長生きGT-Rと短命NSX スーパースポーツの運命を分けたのは「ビジネスの匂い」?

長生きGT-Rと短命NSX スーパースポーツの運命を分けたのは「ビジネスの匂い」?

 日本が誇る2台のスーパースポーツ、日産「GT-R」とホンダ「NSX」。GT-Rの登場は2007年のこと。15年目を迎えようとしている超ロングセラーモデルだが、すでに2022年モデルが発表されるなど、いまでも世界的に人気のあるモデルだ。

 一方のNSXは、現行である2代目が登場したのは2016年。しかしながら、2022年での生産終了がすでに発表されており、その人気も、スーパーカーとしては、やや影が薄い印象がある。

 価格や成り立ちが異なる2台ではあるが、なぜここまでの違いが生じてしまったのだろうか。

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:NISSAN、HONDA、池之平昌信

【画像ギャラリー】ホンダ生んだスーパーカー「NSX」の初代と2代目を振り返る


GT-Rのこだわりは「人の手」

 まず、GT-Rの歴史を簡単に振り返ってみよう。初代スカイラインGT-Rは1969年に登場。人気の後期型、クーペのKPGC10は1970年の登場だった。そしてわずか197台しか生産されなかった幻の2代目KPGC110型、16年のブランクを経て1989年に登場したR32型、ボディサイズが大きくなり、イギリスへもわずかに輸出されたR33、そしてスカイラインという名が付く最後のGT-R、R34型と続く。ここまでは、基本的に国内専用モデルであった。

R34型スカイラインGT-R (1999年~2002年)。歴代GT-Rのなかでも、もっとも人気のあるモデルだ

 それが、通算6代目となる現行R35型では、左ハンドルも設定され、世界各地に輸出されるようになる。エンジンは3.8L V6ツインターボを搭載し、2007年登場の初期モデルでも最高出力は480ps、最新モデルでは570ps、NISMOでは600psを絞り出す。

2007年登場当初のR35GT-R

 エンジンは選びぬかれた匠により手作業で組み上げられ、溶接・塗装の工程にも職人の手が入る。完成した車両には特別技能を有するセットアップドライバーがブレーキ、トランスミッション、サスペンション等の調整と合わせ込みを目的にテストコースを走行し、初期なじみと慣らしの作業を行う。人の手によってのみつくりあげることのできる最高の感度と感性を届ける、それがGT-Rの持つこだわりだ。

GT-R2022モデルの「Premium edition T-spec」。イヤーモデル制でブラッシュアップされるため、15年も経過するモデルには見えない

初代登場当時は大いに沸いたNSX

 一方のNSXは、バブル景気に湧く1990年に発売。3.0L V6DOHC VTECエンジンをミッドシップにマウントし、世界初のオールアルミモノコックボディ、ワングレードで800万円(ATは60万円アップ)という当時の日本車最高額となる価格設定で、登場当時の衝撃はすさまじいものがあった。「ついに日本にもスーパーカーが誕生した!!」と、クルマファンは大いに沸いた。

初代NSX(1990年~2005年)。ついに日本にもスーパーカーが誕生した!! と当時ファンは歓喜した

 繊細なチューニングを施したエンジンを搭載したグレード「タイプR」も登場し、1997年のマイナーチェンジでは、排気量を3.2Lに拡大、その後2001年にはビッグマイナーチェンジをうけるなど、15年以上にわたって生産され進化を続けてきたが、欧州・北米の新しい排ガス規制に対応できないという理由で、初代NSXは2005年に生産終了に。

 その11年後である2016年に2代目が登場し、NSXは復活を果たす。ミッドシップレイアウトというNSXのアイデンティティはそのままに、3.5L V6 DOHCツインターボエンジンに3モーターを組み合わせたハイブリッドシステム+9速デュアルクラッチシステムで四輪を駆動する。

 シャシーシステムとパワーユニットシステムを統合的に制御するマネジメントシステムも採用し、最新デバイスとホンダの技術を全て結集させ、世界に通用するスーパーカーとして、ファンを驚かせた。登場当時の2370万円という価格もまた、ファンを驚かせた。

2016年に復活した2代目NSX。ミッドシップレイアウトというアイデンティティが継承され、最新のメカニズムで大きく進化した
新旧2台のNSX。メカニズム、性能、価格共に一級品である

次ページは : クルマ好きの方を見ていなかったNSX