新型ランクル300正式発表!! V6ツインターボ搭載&GR SPORT初登場

ついに! ついに!! 正式発表!!! 新型ランクル300 最強SUVがV6ツインターボで14年ぶり刷新

 2021年8月2日、トヨタは新型ランドクルーザーの国内発売開始を発表した。

 トヨタのランドクルーザーは、1951年8月の初代モデル登場以降、70年にわたって、優れたオフロード性能と、高い耐久性能による信頼性によって、それぞれの時代で活躍し、今では世界中にファンがいる、最もメジャーなクロカンSUVのひとつだ。新型については、この6月に世界初公開となっていたが、今回、日本国内での発売が開始されたことになる。

 発売開始によって明らかになった、新型ランドクルーザーの詳細をお伝えしていこう。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA

【画像ギャラリー】全部見せます初公開満載37枚!! 新型ランドクルーザー300の詳細!!


ハンパない進化を遂げた!!

 累計販売台数約1060万台、年間30万台以上もの販売台数(2021 年 6 月末時点、LEXUS LX、GX を含む)を誇る、トヨタランドクルーザー。世界170の国と地域で愛され続けており、2007年に登場した先代200系ランクルから経つこと14年、待望のフルモデルチェンジで、新型となる300系ランクルへと進化した。

 伝統のフレーム構造は踏襲しつつ、TNGAに基づく新開発のGA-Fプラットフォームを採用し、新開発のパワートレインを搭載、また、最新世代に相応しい最新の運転支援技術と、新型ランクルは、全方位でブラッシュアップされ、まさに「向かうところ敵なし」といったモデルに仕上がった。

2021年6月10日、世界初公開された新型となる300系ランドクルーザー。今作でも走行性能の高さを全面的にアピールしてきた

オフロード走行において、これ以上心強いクルマは他にない!!

 新開発のGA-Fプラットフォームでは、高張力鋼板の採用を拡大、ボンネット、ルーフ、前ドアパネルをアルミ化し、最新の溶接技術を活用したことで、剛性向上(先代比+20%)かつ200kgにも及ぶ軽量化を達成した。またパワートレインのレイアウトを見直し、車両後方に70mm、下方に20mm移動したことで、低重心化とフロント荷重の適正化にも成功したそうだ。

 オフロード走行の要となるサスペンションも更新している。フロントはハイマウントダブルウィッシュボーン式、リアはトレーリング車軸式を新開発。ショックアブソーバーのレイアウトを最適化し、操縦安定性と乗り心地を両立させた。また、悪路走破性向上のために、ホイールアーティキュレーション(タイヤの浮きづらさ)も改良した。

伝統のラダーフレーム構造は踏襲、高張力鋼板の採用拡大、ボンネット、ルーフ、前ドアパネルをアルミ化し、最新の溶接技術を活用したことで、剛性向上(先代比+20%)かつ200kgにも及ぶ軽量化を達成

 過酷な環境下でも耐える油圧パワーステアリングに、電動式の操舵アクチュエーターを組み合わせたことで、レーントレーシングアシスト等の先進支援技術も搭載する。これによって、低速時の取り回しの良さと、悪路走行時のキックバックが低減するという(ZX、GR SPORT、VXに標準装備)。

 他社車が燃費改善のために大容量の電動パワステを採用する中で、新型ランクルが信頼性の高さを選択したことは、燃費優位な立場にあるトヨタだからできたところだろう。

油圧パワーステアリングに、電動式の操舵アクチュエーターを組み合わせたステアリングシステム

 さらに、上級モデルにはリアトルセンLSDが搭載(ZXに標準装備)されるほか、オフロード走行時のスタックや、失速が起こりやすい路面での走行支援を、6つのモード(AUTO/DIRT/SAND/MUD/DEEP SNOW/ROCK)から選択できる、マルチレテインセレクトも搭載。駆動力、サスペンション、ブレーキ油圧を自動で統合制御し、走破性を確保してくれる、心強い機能だ。

未舗装路、砂漠の砂地、泥地、雪道、岩山など、あらゆるシーンの走行を想定したマルチレテインセレクトを搭載する

次ページは : 先代のサイズをほぼ踏襲し、オフロードの扱いやすさを優先