スライドドアが魅力のワゴンRスマイルとムーヴキャンバス!! お買い得はどっちだ!?

スライドドア装備の軽ワゴン対決!! ワゴンRスマイル VS ムーヴキャンバス

 軽自動車ユーザーの間で近年人気が高まっているのがスライドドアだ。ミニバンブームでスライドドアの便利さが広まり、これが軽に波及したためと言われている。

 だが、スライドドアを採用したいのは、スペース効率に優れたN-BOXやムーヴ、スペーシアなどの「超ハイト軽」といわゆる車種だ。

 そんな中、そこまで前高が高くなく扱いやすいムーヴキャンバスが2017年に発売され、大ヒットとなった。そして2021年そのライバルとしてワゴンRスマイルが発売された。

 今回はお買い得さに焦点を絞り、この2車をガチンコ対決させた!

文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】スズキ ワゴンRスマイル&ダイハツ ムーヴキャンバス 人気のスライドドア装備車のオススメはどっちだ!?(12枚)画像ギャラリー

■まずは比較の前に両車を振り返る

2021年登場のスズキ ワゴンRスマイル。ムーヴキャンバスのヒットを受けて登場したスライドドア装備の軽ワゴンだ

 軽自動車はボディサイズやエンジン排気量が共通化され、似通ったライバル関係が生まれやすい。全高が1700mmを上まわり、スライドドアを装着したホンダN-BOX・スズキスペーシア・ダイハツタント・日産ルークス・三菱eKクロススペースはその典型だろう。

 今は日本で新車として販売されるクルマの40%近くが軽自動車で、軽乗用車の半数以上は、N-BOXやスペーシアのようなスーパーハイトワゴンになる。

 ただし「スライドドアは欲しいが、全高が1700mmを超えるスーパーハイトワゴンはいらない」という意見もある。このニーズに応えたのが、2016年に発売されたダイハツムーヴキャンバスと、2021年7月に登場したスズキワゴンRスマイルだ。

2017年登場のダイハツ ムーヴキャンバス。望まれていた『そこまで全高が高くないスライドドア装備の軽ワゴン』として登場し大ヒットした

 ムーヴキャンバスは人気が高く、発売から約5年を経過した今でも、1か月に約5000台が届け出されている。標準タイプを含めたムーヴシリーズ全体の約60%をキャンバスが占める。ワゴンRスマイルが登場した背景にも、ムーヴキャンバスの高人気がある。

 そこで両車を比べるが、総合的な比較は2021年10月22日に掲載した「ワゴンRスマイル登場!! ムーヴキャンバスに勝てるのか?」(記事リンク)の中で述べている。今回は特に気になるパッケージと装備、価格を含めた商品力を掘り下げたい。10月22日の記事も参照されると、理解がさらに深まると思う。

■全長と全幅はほぼ同じだが全高に差が

ワゴンRスマイル車内。室内高は1330mmで、ムーヴキャンバスを45mm上回る

 まず車内の広さやレイアウトなどのパッケージングだが、全長と全幅は軽自動車とあって同じ数値だ。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は異なるが、ワゴンRスマイルが5mm長いだけなので同等と考えて良い。異なるのは全高で、ムーヴキャンバスは1655mmに抑えたが、ワゴンRスマイルは40mm高い1695mmだ。

 この違いは車内の広さにも影響を与えた。後席に座った時の頭上空間は、ワゴンRスマイルに余裕がある。身長170cmの乗員が座った場合、ムーヴキャンバスの頭上空間は握りコブシ1つ少々だが、ワゴンRスマイルには2つ収まる。

 室内高の数値もムーヴキャンバスは1285mmで、ワゴンRスマイルは1330mmだから45mm上まわる。

 その代わりワゴンRスマイルの外観は、背が高いのでスペーシアのようなスーパーハイトワゴンに近い。その点でムーヴキャンバスは、少し低めの天井にスライドドアを組み合わせたから、外観の個性が強まった。

ムーヴキャンバス車内。メーターはインパネ中央の奥まった位置に配置される。メータの分インパネに厚みが出るので小柄なドライバーは圧迫感を覚えるかも

 車内を個別に見ていくと、インパネの質感は同程度だ。ATレバーやエアコン吹き出し口の配置は、両車とも似ている。

 異なるのはメーターで、ワゴンRスマイルはステアリングホイールの奥側に配置する一般的な方式だが、ムーヴキャンバスはインパネ中央の高い奥まった部分に装着した。前方からメーターを見る時、ムーヴキャンバスでは上下方向の視線移動は少ないが、左右方向は少し大きい。

 またムーヴキャンバスでは、メーターのためにインパネに上下方向の厚みがあり、小柄なドライバーが運転席に座ると圧迫感が生じることもある。両車の機能は一長一短だ。

次ページは : ■座り心地か? 使い勝手か? 両車の個性は後席にあり!?