「自分は大丈夫」とみんな思ってる!! サンデードライバーがやりがちな運転 10選


 「サンデードライバー」と聞くと、免許取り立ての初心者や、運転に不慣れなドライバーを想像し、他人事だと思うかもしれない。しかし、「サンデードライバー」という言葉は、職業ドライバーのあいだでは、「運転を勘違いしている幼稚なドライバー」も含まれて使われているのをご存じだろうか。

 本稿では、サンデードライバーがやりがちな運転行動を、「運転に不慣れなドライバー」と、「運転が幼稚なドライバー」にわけてご紹介。「自分は大丈夫」と思っているあなた、本当に大丈夫???

文:吉川賢一
アイキャッチ写真:AdobeStock_EdNurg
写真:写真AC、AdobeStock

【画像ギャラリー】あなたは大丈夫か サンデードライバー度のセルフチェック10問


「運転に不慣れ」なサンデードライバーがやりがちな運転

極端に左寄り
 左折をするわけでもないのに、極端に車線の左寄りを走行するドライバー。車線内のやや左側を走ることは、対向車との接触を防ぐことや、右折待ちによる渋滞を回避するため、間違いではないが、左に寄りすぎるあまり、路側帯すれすれを走っていることもある。

 「キープレフト」という言葉にとらわれすぎて、なぜキープレフトをしなければならないのかを忘れてしまっているようだ。車線の幅が十分にある道路であれば、やや中央寄りを走行していても、「キープレフト」の概念は守りつつ、安全に走行ができる。

ジッパー合流をしない
 渋滞時のジッパー合流を理解していない運転も、サンデードライバーにありがちな運転だ。ジッパー合流とは、合流車線のいちばん奥で一台ずつ合流する方法で、交通量が多いときには、この方法で合流することで、本線の流れを維持することができる。渋滞を軽減させる考え方だ。

 「最後まで合流しないのはずるい」と考えるドライバーもいるようだが、ハンドルを握るドライバーであれば、こうした情報も知っておいてほしい。

交通量が多い時には、ジッパー合流をすることで、渋滞を軽減させることができる(写真AC_ぽわん)

狭い道でのすれ違いでフリーズする
 幅寄せが苦手なドライバーは、狭い道でのすれ違いの際、その場にフリーズして相手が解決してくれるのを待つ方が多い。もしくは、相手を押し退けるように前進して済ます方もいる。フリーズしている場所がすれ違いできるところならまだしも、「あとちょっと下がってくれたほうが…」と思っても、頑なに動かない。

 フェンダーミラーやリトラクタブルライトなど、ボディの前端に目印があった時代は、車幅は分かりやすかったが、現代のクルマは車幅をつかむ目印が少なく、しょうがないかもしれない。しかし、クルマを運転するのであれば、もう少し運転を自分のものにしなければ、周囲に迷惑がかかることを忘れないでほしい。

何が何でも駐車はバック
 コンビニやスーパーなどで、「前向き駐車」と書かれているのに、後退で止めるドライバーは少なくない。

 注意書きに気づいていない可能性もあるが、ドライバーはそうした注意書きに気づかなければならない。わざわざ書かれているのには意味があるはずで、もっというと周囲が住宅地であれば、「前向き駐車かな」と、想像力を働かせるのが真のドライバーだ。

 また、高速道路上のサービスエリアやパーキングエリアなどの斜めラインの駐車エリアでは、混雑時には前進で突っ込む方が後続車はスムーズに移動できる。「出庫が大変」というのは理解できるが、自分勝手な理由で行動するのではなく、周囲の状況を見て判断してほしい。

前進で素早く駐車することで、パーキングエリアへ入るクルマの渋滞を引き起こしにくくすることができる(写真AC_HiC)

追越車線に「ふた」をする
 追い越し車線は、確かに走りやすい。一般的には右からの合流はなく、トラックも少ないので、視界が開けている。みんな速く走るので、自車の目の前を走るクルマもない。

 しかし、追い越し車線は「やむを得ない場合にのみ」走る車線だ。ずっとそこを走られてしまうと、「やむを得ない」クルマが走ることができない。

 こういうドライバーは、後ろにずらっと行列ができても、気づいていないか、気づいていても「速度守っているし悪くない」と思っているようだが、「通行帯違反」という違反をしている。

「運転を勘違いしている」サンデードライバーがやりがちな運転

不思議なドラポジ
 緊張のあまりハンドルにしがみつくような初心者のドライビングポジションとは違い、背もたれを大きく倒し、片手ハンドルや立膝をつくなど、ありえない姿勢で運転しているドライバーを見かける。あの姿勢で周囲の状況を正確に把握し、緊急回避に対応できるのかと、不安でならない。

 筆者は、横を走るクルマのドライバーが、そのようなドラポジをしているのをみたら、近づかないようにしている。それも「危険予知行動」だ。

これで安全確認がしっかりとれているとは思えない。「運転が上手い」という言葉を勘違いしている(写真AC_LYD)

アクセル・ブレーキがスイッチ式
 信号が青になるとグッと加速して、キュッとブレーキをかける。急いでいるわけでもないのに、スイッチみたいにオンオフする運転操作が身に付いてしまっているドライバーがいる。

 いきなり飛び出せば、いろいろな危険が考えられるし、急ブレーキは、自分はいいかも知れないけど、後続車にとってはたまらない。クルマを消耗する運転行動でもあるし、なにより同乗者の首が心配だ。

左折時のあおりハンドル
 左折時に、しっかり減速することなく、いったん右へ振ってから左折していく「あおりハンドル」。勘違いサンデードライバーは「運転テクニック」だと思っているようだが、歩行者や二輪車、自転車や後続車にとっては、迷惑千万な運転行動だ。

 左折する際は、手前でしっかりと減速した上で、徐行速度でハンドルを切って曲がるのが正しい。このほうが「カッコいい」と思ってやっているようだが、周囲が冷ややかな目で見ていることに、いつ気づくのだろうか。

ウインカーが遅い・短い・出さない
 ウインカーを出すのがカッコ悪い、という意識でもあるのか、交差点手前で出すことなく、曲がる瞬間にしか出さなかったり、レーンチェンジでも、車線変更を始める瞬間に2、3度点滅させる程度しかださないドライバーがいる。

 ウインカーはなぜ必要なのか、もう一度教習所で勉強してきてほしい。自分はいいかもしれないが、周囲のクルマは大変迷惑している。

価値観は人それぞれだとは思うが、その価値観に振り回される周囲のクルマはたまったものじゃない(写真AC_丸岡ジョー)

追い越しをかけると速度を上げる
 高速道路の走行レーンを走行中、遅い前走車に追いついたため、追い越しレーンを使って追い抜きをしようとしたが、それに抵抗するかのように走行レーンのクルマが速度を上げ、結果、元のレーンに戻らされる。

 発想が幼稚だし、公道において、クルマの運転は競争するものではない。そもそも前があいているのであれば、一定速で走るのが、上手な運転だ。燃費も悪くなるので、やめてほしい。

◆   ◆   ◆

 運転に不慣れであっても、他人に迷惑をかけないのであれば、特に問題はない。しかし、他人に迷惑をかけるような運転は、不安を感じさせるだけでなく、事故につながる可能性も高い。そのため、運転には、ドライバーひとりひとりのルールやマナー順守の意識が高く求められる。

 いつもの運転操作の中で、自分の間違いや勘違いに気がつくことは、とても難しい。本稿が何かのきっかけになれば幸いだ。

【画像ギャラリー】あなたは大丈夫か サンデードライバー度のセルフチェック10問

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ