変革は名門車ゆえの宿命? クラウンから伝統の「ロイヤル」がなくなった意味


 1955年に発表されたトヨペット・クラウンから、クラウンの歴史は66年を数える。この長い歴史のなかで、5代目クラウンの最上級グレードとして初導入されたのが「ロイヤルサルーン」だ。

 クラウンといえばロイヤルというイメージが強くあったが、現行型ではグレードが刷新され、ロイヤルは廃止されてしまった。廃止の背景には、何があるのだろうか。ロイヤル廃止から見えてくる、クラウンに起きた変革と、クラウンからロイヤルが消えた功罪を考えていく。

文/佐々木亘
写真/編集部、TOYOTA

【画像ギャラリー】ボディカラーが素敵な14代目クラウン誕生60周年記念特別仕様車&2021年6月に発売された15代目クラウン特別仕様車をみる


王冠=クラウンに相応しいグレード名「ロイヤル」

写真は先代モデルのクラウン・ロイヤル。現行型ではロイヤル/アスリートの種別が廃止されたため、クラウン・ロイヤルとしては同車が最終モデルとなった

 1970年代、クルマのグレード名といえば、「デラックス」「スペシャル」「スーパー〇〇」が主流であった。クラウンでも、「スーパーサルーン」や「デラックス」といったグレード名が採用されている。

 こういった時代に、5代目クラウンで初採用されたロイヤルサルーンは、クラウンという車名から生み出された、珠玉のグレード名であろう。

 ロイヤルは「王室の」、「国王の」といった意味の形容詞である。サルーンはフランス語のサロンを語源とした英語で「大広間」、「広い客間」の意味だ。つまり、ロイヤルサルーンは、「国王の大広間」という意味になる。もちろん国王は、王冠(クラウン)をかぶっているわけだ。

 非常にキャッチーかつ、威厳のある「ロイヤルサルーン」というグレード名は、6代目以降のクラウンでも使用される。大排気量のエンジンや広い室内、高級を肌で感じるインテリア、柔らかで快適な乗り心地を実現し、日本車の最上級に君臨し続けるクルマとなった。

マジェスタ・アスリートの登場で変わった潮目

写真はマジェスタの最終モデルとなった6代目クラウンマジェスタ。マジェスタは、通常のクラウンより大型化された最上級モデルとしての役割を担っていた

 1991年、9代目クラウン登場と同時に発表されたのが、クラウンマジェスタである。クラウン・ロイヤルよりも、大きな車体と大排気量のエンジンを搭載し、実質的に最上級のクラウンとなった。さらに、11代目ではスポーツモデルのアスリートを登場させる。次第にロイヤルの影は薄くなっていった。

 1990年代後半から、クラウンは伝統を重んじながらも、変革を始めた。伝統という言葉の裏には、「おじさんのクルマ」、「新鮮さがない」というネガティブな意味が含まれる。このイメージを背負ったのが、歴史の深いロイヤルだった。

 この変革で、最も注力されたのは、クラウンから興味が薄れた若年層に対しての、イメージ回復である。つまるところ、ロイヤル路線からの脱却だ。

写真は、クラウン誕生60周年記念特別仕様車 アスリートS “空色edition”。14代目から、ピンク、空色や若草色のボディカラーが追加され、クラウンのイメージを大きく変えた

 ロイヤルの最終系になる14代目クラウンが登場すると、アスリートを中心に、グレードを充実させ、ピンクや若草色などのボディカラーを設定する。CROWN Re BORNを掲げイメージを大きく変えた。クラウンの主役はアスリートが担うようになり、ロイヤルはクラウンのメイン路線から外れてしまう。

 そして15代目で、ロイヤルの名前は消え、クラウンは新たな方向性へ舵を切る。

次ページは : 日本の高級車を具現化した「クラウン・ロイヤルサルーン」の価値とは

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ