輸入車は右ハンドルでも「左」!! なぜ日本車のウインカーレバーは未だに「右側」なのか

輸入車は右ハンドルでも「左」が標準!! なぜ日本車のウインカーレバーが未だに「右側」なのか

 日本車はウインカーが「右」、ワイパーは「左」、輸入車は基本的にウインカーが「左」、ワイパーが「右」というのは長年変わらない法則である。

 昭和の時代に日本で販売された輸入車は、左ハンドル車が多かったため、この区別は明確だったが、平成に入り輸入車も右ハンドルがほとんどという時代になると、クルマを乗り換えた際にウインカーとワイパーを混同することも多い。

 そのため、「いっそのこと、日本車も輸入車と同じ左ウインカー、右ワイパーに統一してもいいのでは?」と感じることもある。

 そこ、本稿では「日本車と輸入車でウインカーとワイパーの左右が違う理由」を改めて考察してみた。

文/永田恵一
写真/Honda、Adobe Stock、Daimler、Ford

【画像ギャラリー】2020年国産販売台数首位ヤリスと輸入車モデル別首位MINI 両車のハンドルなど内外装を見比べてみる


なぜ日本車と輸入車でウインカーの位置は違う? 「左」ではいけない理由とは

 結論から書くと、答えは簡単で「日本車はJIS(日本工業規格)により、ウインカーが右、ワイパーが左、日本仕様以外の日本車と輸入車の多くはISO(国際標準化機構)でウインカーが左、ワイパーが右」と決まっているからだ。

 考えてみると、普段あまり意識することもなく、現代はDレンジのある2ペダル車がほとんどという時代ではあるが、MT車では交差点などでウインカーとシフトの操作が重なるというケースもある。

 こうしたケースでは右ハンドル車ならウインカーレバーを右側に、左ハンドルなら左側にというのは理にかなった配置である。

クルマの外から見ると同じように見えるウインカー。しかし、ウインカーレバーの位置は、日本車と輸入車で異なる(写真:xiaosan-Stock.Adobe.com)

 また、昔から日本仕様はJISの右ウインカー&左ワイパーで、それ以外の海外向けは基本的にISOに従っている日本車というのは、日本らしいおもてなしがあるというか、各国のニーズに対応しているという意味では素直に素晴らしいと思う。

 逆にウインカーとワイパーをJIS規格に準じている日本向けの輸入車がほとんどないのは、JISに対応する小さくないコストが掛かるからで、不親切とも解釈できるが、後述するように費用対効果やJIS対応によるコストアップ(≒ユーザーの負担増)を考えれば、これもわからない話ではない。

実は「右ウインカー」だった輸入車も過去には存在

 しかし、JISに従って右ウインカー、左ワイパーとしている輸入車も少数ながらあり、筆者の記憶では以下のような例があった。

【1990年代後半~2000年代前半】

●サターンの右ハンドル車
●キャデラックセビルの5代目モデル

(同車はシートやペダルといったドライビングポジションを日本人向けに、当時のセルシオやシーマに対抗すべくバンパーを変えて全長を5m以下に、ディスプレイの表記をカタカナに、価格は500万円台と、日本市場への対応を非常に入念に行っていた)

【2000年代以降】

3代目フォーカスは、2013年から、フォード日本撤退の2016年までに販売されたクルマ。タイでの生産だったため、輸入車では珍しく右ウインカー、左ワイパーというレイアウトになった

●燃料電池車ネッソ、ヒュンダイ車全般
●2013年からフォードの日本撤退まで販売された3代目フォーカス
(日本仕様がタイ国生産車だったためという事情もあるが)

 しかし、「では、ウインカーとワイパーを移設するという日本市場対応をした輸入車が成功したのか?」となると、皮肉なことにキャデラックセビルの5代目モデルがまずまず成功したくらいで、この点は「大勢には影響なく、セビル以外は鳴かず飛ばずに終わった。結局はクルマ自体の魅力や商品力の方が重要」というのが率直な印象だ。

 また、近年のメルセデスベンツやテスラの右側にあるコラムシフトもISOに従って左ウインカーだ。

 そのため右ウインカーの日本車に乗った後だと、うっかりコラムシフトをウインカーと間違って、左にウインカーを出す左折の際にコラムシフトがニュートラルに入って失速……ということも稀にある。これはちょっとややこしい話ではある。

次ページは : 日本車が「左ウインカー」になる可能性はあるのか?