エンジンが壊れる瞬間エンジン内で起きていることと簡単に気づける注意点

エンジンが壊れる瞬間エンジン内で起きていることと簡単に気づける注意点

 エンスト(エンジンストール)の経験はあっても、エンジンが壊れる「エンジンブロー」を経験した人は、ほとんどいないのではないでしょうか。エンジンブローは、エンジンを構成する部品が何らかの原因で破損してしまう、今となっては稀な不具合ですが、非常に危険で事故にもつながるので注意が必要です。

 ここでは、エンジンが壊れる瞬間にエンジン内で何が起こっているのか、その原因と、直前に現れる前兆について、解説していきます。

文:Mr.ソラン、エムスリープロダクション
アイキャッチ写真:写真AC_ FineGraphics
写真:写真AC、TOYOTA、Mr.ソラン

【画像ギャラリー】点灯したら必ず点検を!! クルマに表示される警告灯一覧(13枚)画像ギャラリー

メンテナンス不足や間違った使い方で、エンジンは壊れる

 エンジンブローが起こるには、それなりの原因があります。エンジンは、高温高圧と高速回転に耐えるように設計されていますが、それはあくまで規定の条件が守られることが前提です。ユーザーがオイル交換をしなかったり、点検を怠ったり、想定外の使い方をすれば、エンジンブローは起こってしまいます。エンジンブローを起こす主要な原因としては、次の4つが挙げられます。

・潤滑不良によるエンジン焼き付き
・異常燃焼によるピストンや点火プラグの溶損
・オーバーヒートによるシリンダーヘッドの熱歪み、ガスケット吹き抜け
・砂のような異物混入によるライナー内壁の損傷、水侵入によるウォーターハンマーの発生

 それでは、それぞれの具体的な現象と原因、発生直前に起こる前兆について話を進めましょう。

エンジンブローの主要な原因は、潤滑不良、異常燃焼、オーバーヒート、異物/水の混入(PHOTO:写真AC_ FineGraphics)

アイドルが不安定、加速が鈍くなる→オイル不足や劣化オイルなどによる「焼き付き」

 エンジンの摺動部に潤滑オイルが供給されない、あるいは潤滑性の悪い劣化オイルが供給されると、摩擦熱によって摺動部が焼き付き(固着)を起こしてエンジンが停止します。

 摺動部とは、潤滑が必要なピストンとシリンダーライナー間、コンロッドやクランクシャフトなどのジャーナル部です。通常、摺動部にはオイルの液膜が形成され、金属同士が直接接触(金属接触)しないようにしてフリクションを下げています。

 潤滑不良になる原因としては、オイル漏れなどによるオイル不足、劣化オイルの長期使用、オイルポンプの破損、異物混入によるオイル配管の閉塞などです。

 潤滑不良が始まると、フリクションが大きくなってくるので、アイドルが不安定になる、加速が鈍くなる、燃費が悪化するという前兆が現れます。ただし、完全にオイル供給が絶たれると、あっという間に焼き付いてしまいます。

次ページは : エンジンルームから煙や水蒸気、マフラーから白煙が→冷却系の不具合による「オーバーヒート」