BMW日本本格参入から40年 一番思い出深いBMWは…?

BMWジャパン設立40周年! 輸入車業界のパイオニアの歴史を振り返る

 2021年9月22日、BMWの日本法人ビーエムダブリュー株式会社(通称:BMWジャパン)が会社設立40周年を迎えた。

 1981年に欧州メーカー初の全額出資の日本法人として誕生し、3シリーズをはじめとする多くのBMWモデルを販売し続けている。

 本稿ではBMWジャパンの40周年の歴史を振り返りつつ、日本での活動で最盛期はいつなのかを解説する。

文/大音安弘、写真/BMW

【画像ギャラリー】40周年記念限定車とBMW現行モデル全車を画像でチェック!(26枚)画像ギャラリー

輸入車業界に衝撃を与えたBMWジャパン設立の歴史を振り返る

3シリーズの初代モデルが誕生したのは1975年。現行モデルで7代目となる

 BMWの日本法人であるビーエムダブリュー(通称:BMWジャパン)が、2021年9月22日、会社設立40周年を迎えた。40年前といえば、BMWの看板車種である3シリーズも、初代モデルの時代である。

 もちろん、それ以前よりBMW車は、日本に正規輸入されていたが、当時は、外資系貿易会社「バルコム トレーディング カンパニー」が手掛けていた。直系となる日本法人設立の背景には、当時のBMW本社の世界戦略のひとつとして、各国の正規輸入代理店の完全子会社化を行う方針にあり、より戦略的に世界でBMWを販売していく事が目指されたのだ。

 その際、日本では「バルコム トレーディングカンパニー」を完全買収し、現在の「ビー エム ダブリュー株式会社」へと改変。その歴史をスタートさせた。

 BMWジャパンを設立した1981年当時は、欧州メーカーで初めての全額出資の現地法人であり、業界では大きな注目を集めた。直営となったことで、新たな取り組みも開始された。

 設立間もない1983年には、「クルマとローン、二重で儲ける必要はない」というポリシーのもと、20%超の金利が標準的だったオートローンをBMWでは14.25%に設定した。5%以上の金利差は、オーナーの負担軽減にもなり、その後のBMW普及の第一歩にも繋がった。

 1984年には、97%の部品を24時間以内に全国の正規ディーラーに配送可能な総合パーツセンターを設立。1987年には、輸入車業界初となる認定中古車システムを日本導入している。

 また走り好きなオーナーを虜にするBMWらしい活動のひとつである「BMWドライバー・トレーニング」は、1989年に開校。欧州以外では初となる取り組みで、ドイツ本国と全く同じプログラムを受講できるのも売りであった。このように設立10年以内に、より多くの人がBMWを楽しめる環境づくりが一気に進められたことが分かる。

 バブル期景気を受けて、2代目3シリーズが大ヒットとなるが、これらの地道な基盤の強化も、その成功を後押したのだろう。

日本販売で最も売れていた年はいつなのか

BMWジャパンが設立された1981年から2020年までの販売台数の推移(BMW GROUP JAPAN COMPANY PROFILEより抜粋)

 販売台数でBMWジャパンの歴史を紐解いてみると、1981年当初は、3662台に過ぎなかったが、2020年は、コロナ禍にあっても3万5712台を記録。設立時と比べると、約10倍の規模へと成長している。

 最も販売台数が多かったのは、2017年で5万2527台を販売。当時のラインアップは、近年のモデルラインの強化の効果もあり、1シリーズ、2シリーズ、3シリーズ、4シリーズ、5シリーズ、6シリーズ、7シリーズ、X1、X3、X5、X6、Z4、i3、i8とコンパクトからラージまで充実しており、SUVも多彩に揃う。

 この年は、5シリーズとX3が現行世代にフルモデルチェンジし、6シリーズグランツーリスモも新登場した。それでは同年で最も販売が多かった車種というと、それは3シリーズ。

日本では2019年1月に登場した現行3シリーズ。セダン受難時代においても堅調な販売をマークしている

 しかも40年の歴史の中でも、3シリーズが一番。日本ではBMW=3シリーズのイメージが強いが、これだけモデルの多角化が進んでも、その図式に変化はない。それだけ3シリーズの総合力が高く、何より主BMWらしさ溢れるモデルということなのだろう。

 最新モデルの販売トップ3を尋ねると、やはり1位は3シリーズ。2位に1シリーズ、3位に2シリーズと続く。ボディタイプでは、セダン、SUV(BMW表記だとSAC及びSAV)、ハッチバックの順になるそう。このデータを考慮すると、今も昔も3シリーズセダンは鉄板であることが分かる。

 またXシリーズは、モデルラインが拡大されたことで、販売増には結び付いているが、車種毎に上手く住み分けていることが伺える。価格と手頃サイズを強みとする1シリーズや2シリーズの支持率も高いようだ。

次ページは : BMW広報が選ぶエポックメイキングなモデルはどれか