エッ! 新型ディフェンダーの中古車が新車価格なみでも人気なワケ


 日本でも人気となっているランドローバーの伝統的なSUVモデル、ディフェンダー。昨年4月から日本市場への導入がスタートしたのだが、最近ではこのディフェンダーの中古車の値上がり状況が注目されているという。その傾向を追ってみた。

文/萩原文博写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】昨年登場の新型ディフェンダーが大人気! タフなだけじゃない魅力に迫る!!(10枚)画像ギャラリー

■なかには新車価格を超える中古車も!

 世界的な半導体不足によって、全体的に新車の納期が延びている。さらに人気車となると、1年以上という長期に渡ることも当たり前となっている。現在、人気の高いSUVではその傾向が顕著となっているのだ。コンパクトからフルサイズまでさまざまな大きさを用意し、スタイリッシュなクーペモデルからタフギアさを全面に押し出したモデルなど多彩なラインナップとなっている。

 そのなかでも納車まで2年待ち(一部では4~5年)となっているトヨタランドクルーザーをはじめ、1年待ちのスズキジムニーといった国産車。さらに輸入車では軍用車をルーツとするメルセデスベンツGクラスなど1980年代に席捲したクロカン4WDを彷彿させるタフギアさを前面に押し出したSUVの人気が高くなっている。

直線基調ながら角は丸みも帯びている……。最新のディフェンダーのスタイリングは先代の伝統を受け継ぎながらも単にヘビーデューティではない遊びの要素を随所に取り入れた

 そして、2019年のフランクフルトモーターショーで世界初公開され、2020年4月から日本市場に導入されたランドローバーディフェンダーも人気が高く、納車期間が長くなっていることから新車価格を超える中古車が流通している。そこで、ココでは世界で唯一のSUV専門ブランドであるランドローバーが満を持して復活させた現行型ディフェンダーの魅力そして現在の中古車相場を紹介する。

現行ディフェンダーはショートとロングの2タイプのボディを用意

 現行型ディフェンダーは「90」と呼ばれる3ドアのショートボディと、「110」と呼ばれる5ドアのロングボディという2つのボディを用意。車両本体価格はディフェンダー90 P300の551万~ディフェンダー110 X D300の1171万円と幅広い。

ショートボディの「90」。武骨だった先代をオマージュしつつ、随所に遊びゴコロあふれるデザインに仕上がっている。このスタイリングながら悪路走破性は比類なきものなのだから恐れ入る

 輸入車のタフギア系SUVと車両本体価格を比べてみると、JEEPラングラーは受注生産となっているスポーツの536万~5ドアのアンリミテッドサハラ2.0が635万円。メルセデスベンツGクラスはG350dの1251万~AMG G63の2218万円で、ディフェンダーはちょうどラングラーとGクラスとクロスオーバーしない絶妙な価格帯となっているのも人気となっている要素のひとつと言えるだろう。

 ボディサイズはショートボディの90が全長4510×全幅1995×全高1975mm(P300)。対して、ロングボディの110は全長4945×全幅1995×全高1970mm(110S)で、110のほうが全長で435mm長くなっている。

こちらはロングの「110」。ショートに比べると端正で落ち着いた感じに見える。驚いたことにモノ コックボディで、ラダーフレームだった先代比3倍の剛性と軽量化を両立した

 現行型ディフェンダーは、シャシーに軽量アルミニウム構造で全く新しいアーキテクチャーである「D7x」を採用。従来のラダーフレーム構造と比較して3倍のねじり剛性を確保するだけでなく、軽量化も両立。ランドローバー史上最も頑丈なボディ構造となっている。

 サスペンション形式はフロントがダブルウィッシュボーン式、リアがマルチリンク式を採用。90はオプション、110では標準装備となる電子制御エアサスペンションを搭載し、優れた快適性と走行性能を実現。

 そのうえ、車高は標準の高さより40mm低いポジションから最大で+145mmというワイドレンジで設定可能。スムーズな乗降性に加えて、最大渡河水深900mmという高い悪路走破性を実現。さらに3Dサラウンドカメラとウェイドセンシングにより水深の把握をサポートしてくれる。

次ページは : ■伝統の4WDシステムの進化や最新のエンジンで圧倒的な走破性を支える