世界のサルーンのベンチマーク!! でもなぜかモヤモヤしちゃう新型Sクラスの現状とは

世界のサルーンのベンチマーク!! でもなぜかモヤモヤしちゃう新型Sクラスの現状とは

 8年振りにフルモデルチェンジされ、1月からデリバリーが開始された一般オーナー向けのメルセデスとしてはフラッグシップとなる新型Sクラスに乗る機会があった。結論としては「世界の自動車をリードしていくメルセデスのフラッグシップにふさわしい存在」と断言できる、素晴らしいクルマだった。

 それだけに何となくではあるが、新型Sクラスを特に都心では7月に入って路上で目にする機会が増えてきたのもよく理解できた。しかし、素晴らしい新型Sクラスながら、筆者は「ちょっとだけスッキリしないところ」もあり、ここではその理由などを考えてみた。

文/永田恵一、写真/塩川雅人(ベストカーWeb)

【画像ギャラリー】メルセデス・ベンツ新型Sクラスの素晴らしいトコロ!! ちょっと気になるトコロ!?


■新型Sクラスってどんなクルマ?

Sクラスはメルセデスのフラッグシップであり、Cクラス以上のFR系メルセデスを牽引していく存在だ。そのため新技術や新コンセプトを積極的に採用する

 Sクラスとしては7代目となるW223型と呼ばれる新型Sクラスは、Cクラス以上の今後のFR系メルセデスを牽引していく存在だ。それだけに新型Sクラスから採用された新技術や新しいコンセプトは

●エクステリア

・メルセデス初の格納型ドアハンドル

・Cd値0.22という空力ボディ

●インテリア

・物理スイッチの代わりとなる操作パネルも兼ねる、12.8インチの大型ディスプレイを核としたシンプルなインテリア

●衝突安全性

・前席バックレスト裏側に設置されたリアエアバッグ&後席シートベルトに内蔵されたリアベルトエアバッグ

●取り回しと高速域の走行安定性、コーナーでのターンインのシャープさを向上させるため、状況に応じて後輪を前輪と逆操、同操するリア・アクスルステアリング(4WS)

 など、数多い。

 また、静粛性やオーディオをはじめとしたエンターテイメント機能の充実といった快適性の向上、運転支援システムの進化なども抜かりない。

 パワートレーンは本国仕様では4リッターV8ターボなどもあるが、日本仕様はそれぞれ4WDの4MATIC+9速ATとなる、3リッター直6ガソリンターボにエンジンとATの間に小型モーターを挟み込んだ48VマイルドハイブリットであるISGを組み合わせたS450 4MATIC系と、3リッター直6ディーゼルターボのS400d 4MATIC系の2つだ。

 ボディもそれぞれに標準ボディとホイールベースを110mm延長し、リアシートの足下スペースを拡大したロングボディが設定される。

■乗ってどうだった?

直6エンジンの完成度の高さはまさにシルキーシックスといったフィーリングで、思わずウットリしてしまうほどだった

 筆者が乗った新型SクラスはS500 4MATICの標準ボディだった。

 乗り始めたのは箱根ターンパイクの下り坂だったのだが、車重約2トンのクルマながらそれなりにスピードが出ている下り坂での絶大な安心感や、ハンドル操作に対する絶妙な正確さを持つステアリング系にいきなり圧倒された。

 高速道路に入ると、エンジンが遠くで回っているように感じる静粛性の高さや、アクセルを深く踏むと快音を響かせ「V8やV12は不要では?」と感じる直6エンジンの完成度の高さにもウットリしてしまった。

 また、運転支援システムの進化などは箱根から東京への帰り道の約100km&約1時間半では確認しきれないほどで、新型Sクラスのような新技術などがテンコ盛りとなったクルマの全体像を把握するにはそれなりの時間が必要なことも再認識した。

次ページは : ■なのに少しだけスッキリしないのはなぜ?

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ