日産の誇り GT-Rよどこへ行く 15年目を迎え2022年仕様発売の意義と可能性

日産の誇り GT-Rよどこへ行く 15年目を迎え2022年仕様発売の意義と可能性

 2021年9月14日、日産「GT-R」の2022年モデルが発表となった。通常モデルに加えて、特別なボディカラーや専用パーツを与えた特別仕様車「T-spec」が、100台限定で販売されることが発表された。

 先に発表になっていた、「GT-R NISMO」の 2022年モデルは、あっという間に予定台数300台に達し、すでに販売受付を終了していることから、今回の「T-spec」も受注殺到が予想される。

 現行である、R35型のGT-Rが国内でデビューしたのは2007年のこと。ビッグマイナーチェンジや商品改良は何度も施されているが、既に15年目を迎えた古いモデルであることには違いない。また、排ガス規制に関する手立てが現時点、見いだせていないようにも思われ、これが最後のGT-Rとなってしまう可能性は大いにある。

 しかしながら、GT-Rは日本が世界に誇る、貴重な国産スポーツカーだ。この貴重なモデルを守り続けるため、GT-Rは今後どういった道を歩むべきなのだろうか。

文:吉川賢一
写真:NISSAN、Porsche、Ferrari、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】全部見せます!! 世界最高峰の純ガソリンスポーツカー 日産「GT-R」2022年仕様


通常版は2020年モデルと原則同じだが、「T-spec」は大幅に改修

 GT-R 2022年モデルの通常モデルに関しては、エンジン特性やトランスミッション、サス設定、デザインなどは、2020モデルと原則同じ。だが、今回設定された特別仕様車「プレミアムエディションT-spec」と、「トラックエディションengineered by NISMO T-spec」には大改修が施されている。

GT-R 2022年モデルの通常モデル。エンジン特性やトランスミッション、サス設定、デザインは、2020モデルと原則同じ。ワンガンブルーのボディカラーも設定に残っている
インテリアも従来の標準モデルと同等

 T-specの両モデルには、専用カーボンセラミックブレーキ、カーボン製リアスポイラー、専用エンジンフード、そして専用バッヂ(フロント・リヤ)が装備されている。このカーボンセラミックブレーキは、GT-R NISMOに搭載されているアイテムで、T-specでも同様の性能を享受できる、というのはファンにとってはうれしい内容だ。

「T-spec」の両モデルに採用されている、専用カーボンセラミックブレーキ。GT-R NISMOにも採用されているアイテムだ
「T-spec」の特別装備となる、カーボン製リアスポイラー
こちらも「T-spec」の特別装備となる、エンジンフード
「T-spec」の特別装備となる専用バッヂ。リアのGT-Rエンブレムの下と、フロントグリル内にも装着される

「T-spec」同士の違いは「軽量化」の量

 「プレミアムエディションT-spec」のインテリアは、グリーンを基調とした専用色でコーディネートされている。本革巻ステアリングホイールやシフトノブ、ドアトリム、ルーフトリム(アルカンターラ)、専用キッキングプレート(T-specエンブレム付)などが専用装備だ。

プレミアムエディションT-spec。写真のボディカラーはミレニアムジェイド
専用内装色が施された、プレミアムエディションT-specのインテリア。グリーンを帯びたシートカラーは独特な風味があり、シックでカッコ良い

 また、専用レイズ製アルミ鍛造ホイール(ブロンズ)を装着し、バネ下質量の軽量化(1kg/1輪)も実現。上記のT-spec共通アイテムと併せて、約10kgの軽量化に成功したそうだ。そのため、サスペンションセッティングも専用チューニングされている。また、フロントホイールのリム幅を拡大(10J←9.5J)し、タイヤの横剛性が向上したことで、軽快でスムースなハンドリングを実現したという。

 バネ下軽量化は、突起でタイヤが跳ねる量が減るので、足回りを柔らかくできる(※タイヤの縦バネとの兼ね合いでできないこともあるが)。足回りが柔らかくなると、ステアリングの修正操舵量が減り、運転が楽になって疲労が減る。

  GT-Rは、2017モデルで大きく乗り心地を改善しているが、この「プレミアムエディションT-spec」では、そこからさらに扱いやすいGT-Rへとなっているのだろう。この「プレミアムエディションT-spec」の標準価格は税込1590万4900円だ。

「T-spec」の特別装備である、専用レイズ製アルミ鍛造ホイール(ブロンズ)。これによって、バネ下質量の軽量化に成功
軽量化したバネ下に合わせて、専用にチューニングをし直したサスペンション

 一方の「トラックエディションengineered by NISMO T-spec」では、さらなる軽量化のために、専用カーボン製ルーフ、カーボン製トランクリッド(トリムレス、本革プルストラップレス仕様)を装備する。これらカーボン製パーツを採用したことで、軽量化代は約30kgにもなるという(※通常モデルのプレミアムエディション比)。価格は、税込1788万1600円だ。

トラックエディション engineered by NISMO T-spec。写真のボディカラーはミッドナイトパープル
今回のT-spec専用ボディ色の「ミレニアムジェイド」と「ミッドナイトパープル」は、R33、R34のGT-Rで使われていたボディカラー

 今回のT-specに追加された、専用ボディ色のミレニアムジェイド(16万5000円)、ミッドナイトパープル(16万5000円)を見て、R33、R34のGT-Rを思い起こす方もいるだろう。なんとその当時、カラーデザインを担当していたのが、今回の「T-spec」のカラーデザインを統括した、現グローバルデザイン部部長の山口勉氏だという。

 R35 GT-Rのチーフプロダクト田村宏志氏の指揮によって、この2色のオマージュが進められたそうだ。とはいえ、当時と同じ塗料は揃えることができず、「同じ色で!!」という注文は、非常にハードルが難かったという(チーフビークルエンジニア川口隆志氏)。

 前回の2020年のアップデートで追加された「ワンガンブルー」に、往年のGT-Rファンは沸いたが、今回の2色も、これまで日産が築いてきた資産を上手く取り入れ、ファンを楽しませる要素を織り交ぜてきた。

次ページは : ライバルたちはすでに次のフェーズへ