欧州では常識だし安全なのに…日本でランナバウトが普及しない実情と「意識」の差


 日本ではあまり広まっていないが、90年代後半から、欧米やオーストラリアなどでは、信号を必要としない交差点「ラウンドアバウト(環状交差点)」が急速に普及している。

 日本でも、2014年9月に施行された道路交通法改正によってラウンドアバウトの法整備がなされたが、2021年3月末時点で全国126箇所と、まだまだ設置数は少ないのが現状だ。

 なぜ日本ではラウンドアバウトが普及しないのか。ラウンドアバウトのメリット・デメリットを考えつつ、検証していく。

文:エムスリープロダクション、立花義人
アイキャッチ写真:Adobe Stock_pe-foto
写真:写真AC、Adobe Stock

【画像ギャラリー】なぜ日本では普及しない!? 欧米で普及が進む、信号を必要としない交差点「ラウンドアバウト」のメリットデメリットをクイックチェック!!


ラウンドアバウトとは?

 「ラウンドアバウト」は、1960年代からイギリスで、導入に向けた調査・研究が進められ、それらをもとに1993年に発行されたガイドラインに基づいて、各国で導入が進んだ新しい交通制御方式だ。

 交差点の中央に円形の島があり、その周囲を時計回り(右側通行の国は反時計回り)でクルマが進む環状道路と、そこに進入するための複数の道路によって構成されている。

福岡県にあるラウンドアバウト(PHOTO:写真AC_isa_kitaQ)

 右ハンドルの日本の場合、具体的な通行方法は、交差点に進入する前に道路の左側に寄りながら減速。その後、環状道路を進むクルマの通行を妨げないように、交差点に進入する。

 目的のポイントまでそのまま環状道路を通行し、出口が近づいたら左ウインカーを出し、交差点を出るまでウインカーを使用しながら出口に進む。慣れてしまえば、通行方法はいたってシンプルだ。

事故リスクの低減が最大のメリット

 ラウンドアバウトには信号機がないため、枝側の道路からスムーズに交差点にクルマが進入し、そのまま目的の方向に進むことができる。クルマの流れがスムーズな交差点を作ることができるのだ。

 出る道が分からなくなったらもう一周すれば良いし、来た道に戻ることだってできる。「環状道路を通行しているクルマが優先」というルールに慣れれば、戸惑うこともないだろう。

「環状道路を通行しているクルマが優先」と覚えておけば、戸惑うこともないはず(PHOTO:AdobeStock_ YK-image)

 ラウンドアバウト最大のメリット、それは、「事故のリスクを減らすことができる」という点だ。ある町の信号機付き交差点をラウンドアバウトにしたところ、その交差点での事故が一年で1800件から300件まで減少したという。

 筆者の住むイタリアでは90年代半ばごろから急速にラウンドアバウトが普及し、都市部はもとより交通量の少ない地域でもよく見かける。これだけ急速に普及が進んだ背景には、この「事故リスクの低減」という点が大きい。

 枝の道路同士は直接交差しないため、十字交差点より一箇所の衝突点に車が集中しないことや 、常にステアリングを切っていることで速度の抑制につながること、クルマが常に一方向からしか来ないため、安全確認が容易であることなどが、事故を抑制した理由だと考えられる。

 その他にも信号機を設置する必要がないため、災害などの停電時にも交差点として機能すること、信号待ちがないので騒音問題や環境対策にも有効、景観を損ねない(中央島に緑地帯を設けることも可能)といったメリットもある。

最大のメリットは、事故リスクの低減。他にも、信号機が必要がないことで、災害時にも有効であり、騒音も減らせること、また、中央島があることで景観もよくなる、などメリットは多い(PHOTO:写真AC_ Koenig)

次ページは : 円形交差点ではスムーズな流れはつくれない