カローラクロスが圧勝!! 最大激戦区でライバルとガチ比較 長所と短所徹底分析


 2021年9月14日より発売開始となったトヨタ「カローラクロス」。広い室内空間を確保しつつ、都会的で上質な内外装デザインを採用、レジャーから街乗りまで幅広く対応できるクロスオーバーSUVとして、ライバルSUVたちを脅かす存在だ。

 カローラクロスは、全長4490mm、全幅1825mm、全高1620mmと、サイズ的に見るとミドルクラスのSUVに近いが、価格帯でみたとき、ライバルとなるモデルは、日産キックス、ヤリスクロス、そしてホンダヴェゼルなど、比較的サイズの小さなSUVたち、となる。

 この同価格帯のSUVたちに対して、カローラクロスはどれほどの戦闘力をもっているのか。燃費、室内の広さ、そして走行に関するスペック比較で、ライバルとガチンコ勝負をしてみよう。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、HONDA、NISSAN、SUBARU、MITSUBISHI、DAIHATSU、SUZUKI

【画像ギャラリー】全部みせます!! 全長4500ミリ以下の国産コンパクトSUVを写真で比較!!(26枚)画像ギャラリー

燃費はヤリスクロスが別格

 日産キックスはe-POWERかつ2WDのみという潔いグレード構成。ヤリスクロス、ヴェゼル、カローラクロスの3車種はガソリン仕様とハイブリッド仕様を持ち、また2WDと4WDもきちんと用意している。

 ガソリンモデルのWLTCモード燃費(複合)は、ヤリスクロス19.8km/L、ヴェゼル17.0km/L、カローラクロス14.4km/L。ハイブリッドモデル(2WD)は、キックス21.6m/h、ヤリスクロス30.2km/L、ヴェゼル25.0 km/L、カローラクロス26.2km/L。ヤリスクロスの驚異的な燃費が際立っている。

 これは、ヤリスクロスの車両重量1100kg台という驚異的な軽さと、排気量1.5Lの余力あるエンジンと、組み合わされるTHS-IIによるもの。そのヤリスクロスに続くのがカローラクロスだ。カローラクロスでも、キックスに対しては、20%近くも燃費が良いことになる。

 ただ、ガソリン仕様だと、今度はヴェゼルに軍配が上がる。ヴェゼルのガソリン仕様が1250kg、カローラクロスは1330kgと、約80kgも重たいのでは勝負にならない。

 しかし、燃費だけでパワートレイン性能を比較することはできない。カローラクロスには、排気量1.8Lの最高出力140ps、最大トルク170Nm級のパワフルなエンジンを搭載し、動力性能を補っている。キックスに関しては、現在E12ノート(先代)の第1世代e-POWERシステムを搭載しているが、現行E13型ノートより採用されている、第2世代e-POWERの搭載が待ち遠しいところだ。

ヤリスクロスの燃費の良さが際立っている。それを除けば、ハイブリッド仕様はカローラクロスが、ガソリン仕様はヴェゼルが燃費性能トップとなっている

広さはカローラクロスに軍配、だが使い勝手はヴェゼルが優秀

 ボディサイズに関しては、全長はカローラクロス、ヴェゼル、キックス、ヤリスクロスの順で長くなる。全幅はカローラクロスが唯一、1825mmと唯一1.8m越えで、他の3車種は1800mm未満だ。全高もカローラクロスの1620mmが最も高く、その他は1600mm未満となる。

 冒頭でも触れたように、カローラクロスは、RAV4(全長4600×全幅1855×全高1685mm、WB2690mm)といったミドルクラスのSUVのサイズに近い。そのため、この3車種との比較では、カローラクロスの車内空間はやはり圧倒的だ。

 これといった弱点がないヤリスクロスだが、ボディサイズからもわかるように、室内空間はやはりちょっと狭い。ヤリスよりはまだましだが、荷室エリアも必要最小限ということは覚悟した方がいい。

 ちょっとの旅行であれば問題ないが、キャンプ道具一式を満載していくにはちょっと無理があり、「SUV」としての用途に向いているとは言えない。むしろ荷室だけならば、ミニマムSUVのライズの方が広く感じるくらいだ。

ヤリスクロス唯一の弱点が、室内空間の小ささ。SUVとしての使い勝手を求めると、ちょっと物足りなさを感じるかも

 ヴェゼルは先代に続いて「パッケージングのよさ」が光る。ホンダの得意とする、センタータンク方式と、後席のダイブダウン機構によって、フラットで広大な荷室を実現。このパッケージングのよさからくる、優れた使い勝手と居住性は、ヴェゼルの最大の魅力だ。

 キックスも、開口部が広く、荷室スペースは十分にあるのだが、後席シートバックを倒してもフラットな荷室にはならない。やはり使い勝手はヴェゼルが圧倒的に優れている。

 カローラクロスは、室内長1805 mm×室内幅1505 mm×室内高1265mmという室内寸法のスペックで比較すると、他の3台に比べて格段大きくなったようには見えないのだが、実際には後席空間は広い。ラゲッジ容量はVDAで487L。荷室長841mm、荷室幅は最大1369mm、荷室高は最大847mm。ヤリスクロス(371L)、キックス(423L)、ヴェゼル(390L)の3台に比べて、最も広いことが分かる。

 デザインの上でも、ヤリススロスやヴェゼルのように、リアウィンドウの傾斜が緩めではないことも、カローラクロスの荷室容量が広いことに、影響していることだろう。

次ページは : 運転を楽しむヤリスクロスとキックス、安定性はカローラクロス