愛車のために知っておくべし!! ガラスコートの「撥水」「親水」「滑水」の違い


 愛車をきれいに保ってくれる、カーコーティング。カーコーティングには、その成分によっていくつかの種類に分けられますが、なかでも「ガラスコーティング」は耐久性に優れることから、いま主流のコーティング方法です。

 しかしながら、ガラスコーティングのなかでも、性質によって、「撥水」「親水」「滑水」、そして「疎水」と、4つの種類があり、「どれがいいのか」と、頭を悩ませている方も多いでしょう。

 この「撥水」「親水」「滑水」「疎水」には、どういった違いがあるのか、そして最新のガラスコーティングについても、ご紹介します。

※補足:ちなみに疎水と親水は、水(H2O)と分子的に混ざりにくい、もしくは親和性が高い、といった物理的な特性のこと。そのため、疎水は「Hydrophobic」、親水は「Hydrophilic」と英語へ直訳できますが、撥水「Water-repellent」、滑水「Water gliding」の2つは、後に作られた熟語です。

文:吉川賢一
アイキャッチ画像:AdobeStock_romaset
写真:AdobeStock、写真AC

【画像ギャラリー】こんないいことがある!! 洗車をすることのメリットをクイックチェック!!(5枚)画像ギャラリー

違いは「水のはじき方」

■水玉ができるのが「撥水」
 雨が降ったときなど、ボディに水がかかった際、表面にキレイな水玉ができるのが、「撥水」ガラスコーティングです。低撥水、高撥水、超撥水、などランクがありますが、水玉がより盛り上がってくるのが「高い撥水性」の特徴です。

 わかりやすく、水をはじいてみえる撥水コーティングは、「コーティングが効いている!!」という満足感がほしい人にはお勧めです。

■水が膜となって流れ落ちるのが「親水」
 「親水」コーティングは、水が玉となるのではなく、平たい膜のような状態で流れ落ちるのが特徴です。ボディ面に伸びた水の膜が流れ落ちるため、セルフクリーニング効果に優れる、ともいわれます。

親水コーティングは、乾きがはやく、セルフクリーニング効果に優れる(AdobeStock_WORLD PRODUCE)

■「撥水」が滑り落ちるのが「滑水」
 「滑水」コーティングは、その名の通り、水が滑り落ちるコーティングのこと。撥水で出来た水玉が、クルマが動いた際に簡単に流れ落ちるタイプのことをさしますが、撥水コーティングでも、クルマが動けば流れ落ちますし、その定義はあいまいなようです。

■「疎水」は、水玉が大きい
 「疎水」コーティングは、撥水コーティングでできる水玉よりも、水玉が大きいことが特徴。「玉」というよりも、塊となって流れ落ちるため、効果としては「撥水」と「親水」の中間のようなイメージです。

ツヤがいいのは撥水性

 コーティングの効果として、水のはじき方のほかに「ツヤ」の出方も気になりますが、コーティング施工後のツヤは、撥水コーティングが優れています。また、撥水と親水の中間の性質をもつ疎水コーティングも、撥水ほどではないですが、ツヤが期待できます。

 ただ、コーティングの「もち(持続)」に関しては、「撥水」「親水」「滑水」「疎水」といった、水のはじき方で効果の持続期間に違いはなく、主に施工の仕方やコーティング剤によって、左右されるようです。

撥水コーティングは、水をはじいてみえることや、ボディにツヤが与えられるため、満足感が高い(写真AC_ takamint.com)

次ページは : 洗車機でも、ガラスコーティングができる