時代はセダン絶不況!! そのなかでBMWのセダンはなぜ活況なのか?


 近年、日本でセダンは定番のクラウンまで売れゆきを落とすほど低迷している状況。そんな今でもドイツ車、そのなかでもBMWは根強い人気でセダンが売れているという。

 SUV全盛期でXシリーズを充実化させているなかでも、セダンは堅調な販売を見せているBMW。その理由はどこにあるのか? モータージャーナリストの岡本幸一郎氏が分析する。

文/岡本幸一郎  写真/BMW、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】売れ筋のBMW3シリーズ/5シリーズはセダン不況にも強い!!


■セダン低迷中の日本でも都市部で欧州製セダンは多く目にする

国産セダンの売れゆきは低迷しているが、BMWはセダンの人気が根強い

 セダンの市場規模が世界的に縮小するなか、日本はとりわけその傾向が顕著で、いまのところまだ多くのメーカーがセダンをラインアップしているものの、あれほどあった車種のバリエーションはみるみるうちに減ってきた。

 少し前まではよく高価ながら売れていて、さすが! というニュアンスで報じられていたクラウンですら、まだ正式にアナウンスされたわけではないが、ついに次期モデルはこれまでどおりではなくなる見込みだ。

 そんななかでも、ドイツのプレミアムブランドのセダンは比較的好調なように見受けられる。

 特に都市部では、ひとたび目にすると印象に残る車種が多いせいか、国産のセダンよりも頻繁に見かける気がするほどで、モデルチェンジしたら即座に見かけるようになるあたりからも注目度とニーズの高さがうかがえる。

■BMW3シリーズセダンはSUVのX3よりずっと売れている

BMW3シリーズは2020年1月〜12月の輸入車販売台数で5位にランクイン。ベンツCクラスと並ぶ輸入車の人気モデルとなっている

 なかでもセダンを見かける機会が特に高いように感じるのがBMWだ。

 実際どうなのか知りたいところだが、車種やグレード等の具体的な台数はインポーターからは明らかにされておらず、JAIAからブランド別の新車販売台数とモデル別の上位20台の販売台数が公表されるにとどまるわけだが、概要だけでも把握したく思い、関係者に協力を仰いで調べてみたところ、興味深いデータが得られた。

 3シリーズのセダンとツーリング、5シリーズのセダンとツーリング、X3とX5について、2020年の販売台数をもとに、全体を100とした場合の内訳は以下のとおり。

・3シリーズセダン(4ドアセダン):35
・3シリーズツーリング(ステーションワゴン):20
・5シリーズセダン(4ドアセダン):10
・5シリーズツーリング(ステーションワゴン):5
・X3(SUV):20
・X5(SUV):10

7世代目の現行型5シリーズはまさに7シリーズの弟分という雰囲気で、エレガントさが増した

 5シリーズよりも3シリーズのほうが圧倒的に売れていることと、ツーリングよりもセダンの販売比率が高いところまでは、なんとなく感じていたことが、かなり当たっていたようだが、一方でもっと高い割合で売れていると思っていたSUVのXモデルがそれほどでもなかったことが印象的。

 X3より3シリーズセダンがはるかに売れており、X5と5シリーズセダンは同じぐらいというのは意外だった。昨今のSUVブームの高まるなかでも、BMW の場合はセダンの人気が根強いといってよさそうだ。

 ご参考まで、JAIAの発表による販売台数ランキングでは、3シリーズが2020年の暦年(1月~12月)が8505台で5位、2020年度(20年4月~21年3月)が8194台で4位となっている。その数字からほかの車種もイメージしていただけよう。

 むろん輸入セダン(ツーリングも含むが)ではダントツの首位であり、価格帯の近いモデルライフ終盤にあるCクラスに対しては3割ほど多い。

次ページは : ■1980年代に登場したE30型3シリーズがBMWのセダン人気に火をつけた

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ