新型フェアレディZ誕生で再注目必至! 日産が誇るV型6気筒エンジンの今と昔

新型フェアレディZ誕生で再注目必至! 日産が誇るV型6気筒エンジンの今と昔

 皆さんにとって“日産の名機と聞いて思い浮かぶエンジン”はナニ? 次から次へとエンジンの型式が口をついて出るクルマ好きも少なくないだろうが、現在の日産における主力エンジンはV型6気筒。日本時間2021年8月18日(水)9時(アメリカ時間 8月17日20時)、市販モデルの新型フェアレディZ(アメリカ仕様)が公開された。搭載されるエンジンも純ガソリン仕様のV6ツインターボだ。

 このように、国産乗用車で初めてV型6気筒を採用したのが日産なら、新型フェアレディZが搭載するエンジンもまたV型6気筒と、もはやお家芸といっても過言ではない日産のV型6気筒エンジン。今回は、日産が誇るV型6気筒エンジンの今と昔を振り返る。

文/FK、写真/日産自動車、FavCars.com

【画像ギャラリー】新型フェアレディZ誕生で再注目必至! 日産が誇るV型6気筒エンジンの今と昔


モータリゼーションを牽引してきた、日産のV型6気筒

新型フェアレディZ誕生で再注目必至! 日産が誇るV型6気筒エンジンの今と昔
現行GT-Rに搭載されるVR38DETTは日産自動車 横浜工場で“匠”と呼ばれる数名の職人が1基1基手組みで仕上げている

 オールドファンにはなじみ深いスカイライン2000GT-RやフェアレディZ 432に搭載された「S20」や、1.3リッター直列4気筒から2.8リッター直列6気筒までバリエーション豊富なSOHCの「L型シリーズ」を筆頭に、S20以来のDOHC復活で話題を呼んだ「FJ20シリーズ」、R32~R34スカイラインGT-R専用の「RB26DETT」、パルサーGTI-RやS13~S15シルビアなどに搭載された「SR20DET」まで、名機と呼ぶに相応しい日産のエンジンは数知れず。

 しかし、ここで紹介するのはV型6気筒。1983年6月に国産乗用車初のV型6気筒エンジン搭載車としてY30セドリックを発売以来、日産は多種多様なV型6気筒を手掛けてきた。

2021年8月18日午前9時(日本時間)、新型フェアレディZ(米国仕様)市販型が世界初披露された。V6ツインターボエンジン搭載で400馬力。日本発売は今冬

 現在、そのピラミッドの頂点に君臨するのは最高出力570ps&最大トルク65.0kgmを発生するNISSAN GT-Rの3.8リッターツインターボ「VR38DETT」だが、間もなくその誕生から40年を迎えようとしている日産のV型6気筒は他にも魅力溢れるラインアップが揃っている。

 現行モデル搭載エンジンから歴史に名を刻むエンジンまで……日産のV型6気筒は永久に不滅なのだ。

VR30DDTT(排気量2997cc、最高出力304ps/6400rpm、最大トルク40.8kgm/1600-5200rpm)

新型フェアレディZ誕生で再注目必至! 日産が誇る製V型6気筒エンジンの今と昔
スカイライン史上最高の405psを誇る400R。デビューから6年目にして登場したスーパースポーツ。新生フェアレディZにも搭載されるVR30DDTTのパフォーマンスにも期待感は高まる

 日産テクノロジーを結集した最新のターボエンジンとして、2019年7月登場のスカイライン(V37)に搭載されたVR30DDTT。GT Type SP、GT TypeP、GTの3グレードでは小径ターボチャージャー、モーターで駆動する可変動弁システム、筒内直接燃料噴射、日産国内初搭載の水冷式インタークーラーの採用などで304psの最高出力と40.8kgmの最大トルクを実現。

 しかし、このハイスペックを超える専用チューニングを施したVR30DDTTを搭載する1台が存在する。それは、ハイパフォーマンスグレードの400R。同車専用の磁束感知式ターボ回転センサーを装備して、ターボの回転限界領域まで使い切る過給圧を設定することによってスカイライン史上最高となる405psの最高出力と48.4kgmの最大トルクを実現。普段の街乗りにおいてもいっさいのストレスを感じさせない、アクセルを踏んだ瞬間から力強い加速が体感できるシャープなレスポンスも運転の楽しさをもたらす。

 なお、先に発表されたばかりの新型フェアレディZにも400Rに搭載されるVR30DDTTが採用されている。

次ページは : VQ37VHR(排気量3696cc、最高出力336ps/7000rpm、最大トルク37.2kgm/5200rpm)