUトラブルを解消して戻ってきました。タイムは、角田選手が5番手、ガスリーが6番手と、アルファタウリが復調したようで一安心。

■順調にポジションを上げる角田裕毅、しかし……

後ろからきたボッタスのタイムアタックを妨害したとして3グリッド降格のペナルティ。そんなの気付かねえよ! と言いたくなってしまうが、こればかりは仕方ない

 フリー走行でしっかり走行を重ねたこともあって、予選の1回目(Q1)では、角田選手が絶好調! なんと4番手タイムで突破します。

 経験あるサーキットということもあって、しっかりとパフォーマンスを発揮できている様子。角田選手は、前回のフランスGPとは打って変わって、ミスなくQ2も突破。最近では、徐々にQ3に残れる確率も上がってきているので、ファンとしても嬉しい限りです。

 予選の結果、ポールポジションを獲得したのはフェルスタッペン。しかし、やはりメルセデスも負けていません。2位にボッタス、3位にハミルトンが付けました。アルファタウリは、ガスリーが6位で、角田選手が8位と、まずまずの結果です。

 ところが、ここで残念なお知らせが……。

 FP2で、角田選手がアタックした後、クルーダウンしている時に、後ろからアタックしてきたメルセデスのボッタスが、角田選手に引っかかり、そのアタックでタイムを出すことができませんでした。これが妨害行為と取られ、なんと角田選手は3グリッド降格ペナルティを受けることになってしまいました。

 角田選手は、もちろん意図的に妨害したわけではありません。レッドブルリンクは、構造上後ろが見えづらいため、チームから無線で「後ろからアタックしているクルマが来てるよ」と教えてもらわない限り、アタックしているドライバーに対して上手くスペースを空けてあげることが難しいのです。

 結局、角田選手は、3グリッド降格を受けて11番手からのスタートとなってしまいました。さらに、11番手であっても、Q2をソフトタイヤで通過しているので、この中古ソフトタイヤでスタートしなければいけないのも大きなハンデです。

 ペナルティによって、少し残念なスタートになってしまいましたが、チームメイトのガスリーは6番手なので、上位のポイントが期待できます。しかし、運命の女神はなかなか簡単には微笑んでくれません……。

次ページは : ■ガスリー接触!! 今回はフリー走行からツイてなかった……