ジムニー、ベンツGクラス…希少価値のある背面タイヤ装着の現行モデル5選


 クロカンブームの頃は憧れの対象だった背面タイヤも、ブームがひと段落すると、逆に時代遅れの象徴のような扱いを受けてきた。

 オフロードを走行しない街乗り重視のSUVの増殖に伴い、背面タイヤを採用するクルマは激減し、一部のクルマにしか採用されなくなった。

 それがSUVブームの到来で、武骨さゆえの強さ、個性を主張するアイテムとして再び脚光が集まっている。ただし、装着しているモデルが少ないのが難点だが、結果として、希少価値が高まっているのも事実だ。

 強さの証、背面タイヤを装備する希少価値のある現行モデルを紹介していく。

文:大音安弘/写真:SUZUKI、JEEP、MERCEDES BENZ、JAGAR LANDROVER、TOYOTA、NISSAN、HONDA、MISTUBISHI、SUBARU、ISUZU、DAIHATSU

【画像ギャラリー】かつては一世風靡してクロカン以外にも!! すでに絶版となっている背面タイヤを背負った日本車厳選10台


なぜ背面タイヤは減ってきたのか

 かつてはオフロード走行を得意とするクロカンの象徴として、背面タイヤはマストアイテムだった。

 その背面タイヤが流行した理由は、RV(レジャービークル)ブームに端を発して、RVテイストを付加するためには最適なアイテムだったからだ。

1980年代から背面タイヤを装着したクロカンはあったが、憧れの対象になったのは2代目パジェロのデビューに端を発したRVブーム以降

 軽自動車、ステーションワゴンにまで背面タイヤを装着してRVテイストを演出し、実用よりもファッションアイテムとしてユーザーも歓迎した。

 しかし、背面タイヤはどんなクルマにも装着できるわけではなく、装着するためには取付部分やリアドアの剛性確保は必須。

 テールゲートの構造によっては、取付用のフレームを必要とするものもあり、そのぶんコスト増にもつながる。とはいえ、アクシデントに備えてスペアタイヤをフロア下に直接、固定されているのが一般的だ。

 ラゲッジルームへのアクセス性の向上、そして後方衝突での安全性の向上など、理由は複数あると思われるが、背面タイヤのアイコンとして存在しにくくなった現実がある。

写真で見てもわかるとおり、背面タイヤを装着するには別パーツを使ったり、リアドア部分の剛性確保が必須だからコストアップにつながる

現在日本で新車購入できるのは5台のみ

 オフロードキングとしても有名なランドクルーザーは、先代の100時代のデビュー時には背面タイヤを標準またはオプションで設定していたが、2005年に全グレードから消滅。

 トヨタではもう1台ランドクルーザープラドも先代モデルでは背面タイヤが設定されていたが、現行モデルには設定されていない。

オフロード性能が高い高級SUVのランクルプラドは旧型の120系では背面タイヤの設定があったが、現行の150系には設定されていない

 日本車では背面タイヤのカッコよさをユーザーにアピールしたパジェロは最後まで背面タイヤを装着していたが、残念ながら2019年に日本での販売を終了してしまった。

 背面タイヤ装着車が続々となくなっているにもかかわらず背面タイヤを採用し続けているモデルもある。優れたオフロード性能を持ち、ボクシーな武骨なエクステリアデザインという共通項を持つ5台だ。

 不思議なことにこの5台の人気たるや凄いものがある。背面タイヤを装着しているから売れているわけではないだろうが、貴重な存在であることは間違いない。

日本のSUVの多くが背面タイヤのカバーをラインナップ。ほとんどはオプションだったが、アフターでもいろいろなタイプのカバーが販売され人気だった

次ページは : スズキジムニー&ジムニーシエラ

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ