ホンダ新たな渋滞対策サービス開始!! どんな恩恵を受けることができるのか?


 ホンダは2021年8月19日、ホンダ車から収集した走行データなどを活用する「Hondaドライブデータサービス」の新サービスとして「旅行時間表示サービス」の提供を開始した。

 ホンダのテレマティクスサービスと言えば「インターナビ」が代表的だが、新サービスの仕組みや狙い、そして何よりもドライバーにどのようなメリットがあるのか、オンライン記者会見から見えてきた新ビジネスの可能性も含め検証してみた。

文/高山正寛、写真/Honda

【画像ギャラリー】ホンダの旅行時間表示サービスの実際の設置風景と概念図


■常にコネクテッドの世界をリードしてきた

道路わきに設置された渋滞情報表示板は、今回発表されたホンダによる最新のサービスによって情報発信を行っている

 純正カーナビの世界においてホンダは常に先進的かつ業界をリードしてきたのは有名な話。

 1981年に世界初の市販カーナビとして「ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ」を発売後、1998年7月には通信機能を活用した「インターナビ」のサービスを開始。

 その後は「インターナビ・プレミアムクラブ(2002年)」、通信費と通信機器が無料の「リンクアップフリー(2010年)、そして東日本大震災が起きた2011年3月11日の翌日10:30には「通行実績情報マップ」を提供するなど、CASEの“C”(コネクテッド)が語られる遙か前からユーザーに対して有益なサービスを提供してきた。

■インターナビとは何が違う?

ホンダヴェゼルなどの純正ナビには、新世代コネクテッド技術「Honda CONNECT」が採用されている

 現在ホンダが展開している「Honda CONNECT」や「インターナビ・プレミアムクラブ」はホンダ車が一種のセンサーとして通信を活用し「走行情報」「移動情報」「車両状態の一部」さらに位置情報やVSAやABSの動作状態などをサーバーに送ることで渋滞を回避したルートを専用カーナビに提供するなど、いわゆる「B to C」的な考えで行われてきた。

 実際、ホンダ車のコネクテッド会員は370万台(2021年7月現在、トラック・タクシー・レンタカーなどの商用車は含まず)でデータ収集距離も1日5000万kmと膨大なもの。今後も年間数十万台ペースで車両が増え、データ密度や精度は向上していく。これ自体は現在も継続しており、今後も期待できるサービスと言える。

 一方、「Hondaドライブデータサービス」は「B to B」的な側面を持ち、クライアントも官公庁や自治体、そして企業が多い。サービス自体のスタートも2017年12月からとまだ日が浅いが、コネクテッドカーから得たデータ自体の提供や分析サービスにより、それぞれにニーズにあった道路政策(都市計画や交通安全、防災減災)などへの支援を行う。

■新サービスは全てのドライバーに有益

旅行時間表示サービスによってすべてのドライバーが有益な渋滞情報を得ることができる

 今回発表された「旅行時間表示サービス」はこれまでインターナビなどで提供されてきたものとはひと味違うサービスである。

 データを収集するまではこれまでと考えは同じだが、インターナビなどの場合、渋滞回避などのメリットを得られるのは対応する純正カーナビやインターナビのスマホアプリのみであった。

 しかし、新サービスは道路脇に「表示器」を設置することで通過するドライバー全てが情報を享受できるという点が最大の違いだ。

 具体的には走行データを収集しサーバー側で旅行時間を計算・分析、それを表示板に出す。

 旅行時間の計算はルートの起点から終点までデータ上の道路網にある「リンク」と呼ばれる固有の識別番号ごとの過去30分間の平均旅行時間を積算して配信する。

旅行時間表示サービスのシステム概要図。ナビによって収集された走行データがサーバーで分析され、表示機によってそのルート周辺のドライバーに伝達される

 少々難しい話だが、ドライバー側のメリットとしてはサーバー側で渋滞状況を多角的に分析・可視化することで下記を実現するという。

【1】有効な迂回ルートを提供
【2】表示器に表示することで多くのドライバーへの迂回を促せる
【3】対策を実施した結果から効果の定量的分析により今後の渋滞軽減への提案等が行える

2020年の10月31日から11月8日の期間に日光市で実証実験が行われた。渋滞路や迂回路、所要時間の情報を図示された箇所に設置された表示機でドライバーに伝達、その効果を測定した

 すでに実証実験も行われており、2020年10月31日~11月8日までの土日祝日(5日間)の観光シーズンでは表示器を設置し迂回を促し、地図には無い臨時の地点(目的地近くの駐車場)に誘導されることで前年では平均89分かかっていた旅行時間を平均44分、約50%減らすことに成功している。

次ページは : ■道路上のポットホールまで検出できる強み