ついに自動車もWeb契約開始!! ホンダのオンラインストアの内実と限界


 2021年10月4日、ホンダは国産メーカーとしては初めて、四輪新車オンラインストア「Honda ON(ホンダ・オン)」を開設した。オンライン上で商談、見積もり、下取り査定、契約まで可能なサービスで、まずは東京都内でサービスを開始した。

 これは日本での「クルマの買い方」を変えるサービスとなるのか。自動車の販売や流通に詳しい渡辺陽一郎氏に、詳しいサービス内容と限界について伺った。

文/渡辺陽一郎
写真/ホンダ

【画像ギャラリー】まず解禁したのはホンダの大黒柱4車種から!! これなら売れるかも…な4車種を画像でチェック!!

■まずは東京で、4車種のみの取り扱い

 今はインターネットを使って、さまざまな商品を購入できる。そこでホンダもオンラインストアの「Honda ON/ホンダ・オン」を2021年10月にオープンした。当分の間は東京都内に展開するホンダカーズ(ホンダの販売店)の84店舗で、納車や点検整備を受けられるユーザーが対象だ。

 オンラインストアは、一般的にはインターネット上で商品を購入できる店舗だが、ホンダ・オンは、定額制でクルマを使うサブスクリプション・サービスを対象にしている。

 トヨタのKINTOなどと同様、車両の使用形態としてはカーリースに分類され、「ホンダ・オン」では契約期間満了後などに車両を買い取ることも可能だ。今のところホンダ・オンを使って、サブスクリプション・サービスではなく、車両を直接購入することはできない。

今回サービスを開始する「ホンダ・オン」は厳密に言うと「購入」ではなく、サブスクサービスの受付窓口となる

 また現時点では、ホンダ・オンを利用できる車種として、N-BOX、フィット、フリード、ヴェゼルを用意している。すべてのグレードを選べるわけではなく、各車種ともに2グレードを設定した。例えばN-BOXの場合、ホンダ・オンで利用できるグレードは、標準ボディのLとカスタムLだ。

 ちなみに2021年1~8月において、上記4車種の新車販売台数を合計すると、国内で新車として売られたホンダ車の63%に達する。つまりホンダ・オンにこの4車種をそろえれば、大半のユーザーニーズに対応できる。今後、ホンダ・オンの需要が高まるに連れて、車種を増やす方針だ。

 2021年度にホンダ・オンが目標とする取り扱い台数は、対象としている東京都内で新車販売されるホンダ車の1%だという。最初だから控え目な数字に抑えた。

■各ディーラーの口コミ評判も見られる

 ホンダ・オンの契約期間は、3年あるいは5年とされる。月々の支払い額には、税金、自賠責保険料、車検や点検費用が含まれる。

 しかし任意保険は、ユーザーが自分で設定して、ホンダ・オンの料金とは別に保険料を支払う。そのために運転者の年齢などを含め、加入の仕方によって任意保険料が変わる。

 ホンダ・オンでは、契約期間中の中途解約、乗り替え、買い取りなども可能だ(中途解約金などを請求される場合もある)。契約期間の延長は、3年契約では認められないが、5年契約であれば可能になる。

 ホンダ・オンを利用するには、まず車種や契約期間などのプランを選び、スマートフォンやパソコンを使って申し込みをする。任意保険も、前述の通り、ユーザーのニーズに合ったプランにホンダで加入することも可能だ。

「ホンダ・オン」のイメージ図。各ディーラー店舗の口コミなどが表示される

 ホンダ・オンはオンラインストアだが、クルマの納車やメンテナンスでは、販売店のホンダカーズを利用する。そこでホンダカーズの店舗も選択する。東京都内には複数のホンダカーズがあり、ユーザーが自分で店舗を選べるようにした。

 つまり自宅に最も近い店舗ではなく、少し離れた場所でも、好みの店舗を自分の担当にできる。そこでホンダ・オンでは「ホンダ車やホンダカーズの口コミ」サイトも用意した。ホンダ車のSNSにおけるポジ&ネガ分析と併せて、ホンダカーズの店舗設備やスタッフの応対に関する口コミもチェックできる。ユーザーが販売店を選ぶ時の判断基準になり得る。

 ただし店舗の雰囲気やスタッフの接客態度については、個々のユーザーによって受け取り方が違う。本来なら自分で出向いて確かめるのが好ましく、見積り書の入手や試乗チェックを行えば、自然に店舗やスタッフの雰囲気も分かる。

 これが一般的な買い方だが、ホンダ・オンは、販売店に出かけたくないユーザーを対象にしている面もある。そうなると試乗を行わず、販売店にも出かけないでホンダ・オンを契約することも想定され、ホンダ車のポジ&ネガ分析やホンダカーズに関する口コミ評価も大切になるわけだ。

次ページは : ■オンライン販売のリスクと弱点は「リモートワークの難しさ」と同じ