スライドドアの新星 ワゴンRスマイル登場!! ムーヴキャンバスに勝てるのか?

スライドドアの新星 ワゴンRスマイル登場!! ムーヴキャンバスに勝てるのか?

 ダイハツムーヴキャンバスは、「両側スライドドアが欲しい。でも、全高1700mmより低いクルマ」が欲しいというニーズに応え、誕生した。

 そのライバル車として挙げられるのが、スズキワゴンRスマイルである。ワゴンRに両側スライドドアを採用し、全高1695mmに抑えた。

 今回は、ムーヴキャンバスとワゴンRスマイルをあらゆる角度から比較する。どちらに軍配があがるのか?

文/渡辺陽一郎
写真/SUZUKI、DAIHATSU、池之平昌信

【画像ギャラリー】似た者同士!?? ムーヴキャンバスとワゴンRスマイルを見比べる!(11枚)画像ギャラリー

「街乗りが中心のクルマ」ムーヴキャンバスとワゴンRスマイルを比較

 2021年1~9月に国内で新車として販売されたクルマのうち、軽自動車が37%を占めた。そして軽乗用車の売れ方を見ると、半数以上が後席側にスライドドアを備えた背の高い車種になる。

 スライドドアの軽自動車では、ホンダN-BOX、スズキスペーシア、ダイハツタント、日産ルークスなど、全高が1700mmを超えるスーパーハイトワゴンが売れ筋だ。ただし「スライドドアは欲しいけれど、全高が1700mmを超える背の高いボディはいらない」という意見も聞かれる。

2016年に発売されたムーヴキャンバス。発売から5年以上が経過したが売り上げは好調を維持している

 このニーズに着目して開発され、好調に売られているのがムーヴキャンバスだ。後席側にスライドドアを備えながら全高は1655mmに抑えられ、フロントマスクは丸みのある形状に仕上げた。リヤゲートも少し寝かされ、車内の広さを最優先させるタントとは雰囲気が異なる。

 外装色には、ボディの上側と下側は同色で、中間部分だけが異なる2トーンのストライプスカラーも設定した。この色彩も人気で、ムーヴキャンバスは、2016年に発売されながら今でも1か月平均で約5000台が販売されている(ベーシックなムーヴを除く)。SUV風のタフトに近い売れ行きだ。

ワゴンRにはない両側スライドドアを採用したワゴンRスマイル

 このムーヴキャンバスのライバル車が、2021年9月に発売されたワゴンRスマイルになる。全高は1695mmだからムーヴキャンバスよりも40mm高いが、1700mmは超えていない。楕円形のヘッドランプなど、柔和な雰囲気はムーヴキャンバスに似ている。「街乗りが中心のクルマだから」という理由で、ターボを用意しないことも共通だ。そこでこの2車種を比べてみたい。

内装の質感/居住性比較

ワゴンRスマイルのインパネ。カラーパネルは、グレードやボディーカラーに合わせ、3種類を設定する

 インパネの造りは、ATレバーの配置など、両車ともに似ている。内装の質感は、発売から5年を経過したムーヴキャンバスも古さを感じさせない。

 異なるのはメーターだ。ワゴンRスマイルはステアリングホイールの奥側に配置したが、ムーヴキャンバスはインパネ中央の高い奥まった位置に備わる。運転中にメーターを見る時、ムーヴキャンバスでは上下の視線移動は少ないが、少し左に寄るから一長一短だ。

 そこでワゴンRスマイルは、ヘッドアップディスプレイをセットオプションで用意した。インパネの上部に透明のディスプレイを立ち上げて、速度や交差点のカーナビ情報などを見やすく表示する。

 前席の居住性は両車ともに互角だ。ベンチシートが装着され、適度に体が沈んだ部分で支えるから、ボリューム感も伴う。後席は両車ともに足元空間が広い。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は、両車ともに握りコブシ3つ半に達する。頭上の空間は天井の高いワゴンRスマイルに少し余裕があるが、ムーヴキャンバスでも充分だ。

 後席の座り心地は両車で明らかに異なる。ワゴンRスマイルは、前席ほどではないが柔軟性が伴って一般的な座り心地だ。ムーヴキャンバスは体がシートに沈みにくく、床と座面の間隔も不足しているから、足を前方へ投げ出す座り方になりやすい。後席の快適性はワゴンRスマイルが勝る。

*勝敗:ワゴンRスマイルの勝ち

次ページは : 荷室/シートアレンジ/収納設備比較