運転支援技術はクルマ好きの敵か? 味方か?? 技術進化が運転好きにもたらすもの

運転支援技術はクルマ好きの敵か? 味方か?? 技術進化が運転好きにもたらすもの

 アダプティブクルーズコントロールやレーンキープアシストなどの先進運転支援機能を備えたクルマ(ASV:Advanced Safety Vehicle)が、続々と登場している。日産スカイラインやスバルレヴォーグ、ホンダレジェンド、そしてBMWの3、4、5、7、8シリーズ、やX5、X6、X7では、一定の条件下ではあるが、ハンズオフが可能なクルマも。

 大変便利な機能ではあるが、なかには、こうしたASVを「ドライバーから運転する楽しみが奪われてしまう」として嫌う方もいる。ASVは、本当にドライバーから運転する楽しみを取り上げてしまうのだろうか。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、LEXUS、NISSAN、HONDA、MAZDA、SUBARU、MITSUBISHI、SUZUKI、DAIHATSU、エムスリープロダクション、AdobeStock

【画像ギャラリー】国内各自動車メーカーの先進運転支援技術と搭載車たち


約3割が「運転する楽しみが奪われてしまう」と回答

 2016年に行われたJAFオンラインアンケート(期間2016年2月1日~29日、JAFホームページ上で行われ、有効回答者数35,614名、男性比率88.6%、女性比率11.4%)の調査結果によると、81.1%の人が「自動ブレーキやぶつからないクルマを知っている」と答え、また、50.4%は「機能や働きを知っている」と回答。

 そして、24.8%の人が、「装置が作動しない場面などの注意点を知っている」と答えた。これらの回答は、年齢層が変わっても、割合に大差はなかったそうだ。

2021年3月にホンダレジェンドに搭載されたHonda SENSING Elite(ホンダセンシングエリート)は、「自動運転レベル3(限定領域での条件付自動運転車)」を世界で初めて実用化

 また、「先進技術を装備したクルマを購入したいと思うか」の問いに対しては、「購入したい」が31.0%、「試乗してから考えたい」が53.1%、「購入したくない」が9.8%、「分からない」が6.1%。

 「先進技術を装備したクルマを購入したくない理由(複数回答可)」としては、「機械に任せると危険」が59.3%、「自分で運転する楽しみが奪われてしまう」が34.5%、「運転技術が衰えるから」が29.6%、「装置が高いから」が27.3%という結果であった。

 5年前の統計なので、現在(2021年8月)は多少変わっていることが考えられるが、少なくともこの時点においては、ASVへの理解不足や思い込みが強くあるようだ。

「ドライバーの不注意による事故を防ぐ」が目的

 ASV「Advanced Safety Vehicle」とは、その名の通り、「高い機能を備えた安全なクルマ」のことであり、ドライバーの不注意による事故を未然に防ぐ、もしくは被害を軽減するための安全装置だ。

 どんなにベテランのドライバーであっても、体調不良や寝不足など、コンディションが悪いときにはミスをすることもある。その点ASVは、加速や減速、ハンドル操作など、想定されたプログラム通りに働く。そのプログラムは、自動車メーカーのエンジニアが、(意地悪な条件も含めて)数万パターン以上シミュレーションをして決めており、信頼性は十分に保障されている。

システムの作動条件から外れた状況となると、システムが、視覚や聴覚、シートベルトによる体感などで警報を発し、あらゆる手段でドライバーに運転操作を要求する

 実際に、これだけASVが普及している現在において、ASV自体のエラーによって事故が発生した、という国産車での報告は、筆者の知る限りでは、いまのところない。ドライバーがASVの機能を正しく使う限り(正しく使用していないことで事故が起こった事例はある)ASVは安全であり、ASVが危険というのは、ASVに対する誤解だ。

 ただし、運転技術が衰えるから購入しない、という理由には、納得させられるところがある。ASVを日々使っているユーザーのなかには、ASV機能が便利すぎて、機能なしには長距離運転をしたくない、というドライバーは多いことだろう。便利な道具は素晴らしい反面、人をダメにする。

次ページは : ドライビングプレジャーが奪われてしまうことはない!!