ヒット街道まっしぐら! 売れてます!! スズキ新型ソリオ購入ガイド

ヒット街道まっしぐら! 売れてます!! スズキ新型ソリオ購入ガイド

 スズキのソリオが、2020年11月の現行型登場以来、売れている。スズキらしい良心的な価格と高い使い勝手、明るく元気でキュートなテレビCMが話題となって、好調に売れ続けている。

 そんなスズキソリオ、「ちょっと興味があるので販売店に行ってみようかな」と思ったときにまず知っておいたほうがいい情報あれこれをまとめました。お薦めグレード、エンジンラインナップ、装備、ライバル車、値引きなどを整理してお知らせします。

文/諸星陽一
写真/ベストカー編集部、SUZUKI

【画像ギャラリー】スズキの小型車で最も売れているソリオ 居住性から安全装備まで全方位進化!!


■2020年11月に登場した新型ソリオ

スライドドアをもつコンパクトカーとして人気のスズキソリオ。現行モデルは2020年11月発表、12月4日に発売された4代目。ボディサイズは全長3790mm×全幅1645mm×全高1745mm

 ソリオは1997年に登場したワゴンRワイドにそのルーツを持ちます。その後1999年に登場した2代目は、ワゴンR+(プラス)の車名で登場。2代目は2010年までと11年の長い歴史をもちますが、同一モデルでありながら、2000年にワゴンRソリオと改名、2005年にソリオと改名するという珍しい経歴です。

 現行モデルは2020年11月に登場した4代目で、登場後の変更などは行われていません。

 現行ソリオに用意されるパワーユニットは1.2リットルの自然吸気4気筒で最高出力は91ps/6000rpm、最大トルクは118Nm/4400rpmを基本として、3.1ps/1000rpm、50Nm/100rpmのISG(モータージェネレーター)が装備されるマイルドハイブリッドモデルも用意されます。先代モデルに用意されていたフルハイブリッド(ストロングハイブリッド)は現行モデルには用意されていません。

ソリオのマイルドハイブリッドは減速時のエネルギーをリチウムイオン電池に充電し、発進をサポートする。WLTCモード燃費は18.4~19.6km/L

 ソリオの人気はどんなものか? 2021年に入ってからの販売台数をチェックしました。データは下記のとおりです。( )内は(順位/前年比)となります。

1月:5446台(12位/149.5%)
2月:5082台(13位/128.6%)
3月:6089台(15位/106.8%)
4月:4966台(10位/205.8%)
5月:3159台(15位/276.6%)
6月:2509台(19位/96.0%)

 1月~6月の販売台数は2万7251台で、これは前年比140%に当たります。半年間の販売台数を平均してみると、1月当たりの販売台数は4542台となり、目標販売台数の4000台を軽くクリアしています。

■ソリオの魅力

アイポイントが高く見晴らしの良い運転席。メーター横のディスプレイにはカメラが認識した道路標識等の情報が表示される(スズキ セーフティサポート装着車)
先代から全長を最大80mm延長し、後席の足元空間を拡大。リアシートには165mmのスライド機構を採用

 ソリオの大きな魅力はサイズ感とパッケージングにあると言えます。世の中のクルマがどんどん大きくなっていくなか、ソリオは5ナンバーサイズを守ったままです。全長は3790mmで先代よりも80mm延長(バンディットは+70mm)、全幅は先代よりも20mm広がっていますがそれでも1645mmと5ナンバーギリギリまで広げていません。

 都市部やバイパス沿いには広い道、広い駐車場が増えていますが、古い住宅街に入るとまだまだ道が狭いのは北海道を除けばどこに行っても同じです。日本の道を考えるとこのサイズは使い勝手がよく、ストレスを感じずに運転することができます。

ソリオのラゲッジスペース。リアゲート開口部の地上高は665mmと積み下ろしがしやすい

 そして素晴らしいのは荷室空間の広さです。クルマの性能でエンジンやサスペンションのことはよく語られますが、じつはもっとも大切なのはパッケージング。乗れないクルマ、積めないクルマは役に立ちません。必要な人数が乗れて、必要な荷物が積めてこそのクルマです。

 ソリオのリヤハッチは最大開口幅が1075mm、開口高が980mm、荷室床面幅が1020mm、5名乗車時の床面奥行きは550~715mm、2名乗車時だと1390mmという寸法です。リヤハッチが大きくねた最近のSUVは、積めそうで積めないということが起きますが、リヤハッチが垂直配置されるソリオはかなりしっかり荷物が積めます。

 グレード展開を見ていきましょう。ガソリンエンジンモデルは「G」というモノグレードになります。マイルドハイブリッドモデルは「ハイブリッドMX」と「ハイブリッドMZ」の2種。グリルを大型化し上級感を向上したソリオバンディットは「ハイブリッドMV」というモノグレード展開になります。

専用のフロントグリルやアルミホイールを装備するソリオバンディット。ポジションランプとヘッドランプが2段に分かれた独特のデザインが特徴

 ソリオには“スズキセーフティサポート非装着車”というレスオプションがあります。ガソリンGとハイブリッドMXに設定されていて、その名のとおりスズキセーフティサポートが装備されません。省略される装備は次のものです。

・デュアルカメラブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト
・標識認識機能
・後退時ブレーキサポート
・後方誤発進抑制機能
・リヤパーキングセンサー
・アダプティブクルーズコントロール(ACC) [全車速追従機能付](ハイブリッドMXのみ)

 レスオプションの価格はGがマイナス6万6000円、ハイブリッドMXがマイナス8万2500円です。ハイブリッドMXのほうが金額が大きいのはACC分というわけです。なによりもデュアルカメラサポートつまり、前方自動ブレーキを選べるのに選ばないということは、現代においてはあり得ない選択だと言えるでしょう。

次ページは : ■グレード別装備