オデッセイ終売で再評価!? 愛すべき独創的ホンダ車の「成功と失敗」


 2017年、ホンダは「電動化など新技術への生産シフトのため、2021年度に狭山工場での四輪生産を終了する」と発表した。そして現在、それは実行に移され、狭山工場で製造されていたオデッセイ、レジェンド、クラリティは年内での生産終了が決まっている。

 オデッセイと言えば、ホンダの歴史を変えたモデルで、画期的な成功事例でもある。しかしヒットモデルの裏には数々の失敗(売れなかったモデル)も存在した。本稿では、オデッセイを含め、これまでに登場したホンダのチャレンジングなモデルの歴史を振り返ってみよう。

文/柳川洋 写真/本田技研工業

【画像ギャラリー】ホンダのチャレンジングなモデルを写真でチェック!


■ミニバンの突然変異種として誕生したオデッセイ

現在は「ミニバンメーカー」という印象すらあるホンダだが、それもオデッセイの存在があったからこそ。今大人気の高級ミニバン市場も、ここから始まったと言っても過言ではない

 初代オデッセイは1994年にデビュー。バブル崩壊のあおりで開発費にこと欠き、アコードのプラットフォームが流用されていたが、「ファミリー向けミニバンなんて、商用バンにそこそこのシートとサンルーフでもつけて見栄えよく仕上げとけば取りあえずオッケー」的な風潮が強かった時代に、「FFベストハンドリングカー」と言われるほど運転していて楽しく、それでいて3列シート付きの高い実用性を誇る、ホンダが放ったミニバンの突然変異種だ。

 当時は、エンジンの上に運転席が配置されたキャブオーバー型のファミリーバンが主流で、重心も高く、運転していて退屈なモデルばかりだった。そこに突如として現れた、低車高・低重心で4輪ダブルウィッシュボーンサスペンション・4輪ディスクブレーキを搭載し、後部スライドドアもないFF乗用車チックなオデッセイは、当時まだ多かったドライブ好きのお父さんのハートを鷲掴みにした。

 「幸せづくり研究所」というコピーと、映画『アダムス・ファミリー』をフィーチャーしたCMも話題となり、長年普通乗用車クラスで首位の座を独占していたクラウンを抜き、販売台数トップに躍り出るほどの大ヒットを記録。また、6人乗り仕様では、センターウォークスルーで3列目シートにアクセスでき、3列目が床下格納できるなど、多彩なシートアレンジも人気を呼んだ。

 あまり知られていないが、現在セナ・プロスト時代以降初めてF1で5連勝を飾ったホンダのF1パワーユニット開発を指揮している浅木泰昭氏が、初代オデッセイの開発に関わっていたという。それも現場チームの独断で開発を始めたそうだ。また大ヒットした初代N-BOXの開発責任者も浅木氏。ホンダのマンパワー、恐るべしである。

■時代を捉えたクリエイティブムーバー

日本ではもちろん、北米でもヒットモデルとなったCR-V。シティSUVとしてトヨタRAV4と人気を二分した

 オデッセイと同時期のホンダ車には、クロスオーバーSUVのCR-Vや、初代ステップワゴンとその派生車S-MXがあり、これらはまとめて「クリエイティブ・ムーバー」と呼ばれ、どれも「今までありそうでなかった」コンセプトでヒットモデルに。それまで、当時流行していたクロカン・RV的な車種を持たず、業績が低迷していたホンダの救世主となった。

 CR-Vは、シビックのプラットフォームをもとに開発され、1995年にデビュー。男臭いパジェロやランクルと違い、「安いけどおしゃれで都会的、快適で誰でも運転でき、居住性・実用性が高いクロスオーバーSUV」という当時としては珍しかったコンセプトで大人気となった。

 現行モデルは日本では不振だが、アメリカでは引き続き一番売れているホンダ車。2021年1-5月累積販売は17万6000台と、2位シビックの12万台を大きく引き離し、いまだにホンダのドル箱である。

オデッセイとはまた違った趣の新型ミニバンとしてデビューしたステップワゴン。“道具感”のあるシンプルなルックスも人気の理由だった

 1996年にデビューしたステップワゴンも、背が高いのにフロアが低いおかげで運転しやすく、実用性も高いというパッケージングの良さで月に1万台以上を売る大ヒットモデルとなった。

 当時少なかった2列目、3列目が完全にフラットになるシートアレンジが可能で、派生車種のカップル向けモデル、S-MXと合わせて、様々なニーズに応えたことも人気の理由だった。

次ページは : ■時代を先取り過ぎた“Jムーバー” HR-V