先代クラウンのデザインにびっくり!? 営業マンも市販化を驚いた新車 5選

マジでこれ出すの!? 営業マンも市販化を驚いた新車 5選

 自動車メーカーからの新型車の情報を、最も早く知ることができるのが、各販売店だ。メーカーから入る突然の通達は、専門誌のスクープ予想を大きく超えた、新車情報として発表されることも多い。

 発表される新車情報のなかには、「これ、本当にこのまま市販するの?」と驚きを隠せなかったクルマがある。本稿では、元トヨタディーラー営業マンの筆者が、市販化に驚愕したクルマを紹介していく。

文/佐々木亘、写真/編集部、TOYOTA、MAZDA

【画像ギャラリー】メーカー発表にビックリ!! 市販化に営業マンを驚愕させたクルマたち


■衝撃的なグリルを採用した先代クラウン

先代クラウン アスリート。大型のラジエーターグリルはもちろん、写真の若草色などボディカラーも斬新だった

 日本の高級車の第一線を走り続けるクラウン。現在では見慣れたデザインとなったが、大型のラジエーターグリルが採用されたのは、この14代目クラウンからである。

 ロイヤルの姿にも驚いたが、最も衝撃的だったのは、アスリートに採用された稲妻型のフロントグリルだ。また、ピンクのクラウンが登場し、2013年の箱根駅伝を走行したのは記憶に新しい。奇抜なデザインや色のクラウンを見て、本当にこれをクラウンとして売って大丈夫かと、驚くと同時に心配になった。

 発売前、事前受注を取るための営業活動では、デザインに対し批判的な声が多かったクラウン。しかし発表後、新世代クラウンのデザインや色は、しっかりとユーザーに受け入れられた。

 ピンククラウンや若草色クラウンも違和感は少なくなり、アスリートのデザインもカッコよく見えてくる。ユーザーはもちろん、売り手側の「クラウン」に対するイメージも、大きく変えた驚きの1台だった。

■まさかの変化に驚かされた現行プリウス

現行プリウス。デザインの奇抜さに度肝を抜かれた。特にライト系統のデザインが個性的だ

 大ヒットした3代目からバトンを受け継ぎ、新世代プラットフォームTNGAを採用して大きな話題となったクルマだが、こちらも発表前のスタッフマニュアルを見て、デザインの奇抜さに驚いたクルマだ。

 3代目と似ている点は、ボディの形状のみ、ヘッドライトからテールランプに至るまで、プリウスの面影はない。特にライト系統のデザインは、一般受けしないだろうなと、多くの販売店で予想していただろう。

 現在では少し個性が削られ、見た目にも落ち着きを見せているが、4代目初期型の登場当初は、「これがプリウスなのか?」と目を疑った。初代から3代目までは、プリウスの進化に驚いたが、4代目は変化に驚かされる結果となる。

次ページは : ■トヨタが軽を売る衝撃!! ピクシスシリーズ