猛暑到来!! 車内に置き忘れると一発で壊れるスマホとノートPCを救え

猛暑到来!! 車内に置き忘れると一発で壊れるスマホとノートPCを救え

 梅雨が明けた途端、猛暑に包まれた日本列島。35℃を超える猛暑日の場合、夏の車内はどれくらいの温度になるのか、ご存知だろうか。強い陽射しが照りつける中クルマを放置すると、30分で室内の気温は50℃を超えることが珍しくない。さすがにそこからの上昇は緩やかになるようだが、最大で60℃を超えることもある。

 車内の空気はダッシュボードやシートなどが熱せられたことで暖められているから、その発熱体となるダッシュボードは80℃近くの高温に達することもあるのだ。これはボディカラーやダッシュボードのカラーによっても多少の変化はあるが、猛暑下の陽射しでは最終的には5℃くらいの違いしかなくなる。それほどに熱くなるのだ。

 そんな環境下で置きっ放しにしてはいけないモノの筆頭が電子機器、すなわちスマホやノートPCなどだ。これらには動作保証温度(動作温度、動作環境温度、動作周囲温度という表現もある)というものがある。これは、その温度の範囲内で使用することで正常な動作や本来の性能を保証するという条件だ。

文/高根英幸
写真/Adobe Stock、ベストカー編集部(トビラ写真=Adobe Stock@yamasan 2)

【画像ギャラリー】炎天下にクルマを放置してみた!! 車内で最も高温になったのは?


■スマホ、ノートPCは動作温度、保存温度に注意

一般的に最高気温が30℃以上の日を真夏日、35℃以上の日を猛暑日と呼ぶ(Adobe Stock@ichikei)
猛暑日が続くなか、絶対にクルマに放置してはいけないのがスマートフォン。動作温度である0℃前後~35℃前後の範囲を超えるとスマホ内部がダメージを受けて寿命が短くなる(Adobe Stock@yamasan)

 例えばiPhoneの動作温度は0℃~35℃とされており、一般的なスマホはほぼ同様のレベルと思っていい。これは外気温であって、動作中のスマホ内部の温度はもっと高温になっている領域もある。したがって、外部から熱せられた状態では、スマホ内部の冷却はおろか、逆に熱を内部に伝えてしまって正常に動作しなくなってしまうのだ。

 さらに非動作での保証温度(保存温度とも呼ばれる)、つまり保管状態でも環境条件を定められているケースも少なくない。すべてのPCでそうした条件を公開している訳ではないが、日本のPCメーカーは比較的検査も厳格で項目も多い。それらのデータによれば、非動作での保証温度は60℃程度。つまり、真夏の車内はギリギリの環境で、危険スレスレと言ってもいい状態なのである。

 ちなみに動作中の内部温度の話をすると、インテルのCPUは105℃でセーフモードに入ると言われている。つまり、そこまで高温にならないように常にヒートシンクとファンで冷却されているが、周囲の温度が高ければ、その熱交換も上手くいかなくなる。それでも一時的に使用不能になるだけならまだいい。

 それよりもPCでダメージが大きいのは、電源部やバッテリーだ。リチウムイオンバッテリーは電解液に有機溶剤を使用しているため、温度が上昇するとバッテリーケースの膨張や発火などの危険性が高まる。電源部には電気二重層コンデンサーなどが採用されており、温度が上昇すると寿命がそれだけ短くなる。保存温度を超えれば、すぐに壊れる、ということはないが、確実に寿命は短くなる、ということを覚えておくべきだ。

■短時間でも車内放置はダメなのか

気象庁発表でこの日の最高気温は37度。テスト車は黒いボディのギャランフォルティスと、白いボディのアリオン。どちらもエアコンを切り窓を閉めてテストを実施した
実験は、気象庁発表による最高気温が37.3度だった熊谷市で実施。午前10時30分から午後0時30分という、一日でも気温の上がる2時間でクルマ各部の温度を測定した
チェックしたのがクルマの車内やボディなど各部の温度。ハンドルやシートなど、ドライバーが直接触れる部分の温度はヤケドを負うくらい高温になっているのがわかる

 少しの間だから、とクルマを離れる際に、車内に荷物を残したままにする、というのもよくあることだ。

 短時間とはどのくらいのことを指すのか、個人によって感覚が異なるが、前述の温度上昇を知れば30分は確実にアウトなレベルなことが分かる。10分程度なら状況によってはセーフだが、スマホを長持ちさせたいのであれば、ダッシュボードには置かないことだ。

 さらに車内に置きっ放しにしてはいけないモノは電子機器だけではない。お菓子(ガムやキャンディなど)、スプレー缶、炭酸飲料、100円ライター…。どれもダッシュボードに置くのは危険すぎるアイテムだ。JAFのユーザーテストでは100円ライターが内部の圧力上昇でケースにクラックが入り、ガスが漏れて無くなっている。車内にガスが充満していたら、火災になる可能性もあるから、非常に危険だ。

 ボールペンやマジックなども室内に有機溶剤がまき散らされる恐れがあるので、ダッシュボードに置くのは止めて置いた方がいいだろう。車内の空気を入れ替えるまでに気分が悪くなってしまったら、運転するのは危険だ。

上が実験前、下が実験2時間後の写真。バナナ、ガム、とろけるチーズ、コーラのペットボトルという食品、それに電卓とCDという実用品。いずれも暑さによる変化が起きそうで気になるという基準でチョイスしている
バナナは、紫外線と熱で真っ黒に変色。むいてみると中身はぐちゃぐちゃな状態となっていた

次ページは : ■車内のどこに放置するのが一番危ないか