オジサンセダンじゃないぜ!! 能ある鷹は爪を隠す ユーロRの魅力と楽しさ

オジサンセダンじゃないぜ!! 能ある鷹は爪を隠す ユーロRの魅力と楽しさ

 TYPE Rシリーズの刺激に注目が集まるHONDA。しかし、アコードユーロRを忘れてはならない。

 「お父さんのセダン」のような出で立ちをしつつ、中身はTYPE R譲りのK20Aエンジン+6MTというバリバリタイプRの流れを受け継いでいる。

 そんな能ある鷹は爪を隠す的な羊の皮を被った狼的なEURO Rとは?

文/加茂 新、写真/HONDA

【画像ギャラリー】おとなしい見た目をした本気のカタマリ!! ホンダのもうひとつの『R』アコード EURO Rは楽しいぞ!!


■タイプRとは異なる本気の塊が「EURO R」

2000年に登場した初代アコードEURO R(CL1)

 初代アコードEURO R(CL1)は2000年に登場。当時すでに「TYPE R」がホンダのスポーツを牽引しており、NSX(NA1)TYPE R、DC2/DB8、EK9などが登場していた。ソリッドな切れ味鋭いエンジンに軽量ボディのTYPE Rは瞬く間に人気になった。

 当時欧州仕様のアコードには「TYPE R」があり、国内仕様のアコードにもTYPE Rが登場!? と思われたが、ラインアップされたのは「EURO R」だった。

 ちょっとTYPE Rとは毛色の異なるキャラクターにがっかりした声も聞かれたが、アコードという高級路線のセダンをベースに、スポーティさは高めつつも大人な乗り味を実現したことで人気を獲得した。

 この初代EURO Rはプレリュード譲りの2.2Lエンジン(H22A)を搭載。5MTが組み合わせられた。内装はレカロ製セミバケットシート、モモのステアリングなどを採用。高級感のある内装とシックなデザインが相まって大人のスポーツとして人気になったが、わずか3年後の2002年に販売を終了した。

レカロのセミバケットシートを装備するなど、真面目な外見から想像できないトガった装備だ

 そして登場したのがCL7だ。エンジンはDC5インテグラTYPE Rと同じK20Aを採用。

 吸気・排気どちらのカムシャフトにもVTEC(可変バルブタイミング・リフト機構)とVTC(連続可変バルブタイミング・コントロール機構)を採用。ホンダらしく吸排気のポート形状にこだわり、インテークやエキゾーストの抵抗も極力抑えた。

 エンジン内部はモリブデンコーティングスカートの非対称高強度ピストンを採用。さらにDC5のK20Aにはない2次バランサーを追加して振動を抑制。振動と質感のアップに成功した。あふれるパワーとEURO Rらしい高級感、どちらの獲得にも成功したのだ。

 先代から排気量は減ったが最高出力は220psを継続。トルクは21kgm。ミッションはアコードでは唯一となった6MTを採用。サスペンションはフロントにダブルウィッシュボーン、リアをマルチリンクとしてしなやかな乗り味を実現。

 のちに名機と呼ばれるK20Aを専用チューンで搭載し、6MTを組み合わせるパワーソース。スポーティな走りを想定して純正でトルセン式LSDまで装着してある。6MTはシフトタッチの剛性感が高く、普段乗りからシフト操作が楽しいので、いつでも愛車を楽しめる。

 見た目はあえてベースのアコードと大差ない落ち着きを持たせる。そんな能ある鷹は爪を隠す的なクルマが2代目アコードEURO Rなのだ。

■チューニングでスポーツ系にも大人系にもアジャスト可能なCL7

2002年に登場した2代目アコードEURO R(CL7)。走りを犠牲にすることなく高級感もアップした

 CL7は発売からすでに20年近く経過するが、まだまだチューニングパーツはある。

 もともとエンジンは220psを8000rpmで発揮する高回転型でシビックTYPE Rと比べても遜色ない。社外エキマニで官能的なVTECサウンドを引き出して、ECUチューンで出力を解き放てば、HONDAでしか味わえない「パワーが炸裂するNAエンジン」を存分に味わうことができる。

 もちろんほかのEK9やDC2、DC5、FD2でもその官能的なNA VTECエンジンを味わうことはできるが、いずれも中古車市場では高騰中。とくにEK9やDC2はすでに新車価格を遥かに超えている。FD2も200万円以下ではほぼ買えない。それがCL7であればまだ100万円台前半から購入可能。

 しかも、そのエンジンが一見普通のセダンに搭載されているのだからたまらない。中身はすごいという優越感を持ったまま、お父さんの休日のセダンのフリをすることが可能だ。

家族のお迎えにも使えるような普通の外見でありながら、本気の走りも楽しめるセダンだ

 足まわりはサーキット向け車高調も各社からリリースされているし、ストリート向けのコンフォートモデルもある。同時にアーム類は強化ブッシュにすれば、よりシャープなハンドリングも可能。

 のちに登場して大人気になるFD2シビックTYPE Rのような、バリバリのスポーツセダンにすることも可能だ。車重は120kgほど重く、FD2ほどの切れ味はないが、決してとっつぁんセダンではない、スポーツセダンに仕上げることができるのだ。

 コンフォート系に仕上げるなら、パワー系はそのままでもいい。ノーマルサスでもいいし、乗り心地重視のサスでもいい。

 フロアに補強バーを入れ、フロントフェンダー内にインナーブレースを追加すると、もっとどっしりとした高級感溢れる乗り味を実現できる。BMW M3的な速くてスポーティだけど大人なセダンが目指せるのだ。

 さすがにCL1は販売数が少なかったこともあり、アフターパーツは少ない。しかし、CL7であればパーツは豊富でいろいろな楽しみ方ができる。そんなアコードEURO Rは今も適正価格で買える数少ないVTECスポーツなのだ。

【画像ギャラリー】おとなしい見た目をした本気のカタマリ!! ホンダのもうひとつの『R』アコード EURO Rは楽しいぞ!!