大馬力PHV・EVスポーツカーの登場で死滅!? 最高の純エンジン車5選

大馬力PHV・EVスポーツカーの登場で純エンジン車のスポーツカーは死滅!? 後世に残したい最高の純エンジン車5選

 「電動化なんかくそくらえ! このままじゃ、スーパーカーが死滅してしまう!」とお嘆きのスーパーカー世代のみなさま。2035年から純エンジン車の新車が買えなくなってしまい、生きてるうちに今所有しているガソリンエンジン車はどうなってしまうのか? と恐れおののいている人も多いだろう。

 その一方で、イタリア政府は自国のスーパーカーを保護する計画を協議中。さらにポルシェもC02排出量を約85%削減できるというeフューエルという新たな燃料を開発中といった新たな動きも出てきている。

 そんななか、今HV、PHV、EVのスーパーカーはどんなクルマがあるのかと調べて見ると、なんとW16/4ターボ、1600psを超える2000ps級のEVも登場していた。いったい全体、EVの狂気といってもいい状態だった。

 あと何年、ガソリン車に乗れるのか、不安におののいている昨今。ここで、今乗っておきたい純ガソリン車のスポーツカーをフェラーリ教教祖の清水草一氏が紹介していこう。

文/清水草一
写真/フェラーリ、ランボルギーニ、マクラーレン、リマック、ポルシェ、ロータス、トヨタ、GM、アストンマーティン

【画像ギャラリー】EV化が進んでもスーパーカーは健在!! 新時代のスーパースポーツと偉大な純ガソリン車


■こんなに凄いHV、PHVのスーパースポーツが登場していた

 EUでは、2035年からエンジン車の新車販売を禁止する方針だ。電動化の義務化に向けて、PHEV やHV、EVのスーパーカーのニューモデルラッシュが続いている。果たしてそれらはどれくらい魅力的なのだろう。

 私はハイブリッドスーパーカーに一度も乗ったことがないので、すべて想像でしかないが(スイマセン)、現在発表済み、あるいは近々発表されるハイブリッドスーパーカーは、あくまで主役はエンジン。モーターはそれをアシストする形なので、従来のクルマとまるでフィーリングが違うというほどではない……はずだ。

 もちろん、モーターのトルクが炸裂すれば、エンジンパワーとは別の何かに強く押されるようなフィーリングはあるだろうが、あくまでエンジンが主力なので、それはそれでターボが炸裂したような快感なのだろうと想像している。まぁ、想像したところで買えるわけではありませんが。

 まずは現在の主なPHEV/HVスーパースポーツカーを個別に見てみよう。

●フェラーリ初の量産PHEV、SF90ストラダーレ(エンジン780ps、モーター3基220㎰、システム出力1000ps)

SF90という車名は、スクーデリア・フェラーリ(F1で活躍するフェラーリの現ワークスレーシングチームでフェラーリブランドの前身でもある)と、そのスクーデリア・フェラーリが創立90周年を迎えたことを意味する

 780psの4リッターV8ターボと3基のモーターを搭載し、EVモードでは最高速度135km/h。EV航続距離25キロは、EUでCO2排出量2分の1への換算を得るための方策だ。フェラーリは大メーカーとは異なり、2007年に対して45%のCO2削減を義務付けられている。

 ちなみにEVモード走行時は、前2個のモーターで走るので、その時はフェラーリ初のFF状態になる。価格は5340万円。

●フェラーリ初の量産V6ターボPHEV、296GTB(エンジン単体で663ps、モーター出力167ps、システム出力は830ps)

296GTBのV6ツインターボは単体で663psを発揮。システム出力は830ps

 こちらはSF90ストラダーレの普及版ともいうべきモデル。モーターは後ろに1個のみだが、EVモードで25キロの航続距離を持つ点はSF90ストラダーレと同じ。価格は従来のガソリンV8ターボモデルとほぼ同水準で、現地価格約3500万円。

●マクラーレン初の量産PHEV、アルトゥーラ(エンジン単体出力585ps、モーター95ps、システム680ps)

マクラーレンはこのアルトゥーラをハイパフォーマンス・ハイブリッド・スーパーカー(HPH)と位置付けている

 こちらもフェラーリ296GTBに近い構造で、3リッターV6ツインターボに、EVモードで30キロ走行可能なモーターが加わっている。価格は2965万円と、従来のガソリンV8モデルとほぼ同水準。

 これら3モデルは、どれも「EVモードで航続距離25キロ以上」を達成するために、PHEV化されている。実際にはこういうクルマをEVモードで走らせ、電池が切れたらエンジンで……なんて使い方されるわけがないし、日常的に使われるクルマでもないので、平均走行距離は一般のクルマに比べてはるかに少ない。本当に言い訳的なPHEV化だが、あくまでエンジンが主役であることは確かだ。

●ランボルギーニ初のHV、シアン(システム出力819ps=エンジン785ps+モーター34ps)

新型カウンタックのベースとなったランボルギーニ初のハイブリッドスーパースポーツ、シアンFKP37

 こちらはリチウムイオンバッテリーではなく、昔ホンダが初代インサイトで採用していたウルトラキャパシタと同種の蓄電システム「スーパーキャバシタ」を採用する。

 EVモードは存在せず、モーターはあくまでアシスト役。ランボルギーニも、次期アヴェンンタドールやウラカンはPHEV化される予定なので、その予習的な意味合いがある。新型カウンタックも、シアンとほぼ同じパワートレインを採用している。

■8リッターW16、1500psのブガッティシロンも真っ青のEVスーパースポーツはなんと1914ps!

 では、EVスーパーカーはどうか。いつのまにかとんでもないことになっていた……。

●ポルシェのEV、タイカンターボS(モーターのみで625ps。オーバーブースト時の最高出力761ps)

ポルシェタイカンターボS。0~100km/h加速は2.8秒(ローンチコントロール時)と俊足

 タイカンはさすがポルシェのEVらしく、実に自然な加速フィールのEVスーパーカー(4ドアですが)だ。クルマ好きとしては、「これならEVスポーツカーもアリかな」と思わせる納得の仕上がりで、未来感も満点。タイカンの価格は1200万円からと現実的だ。ターボS(ターボは搭載していない)はその最上級グレードで、2468万円。

●ワンメイクレースEV車両、ポルシェミッションR(1088ps)

435psの電気モーターがフロントアクスルに、リアには653psが供給される。高度な900Vテクノロジーとポルシェターボチャージャー(充電システム)によって、わずか15分で5~80%のSoC(充電状態)にバッテリーを充電することが可能
ノーズセクションとリアウイングにドラッグリダクションシステム(DRS)を備えたポルシェアクティブエアロダイナミクス(PAA)、エクソスケルトンと名付けられた新開発のカーボンルーフ構造を持つ

 いまだ電動化されていない伝統の911シリーズを販売する一方で、パナメーラやカイエン(次期マカンはBEVに決定)にはHVやPHVをラインナップ、そしてBEVはタイカンという布陣と、電動化路線にもしっかり対応しているポルシェ。

 そのポルシェが9月7日から開催された「IAAモビリティ2021」に、新たなワンメイクレース車両、ミッションRを発表した。このミッションRはフルEV車両で、新開発の2つの電気モーターを備え、1088ps(予選モード)を発生し、約80kWhのバッテリーと回生システムを装着している。ボディサイズは現行718ケイマンよりわずかに短い全長4326mmだが、全幅は1990mmと超ワイドで、全高も1190mmと低い。

 ポルシェのワンメイクレースといえば、カレラカップ、現在では911GT3カップレースが行われているが、その車両は現行モデルの911、type992をベースとしている。

 ミッションRは、その現行911GT3カップとほぼ同じラップタイムでサーキットを周回。0~100km/h加速は2.5秒未満、最高速度は300km/h以上という。いずれそう遠くない将来に、ワンメイクレース車両は911GT3カップにとって変わる日が来るだろう。

●リマック・ネヴェーラ(4モーター4WD、最高出力1914ps)

VWグループとリマック・グループが合弁会社を設立。その株式45%ぶんをVWがグループ企業のポルシェに譲渡。リマックが新会社の株式の55%を取得し、新社名はブガッティ・リマックとなった。そのリマックが開発したのが1914psのネヴェーラ(左下)

 クロアチアの若者が起こしたEVスーパーカーメーカー「リマック」の新型車「ネヴェーラ」は、4モーター4WDで1914ps、最高速は412km/h。価格は2億6000万円。もはやEVで8リッターW16気筒4ターボ、1500psのブガッティシロンを超越しているのだから、もはや世も末だ。

 同社にポルシェも出資し、ブガッティとともにブガッティ・リマックという合弁会社を設立したというのだから凄い。

●ロータスのEVスーパーカー、エヴァイヤ(2000ps/1700Nm、70kWh、航続距離400km)価格はこちらも2億6000万円

ロータスが開発したBEVスーパーカー、エヴァイヤ。カーボンモノコック製ボディで車重は1680kg。2000ps、最大航続距離は400km、0~100km/h加速は3秒以下、最高速度は320km/h以上

 リマック・ネヴェーラやロータス・エヴァイヤといった2000馬力級のEVスーパーカーは、いったいどういうものなのだろう。富士急ハイランドの『ド・ドドンパ』より凄い加速になりそうだが、人間の体は耐えられるのだろうか。

 2023年に発売予定の2代目テスラロードスターも3基の電気モーター搭載し、最大トルク1020kgm、0~97km/h加速は1.9秒というから、狂気以外の何物でもない。

 スポーツカーの速さの指標となっているニュルブルクリンクタイムにおいてもEVが台頭しているのはご承知のとおり。中国版テスラといわれているEVスーパーカーメーカー、ネクストEVが開発したNIO「EP9」(1360ps)がウラカン・ペルフォルマンテを上回る6分45秒900を記録、最速EVの座を獲得している。

 旧世代のクルマ好きとしては、「何もそこまで……」と呆然とするのみだし、「EVなら何をやっても許されるのか」と、腹立たしい思いすらこみあげてくる。価格も天井知らずなので、ただ見送るのみですが。

次ページは : ■水素ガソリン開発、イタリアで純ガソリン車のスポーツカー保護という新しい動きも