ベンツ新型Sクラス試乗! 直6と最新技術の絶妙なハーモニーはまるで地上を走るクルーザーだ!!


 成功者の証として、世界のエグゼクティブに愛され続けるメルセデス・ベンツのフラッグシップセダン「Sクラス」。

 第7世代となる新型は、2020年9月にオンライン発表会でワールドプレミアを実施。威風堂々としたSクラスらしいエクステリアの内側に秘めた新提案のラグジュアリーカーの世界観に驚かされたことは記憶に新しい。

 そんな新型Sクラスが、2021年1月28日より発売が開始され、ついに試乗する機会が訪れた。新型Sクラスに備える数々の新機能の紹介を含め、試乗レポートをお届けしたい。

文/大音安弘、写真/塩川雅人(ベストカーWeb)

【画像ギャラリー】ついに発売!! ついに体験!! メルセデス・ベンツ新型Sクラスに試乗


■スピード上陸は日本市場重視の証!?

堂々たる風格。まさにSクラスらしい巨体ながら取り回しは意外にもいい

 7代目となる新型Sクラスがついに日本上陸した。発表から約4か月というスピード上陸を果たしたのは、メルセデス・ベンツにとって日本市場の重要さを示す証と言えるだろう。もちろん、それを支える多くのSクラスファンが存在するわけだ。

 そんな新型Sクラスの日本仕様は、グレードを厳選。ガソリン車の「S 500」とクリーンディーゼル車の「S 400d」に、それぞれ標準ボディとロングボディを用意する。つまり全部で4タイプしかない。

 しかし、それはスピード感を持って日本導入を図るための秘策でもある。新型モデルで恒例となった人気オプション満載の導入記念車「ファーストエディション」も用意されているが、驚くべきことに、「S 400d」と「S 500」のいずれもロングボディのみ。ここにSクラスが抱えるユーザー層の特殊性が伺える。

 そこで試乗車も豪華絢爛な「S 500 4MATICロング」を選択し、ひと時のプチオーナー気分を味わってみることにした。車両だけで、1724万円。なんとオプション込みの総額は、約2000万円を超える仕様である。

近年クーペルックのセダンがおおいが、SクラスはCピラー付近にもしっかり角度を設け、後席のヘッドスペースを確保している

 まずはビジュアルから見ていこう。

 写真で見るよりも実物の方がカッコイイ。新生代メルセデスデザインを取り入れたSクラスは、シンプルかつ流麗なスタイルが特徴。他モデルよりも控えめであるが、よりスポーティなスタイルに進化している。

 歴代モデル同様に近寄り難い雰囲気を放つが、ただ先代よりも威圧感は薄まったように思える。新型の持つ迫力の秘密は、余計な線を徹底して省いた彫刻のような造形美にあるのだろう。一言でいえば隙が無いのだ。

 しかし、ドアに近づくと、格納式ドアハンドルが起動し、Sクラスはお出迎えの体制に。まるで私を受け入れてくれたかのような感覚となり、少し嬉しくなった。

巨大なディスプレイは今やトレンド。しかしやや角度が寝すぎている印象も受け、もう少し起きていたほうが見やすいと感じる

 運転席まわりのデザインは、かなり未来的だ。

 センターコンソールと一体デザインとなる縦長インフォテイメントシステムのインパクトが凄い。そして、水平基調のダッシュボードデザインもクルマというよりは、クルーザーのようである。

 そんな造形からも運転時には、さぞセンターモニターが気になると思えたが、ドライバーの眼下にあるデジタルメーターとヘッドアップディスプレイが必要な情報をしっかりと表示し、運転中に必要な操作は、ステアリングスイッチで完結するため、センターモニターが気にならぬように設計されている。

 この辺は、さすがメルセデスと唸らせてくれるところだ。

■まるでCクラスのような扱いやすさ

低速時は逆位相に後輪を操舵。車庫入れやUターンなどで真価を発揮する

 まずは街中をドライブ。

 意外なことに運転がとてもし易い。機敏な動きをみせるので、思わず巨大なロングボディであることを忘れさせてくれる。まるでCクラスを操っているような感覚に陥る。

 もちろん、新型Sクラスのロングボディは、全長5290mm×全幅1920mm×全高1505mmと超デカい。先代ロングと比較しても、全長が+35mm、全幅が+20mm、全高が+10mmと一回りも大きくなっている。

 この扱いやすさを生むの秘密兵器が、後輪操舵機構「リヤアクスルステアリング」だ。これは60km/h以下では後輪を前輪と逆方向に、60km/h以上では同方向に後輪を操舵。これにより街中での小回り性を高める。

 また視覚的な効果として、包まれ感のあるコクピットデザインや鼻先まで見えるアイポイントの良さなどの相乗効果もある。ビジネスシーンでも熱い信頼を得ているのは、そんなドライバーへの配慮も大きいのだろう。

 高速走行時は、大海原を進むクルーザーのようなゆったりとした乗り心地を実現。エアサスペンションを路面状況に合わせて細かく調整を行ってくれるが、ちょっと演出感も強く思える。

 もっと色々な道を走り、そのキャラクターを知りたくなった。この辺も熟成が進むと面白みもありそうだ。高級車に求められる静粛性だが、街中から高速を含め、すこぶる高い。

 そのため、滑らかな回転フィールを持つ6気筒ターボエンジンの主張もかなり控えめとなり、寂しいくらい。個人的には、もう少し自慢の6気筒サウンドを楽しませて欲しいと思うほどだ。435ps/520Nmのエンジンが生む加速力は鋭いが、姿勢制御により実際の加速よりもクルマの動きは緩やかであった。

リアシートはまさに快適空間。当然ながらショーファードリブンも視野に知れている

 せっかくなので後席にも試乗。

 ロングのオーナーが最も好むと思われるポジションだ。シートは標準状態でも体を預けるような姿勢。まるでラウンジのソファーに体を預け、くつろいでいるような感覚だ。

 試乗車は、フットレスト付エグゼクティブリヤシートを装備。これは助手席が前に倒れ、スペースを確保。後席の大きくリクライニングし、レッグレストが競りあがることで仮眠も可能なシートポジションを作り出すもの。まさに自動車のファーストクラスシートである。

 アームレストに格納されたタブレッドを使えば、リラックスした姿勢のまま、インフォテイメントシステムなどの車内装備を操ることが出来るので、まさに至れり尽くせりな空間だ。

次ページは : ■新機能盛り沢山でデジタル感アップ