初代アクアの納期 実は!? 営業マン実録・納期が長すぎた新車 4選


■トヨタ車の長納期がレクサスに影響した例も

●3代目ハリアー/初代レクサス NX

3代目ハリアー。後から注文したレクサス NXのほうが早く納車されるという事態に陥り、ハリアーをキャンセルしてNXに切り替える人もいた

 2013年7月に登場した3代目ハリアー。最長の納期目安は2014年初旬に記録した、8か月以上だった。納車の目安は同年の8月以降となる。

 このハリアーの納期長期化は、2014年7月に登場したレクサス NXにも影響を与える。2014年頭に注文したハリアーよりも、2014年初夏にNXをオーダーしたほうが、納車が早くなるという事態に陥る。

 どちらもカテゴリーの近いSUVで、価格帯も似ている。そのため、NX先行受注の段階で、ハリアーをキャンセルして、NXの注文に切り替えるという人を、筆者は当時、レクサスで対応してきた。

 NXの登場が、ハリアーのオーダーキャンセルを助長させていることは明白であり、同じトヨタの一員として居た堪れなくなった思い出がある。

 レクサスの納期はトヨタに比べ長く、長い納期には慣れていた筆者だが、NXとハリアーの長納期対応には、非常に頭を悩ませた。

●レクサス LS500・LS500h

現行レクサスLS。配車台数はもちろん、エンジン別、グレード別の初期配車枠が決められているという状態で、先行受注の段階から長納期覚悟の車だった

 2017年に登場したLSの現行モデルは、先行受注の段階から長納期覚悟のクルマだった。

 各店舗に対し、配車台数だけでなく、エンジン別、グレード別の初期配車枠が決められているという前代未聞の状態。先行オーダーを入れる予定のLSオーナーとは、車両詳細が判明する前に、新車のエンジンやグレード、駆動方式などを細かく決めておかなければならず、店舗内でも初期配車枠の調整は難航した。

 初期オーダーの3か月以上前から話をはじめ、オーダーを入れてから3か月後に出来上がる。オーナー側からすると、話を始めてから納車まで6か月以上かかる注文だ。

 想定していたグレードから変更するとなると、さらに納期は延びる。結果的には最長で、1年弱待ってもらったオーナーもいた。

 これほどまでに早く営業活動を開始し、車両全容が見えないままに注文を受けたクルマは、後にも先にも、このLSだけである。

*   *   *

 新車は、注文から納車まで1か月以上の時間がかかる。メーカーや販売店にとっては当たり前の時間なのだが、ユーザーは一日でも早く納車をして欲しいと思うだろう。購入者に新車が届くワクワク感を、途切れさせないようにするのが、販売店や営業マンの役割である。

 長納期の顧客対応は非常に難しい。買い手の気持ちが途切れてしまえば、キャンセルやクレームにも直結してしまう。何よりも密なコミュニケーションが必要なのが、長納期に対する対応だ。

 半導体不足が解消し、一日も早く、新車の生産体制が落ち着くことを、切に願っている。

【画像ギャラリー】大河よりも長い納期のドラマ!? 元ディーラー営業マンが見た「納期が長すぎたクルマ」たち

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ