超激戦ベーシックコンパクト対決! 一番売れてるヤリスは実力もNo.1か

超激戦国産コンパクト! 一番売れてるヤリスは実力もNo.1か

 2019年12月に発表され、2020年2月にデリバリーを開始したトヨタ ヤリスは今年に入っても1~6月までの月平均販売台数は9000台超と絶好調である。

 国産コンパクトでは、新型アクアが7月に発売され、日産のノート、ホンダのフィットなども人気だが、これらは後席を頻繁に使うことも視野に入れた「広さ重視」のモデル。

 いっぽうでヤリスは、前席優先の実力派コンパクトカーのため、直接的なライバルはマツダ2とスズキのスイフトがふさわしいだろう。そこで、この3台を各分野で比較。果たして人気No.1のヤリスは実力もNo.1なのか?

文/永田恵一、写真/編集部、TOYOTA

【画像ギャラリー】本稿で紹介したヤリス・マツダ2・スイフトの内外装をチェックする


これぞベーシックコンパクト! ガソリン車の走りが一番良いのは?

●ヤリス/1.5Lガソリン車

ヤリス グレード:G(1.5Lガソリン)/全長3940×全幅1695×全高1500mm/価格:177万3000円

 トヨタの新世代となるTNGA-Bプラットホームの採用もあり、ボディ剛性の高さを基盤に全体的に骨太な印象で、もう少し乗り心地が良くなれば文句ない出来。

 動力性能は、悪い意味での3気筒のフィーリングを感じることもあるものの、エンジンの活発さや太いトルク感により、数値以上にパワフルに感じ、マツダ2とスイフトの標準系を大きくリードする。

●マツダ2/1.5Lガソリン車

 コンパクトカーは、マツダ2の6速ATのような有段ATよりCVTとの相性が良いためか、1.5Lというほどの余裕は感じないというのが率直な印象。

 それ以外の部分では、乗り心地はクラス平均だが、フロントの軽さも影響しているのか、直進でのステアリングフィールの甘さ(ハンドルの落ち着きに欠け、ちょっと真っすぐ走りにくい)が気になる。

●スイフト/1.2L車(マイルドハイブリッド含む)

 排気量は小さいながらも、マイルドハイブリッドを含め車重が900kg程度と、2台に対して約100kgも軽いため、全体的に軽快に走る。

 ただ、軽さが災いしているところもあるのか、1人乗車で強風の中アクアラインのような橋を渡るときなどにフラフラすることがあることに加え、スポーティな「RS」以外のグレードだと乗り心地は悪い。

内装の仕上がりではマツダ2優勢?

マツダ2 グレード:15C(1.5Lガソリン)/全長4060×全幅1695×全高1490mm/価格:145万9150円

●ヤリス/1.5Lガソリン車

 質感などはこのクラスとしては標準的ながら、乗り降りの際などにシートを後方にしてもドライビングポジションを記憶する運転席イージーリターン機能や、前席左右の回転機能といったアイデア装備が光る。

●マツダ2/1.5ガソリン車

マツダ2のインテリアの質感の高さと細部までにこだわったデザインは、2014年発売当時から評価が高い

 登場は2014年と古いが、登場時からインテリアの質感の高さに対する評価は高く、この点はパネルなどの加飾がないベーシックなグレードでも未だに健在だ。

●スイフト/1.2L車(マイルドハイブリッドを含む)

 この分野では特に目立つところはない。

次ページは : リアシートとラゲッジスペースはどれが使える?

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ