クラシカルだけど奥深い!! アメリカのボンネットダンプが超絶かっこいい

クラシカルだけど奥深い!! アメリカのボンネットダンプが超絶かっこいい

 土や砂を運ぶ特装車といえば、ダンプトラックだ。そのマッチョで頼もしい特装車の代名詞としての立ち位置は世界共通。ボディビルの本場、アメリカでは日本より筋肉モリモリなダンプトラックが活躍している。

 アメリカのダンプトラックはボンネットキャブが基本。中〜小型クラスではピックアップトラックや日本の小型トラックもベースとなる。大型クラスは車軸がたくさん付いているのが特徴で、一部の州では7〜8本の車軸を搭載し、単車ありながらトレーラ並みの積載量を誇るスーパーダンプも認められている。

 いっぽうトレーラは、サイドダンプ、ボトムダンプ、エンドダンプなど豊富なバリエーションが特徴。大味なイメージとは裏腹に、意外と奥が深いアメリカンダンプ事情を紹介しよう。

文/緒方五郎&トラックマガジン「フルロード」編集部
※2016年9月10日発売「フルロード」第22号/2020年3月10日発売「フルロード」第36号より

【画像ギャラリー】ハリウッド映画でもお馴染みのボンネットキャブ!! マッチョで豪快かつ奥が深いアメリカンダンプの勇姿


■アメリカンダンプの基礎知識

ベース車両はピータービルト・モデル567(クラス8)の、セットフォワード(フロントアクスル前端配置)6×4シャシー+エキストラアクスル仕様。ボディはワシントン州の特装車メーカー・OSW社製角底ダンプボディを架装する

 アメリカのトラックはGVW(車両総重量)ごとにクラス分けされており、大きいほうからクラス8〜7がトラクタ〜大型、クラス6〜5が大型〜中型、クラス4〜3が中型〜小型となる。クラス1〜2はピックアップトラックだ。

ベース車両はインターナショナル・HX615(クラス8)。6×4シャシーだが、後2軸の前に1軸のエキストラアクスルを搭載し、必要に応じて荷重分散を行なう。ボディはペンシルバニア州の特装車メーカー・J&J社のテレスコピックシリンダー式ハーフパイプダンプボディだ

 ダンプの架装ベースとなるトラックは「ヴォケ−ショナルトラック(直訳すると職業トラック)」と呼ばれ、製造はダイムラー系のフレイトライナーとウエスタンスター、パッカー系のケンワースとピータービルト、ボルボ系のボルボとマック、独立系のインターナショナルの7社が行なっている。

いすゞNPR-HD(クラス4)、すなわちエルフの米国仕様がベースのダンプ。深アオリとロール式タープを備えたダンプボディは日本のダンプとはまったくの別モノだ

 アメリカンダンプということで、キャブはもちろんボンネット型が主流。なかには、いすゞNシリーズ(エルフ)や日野300シリーズ(デュトロ)など日本のキャブオーバートラックがベースとなるものも存在する。

アプローチアングル確保に有利なセットフォワード6×4シャシー+1軸エクストラアクスル仕様のマック・グラナイト(クラス8)。ボディはJ&J社製テレスコピック式ハーフパイプボディだ
オハイオ州のトレーラメーカー、イースト・マニュファクチャリング社のエンドダンプ型ダンプトレーラ。ボディは軽量なフレームレス構造で、船底と角底のベッセル構造を融合したもの

 架装メーカーは多く、一例を挙げると特装車メーカーのOSWイクイップメント社、ダンプ専門のローグ社、同じくダンプ専門のリライアンストレーラ社、トレーラメーカーのMACトレーラなど。いずれにせよアメリカントラックは大型〜セミトレーラのイメージが強い。

■なぜ車軸がたくさんあるか?

フレイトライナー・114SD(クラス8)6×4シャシー+3軸エキストラアクスルのスーパーダンプ仕様(タグアクスルは備わらないタイプ)。ボディはメーカー不明だが、カナダ・ヒューロック社のものと思われる

 アメリカントラックのGVW(車両総重量)やGCW(連結車両総重量)は、最遠軸距(ホイールベース)と車軸数に応じて決められており、同じホイールベースでも車軸数を増やせばより多くのGVWを得ることが可能。

 そのためダンプやミキサーなど特装系のトラックではリフトアップ機能付きの遊輪車軸(エクストラアクスル)を備えて積載量を稼ぐ手法が採られる。アメリカンダンプがたくさんの車軸を持っているのはこのためだ。

 また、一部の州では車両後端部に格納式のタグアクスルを装着し、ホイールベースを延長することでトレーラ並みの最大積載量を実現する「スーパーダンプ」も存在する。

ケンワース・T880(クラス8)6×4シャシー+3軸エキストラアクスル+1軸タグアクスルのスーパーダンプで、GVW36t、最大積載量25tを実現。ボディはOSW社のテレスコ式耐摩耗鋼板製ハーフパイプタイプだ

 いっぽうトレーラでは、最後軸を支点にトレーラごとダンプアップさせる「エンドダンプ」、荷台の底から積み荷を降ろす「ボトムダンプ」、荷台を横に傾けて積み荷を降ろす「サイドダンプ」、フルトレーラタイプの「トランスファーダンプ」などが存在する。

トランスファーダンプとは、ダンプフルトラクタとドーリ式ダンプフルトレーラを組み合わせたもので、写真は3軸フルトラクタ+2軸フルトレーラ仕様。オプションで空気圧によりトレーラ側のダンプアップも可能となる

【画像ギャラリー】ハリウッド映画でもお馴染みのボンネットキャブ!! マッチョで豪快かつ奥が深いアメリカンダンプの勇姿