安全運転祈願!!「人身事故」で逮捕される可能性と刑事裁判の実態とは

「人身事故」を起こす恐怖! 逮捕される可能性と刑事裁判の実態とは?

 どんなに安全に気を遣っていても、ドライバーは皆ある日突然「加害者」になり、場合によっては「逮捕」される可能性がある。もし人身事故を起こしてしまったら、ドライバーにはどんな事態が待ち受けているだろう? また、どのようなケースで「逮捕」にまで及ぶのか? ここでは家族が事故にあった経験を持つ筆者が、弁護士への取材をもとに、人身事故を起こしたドライバーに対する「刑事責任」に関して解説したい。

文/鈴木喜生 写真/写真AC

【画像ギャラリー】安全運転祈願!!「人身事故」で逮捕される可能性と刑事裁判の実態とは


どんな場合に「逮捕」されるのか?

「人身事故」を起こす恐怖! 逮捕される可能性と刑事裁判の実態とは?
人身事故の場合、たとえ悪質と判断されなくても、起こした事故が甚大であれば逮捕されることはある 写真AC

 人身事故を起こすと、そのドライバーは逮捕される可能性がある。しかし、逮捕されるかどうかの明確なガイドラインは、実は存在しておらず、すべては2つの条件によって判断されている。ひとつは「事故の態様」であり、もうひとつは「事故の結果」だ。

 「事故の態様」とは、その事故が「悪質かどうか」を意味する。不注意などであれば逮捕にまで及ぶ可能性は低いが、「速度超過」「無免許運転」「酒酔い運転」「危険運転」「ひき逃げ」「救護義務違反」などの場合には「悪質」と判断され、逮捕される可能性が高まる。

 また、「事故の結果」とは、主には被害者の容態だ。被害者が軽傷であれば逮捕されずに「在宅捜査」となるケースが多いが、「重傷」「重体」「意識不明」「死亡」などの場合には、逮捕される可能性は高くなる。

 筆者の家族は数年前、自転車で交差点を直進しているときに右折車に跳ねられ救急搬送されたのだが、この時のドライバーは前方の注意を怠ったものの、その他の道交法違反は犯しておらず、すぐに被害者の救護に当たり、自身で救急連絡を入れている。しかし、被害者は頭部を強打し、意識不明の状態で救急搬送された結果、ドライバーはその場で逮捕されたのだ。つまり、「事故の態様」はさほどではないが、「事故の結果」が甚大だったため逮捕されたケースといえる。

ちなみに「加害者」とは、あくまで人身事故を起こしたドライバーに対する呼称であり、その事故が犯罪となる可能性がある場合には「被疑者」と呼ばれ、裁判によってその刑が確定すると「犯罪者」となる。ただし、物損事故の場合にも、「当て逃げ」(警察への報告義務違反)など、極端に悪質な道交法違反を犯していれば「犯罪者」になる可能性はある。

「逮捕」されると、どうなるのか?

人身事故が発生した場合のフローチャート(愛知県警資料を参考に筆者作成)

 事故を起こしたドライバーが逮捕されるとき、どんな根拠のもとそれが執行されるのか?

 人身事故のような刑事事件によって人が逮捕される時、「嫌疑の相当性」と「逮捕の必要性」という、2つの要件が満たされている必要がある。

「嫌疑の相当性」とは、「被疑者が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由がある」(刑事訴訟法第199条)状態のこと。つまり、その人身事故が裁判によって犯罪だと判断される可能性があることを意味している。

 また、「逮捕の必要性」とは、被疑者が逃げる、または証拠を隠滅する可能性がある場合のことを指す。逆に言えば、この2つを満たしていない逮捕は「不当な逮捕」といえる。

 逮捕されたドライバーは「被疑者」となり、警察署の「留置場」に入れられ、取り調べを受ける。この状態を「身柄捜査」という。警察での取り調べが完了した時点で釈放されることもあるが、それはレアケースとのこと。多くの場合、加害者を逮捕した警察は、この案件を逮捕から48時間以内に検察へ「送致」する。つまり、被疑者の身柄と関係書類は検察に送られ、検察がこの刑事事件に対する権限と責任を持つことになる。

 被疑者が送致されると、検察官は24時間以内に以下のいずれかを選択する。

●「勾留請求」

・勾留請求とは、検察が被疑者を勾留する許可を裁判官に求める手続きのこと

・勾留請求が行われると、被疑者はまず裁判所に連れていかれる

・裁判官は「被疑事件」の概要を告げ、同時に被疑者の言い分を聞く

・勾留が決定されると、被疑者は最長10日間にわたり勾留される

・勾留はさらに最長10日間延長される可能性がある

・勾留が決定されると、基本的には検察の「拘置所」に入ることになる

・ただし、多くの場合は警察署の「留置場」に留められることが多い

●「釈放」

・検察へ送致されたとしても、勾留請求されずに釈放される場合もある

・検察が勾留請求しても、裁判官によって却下され、釈放される場合もある

・被疑者が釈放されると、「身柄捜査」から「在宅捜査」に切り替わる

・釈放された被疑者は、日常生活を送りながら起訴、不起訴の判断を待つ

「人身事故」を起こす恐怖! 逮捕される可能性と刑事裁判の実態とは?
拘置所は満杯状態。そのため裁判所によって「勾留」が決定されてからも警察署の留置所に留められる場合が多い 写真AC

 裁判所が被疑者の勾留を決定した場合、本来であれば「拘置所」に勾留されるのだが、拘置所は国内に8箇所しかなく、103箇所あるその支所も満室状態。そのため、多くの場合は警察署の留置場(全国約1100箇所)に引き続き収容されるケースが多いようだ。

 すべての犯罪・刑事事件においては、逮捕された被疑者に対して勾留請求が行われるのは9割以上といわれている。しかし、クルマによる人身事故の場合、悪質な違反がなく、被害者の怪我が軽度であれば、勾留請求が行われることは少なく、逮捕から72時間で釈放されるケースが多いようだ。

次ページは : どんな法律で裁かれるのか?

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ