なんで俺らはビジホ隔離? 小林可夢偉が感じたモータースポーツの認知度

なんで俺らはビジホ隔離? 小林可夢偉が感じたモータースポーツの認知度

 「五輪はよくて四輪はだめなのか」。SNSで湧いて出たこの言葉が、豊田章男自工会会長の口からスーパー耐久の場で発せられた。

 オリンピックはできた、しかしモータースポーツのドライバーたちは大いに苦戦している。14日間の隔離生活を余儀なくされ、それは世界選手権という場に参戦しているドライバーにものしかかった。

 しかし音楽フェスのために来日した外国人アーティストは超短期間の隔離だけで日本で興行をできたという事実も明らかになっている。

 超高級ホテルに短期間宿泊するだけで興行ができたアーティストに対し、元F1ドライバーにしてWECドライバーの小林可夢偉はアパホテルでの14日間の隔離を強いられた。

 なぜこんなことになっているのか。悔しい思いを小林可夢偉本人が語ってくれた。

インタビュー・文/段 純恵、写真/TOYOTA、TOYOTA GAZOO Racing

【画像ギャラリー】このままでいいのか!? 2週間のホテル隔離に自動車の未来 小林可夢偉の思い(9枚)画像ギャラリー

■世界選手権のために国内選手権が制限されるナゼ

第6戦もてぎで久しぶりにスーパーフォーミュラの舞台に帰ってきた小林可夢偉。今季はSF初参戦となる

 今季のSF参戦は今回だけです。正直、苦戦してます。SFは10ヶ月ぶりなんでリハビリ中の感覚というか。他のレースに出てたからいいじゃんて思われるかもしんないですけど、やっぱりそれは違うんですよ。

 僕自身は国内で走るために、いろいろ提案してきたつもりです。例えば毎日PCR検査して、国内の移動は自家用車で自走、ホテルに泊まらずキャンピングカー滞在でもダメですか? とか、スポーツ庁とかに確認してもらいながら出来るプロセスは全部踏みました。でもダメだった。

 みんな最善を尽くしてたと思います。提案した僕らも提案を取りまとめた人もそれを受け取った人も。でも、根本的にそういう問題じゃなかったんですね。

 ルールはもちろんルールだと思う。でもそしたらオリンピックだけなんで特別なんだ? ってのはクエスチョンですよね。それより疑問なのが音楽フェス。外国人が3日間の隔離滞在の後、フェスに出演して帰ってったんです。しかも隔離場所はリッツカールトン。ふつうは空港指定のアパとかですよね。

 でも彼らは日本に着いて3日間、ホテルの部屋で用意してもらったゲームで適当に遊んで、その後にフェスして帰っていった。アーティストだけで5、6人、その取り巻きのカメラマンとかも来てたんですよ。僕からすると、ちょっとそれはおかしくないですか、と。

 音楽関係とスポーツ関係は窓口が別やと思うけど、音楽の人ができてなんでスポーツの僕らは2週間の隔離をしっかり守らないといけないのか。そこに何かしら理由がないとまったく辻褄が合わない。なんで音楽フェスはいけたのかって理由がまったくわからない。

 政治家と関係のあるバッハ会長が帝国ホテルに泊まってるのはまぁわかります。でもみんながアパに直行させれられてるのに、スーパーソニック出演のアーティストがリッツカールトンのスイートに泊まるって、もう、そういうところがまったくイコールじゃないんです。

■キャリアに必要な時間を隔離でロスし続ける

どこの国から帰国するかで隔離の条件が違い、しかもそれが頻繁に変わる。全てのルールが曖昧だということに疑問を投げかける

 あとどの国から帰って来るかで隔離の条件も違うし、しかもそれがコロコロ変わる。最初はヨーロッパ全部ダメやったけど、次にモナコから帰ってきたらホテル隔離なしの2週間自宅隔離でOKやった。

 でもフランスから帰ってきたら3日間のホテル隔離を含めた2週間になる。ホント意味不明です。音楽フェスのアーティストたちは3日間のホテル隔離で仕事して帰ったんですけど、それができるには何かしら理由や方法があるわけじゃないですか。でも、それさえわからない。

 厳しい隔離制限は僕らだけの話じゃないからと思ってました。でも音楽フェスでこういうことをやっちゃって、さすがにそれはないやろ、僕らにも仕事させろよ、と思いました。せめて何か道標、こうやったらOKというルールを明確にしてほしい。

 制限する側の人らは関係ないかもしれないけど、僕らからすれば国内レースに出られないのは営業妨害というか、営業的に不利でしかないですからね。

 今回サッシャ・フェネストラズに入国ビザがでてレースに出られたことで、ひとつ突破口が開いたのは確かです。でもこれで状況が好転するかというと僕は難しいと思います。

 スポーツって世界にはいましかできない瞬間があるんです。久々にSFに帰ってきたけど、本来のパフォーマンスは残念ながら出せない。僕らは自分の人生に必要な時間をロスして、いい成績残してたかもしれない瞬間を捨てている。そんな僕らのリスクを、ルールを決める側の人はどこまで理解してるんかな。

 「オリンピックを開催しないのは選手が可哀想だ」って声があがったじゃないですか。それ僕らも一緒やから。オリンピック選手にそうやって声を上げてあげるんやったら、僕らのことも声に上げてほしい。

 どんなに経験があったとしても、いまという時間は残念ながら取り返せない。そこをもうちょっと理解していただきたいというのが本音です。

次ページは : ■モータースポーツに限らず自動車業界に変革が必要