ノートオーラVSノートAUTECHクロスオーバー VS ノートAUTECH 価格差約数万円!?

価格差約数万円!? ノートオーラVSノートAUTECHクロスオーバー VS ノートAUTECH

 日産ノートのフルモデルチェンジから、もうすぐ1年。この間、このノートをベースとする派生車が続々と発表となった。

 2021年12月 ノートAUTECH登場 価格250万円~
 2021年6月 ノートオーラ登場 価格261万円~
 2021年8月 ノートオーラNISMO登場 価格286万円~
 2021年10月 ノートAUTECHクロスオーバー登場 253万円~

 「ノートオーラNISMO」については、他の3つと個性が若干異なる。「ノートAUTECH」、「ノートオーラ」、「ノートAUTECHクロスオーバー」については、価格帯がほぼ同じであり、「どれにしようか」と頭を悩ませているかたも多いだろう。

 本稿では、この3台の詳細を確認しつつ、それぞれの特徴をご紹介していこう。

文/吉川賢一、写真/NISSAN

【画像ギャラリー】人気のプレミアムコンパクト 日産 ノートオーラとノートファミリーを見る!!(11枚)画像ギャラリー

3ナンバーと静粛性の高さ 「ノートオーラ」

ノートとノートオーラの走りで、圧倒的に違うのが静粛性の高さだ。具体的には、フロントおよびサイドガラスを透過する音が、ノートやノートAUTECH、AUTECHクロスオーバーと比べて圧倒的に静か

 「上質をまとったコンパクト」がテーマのノートオーラ。特にインテリアのクオリティが素晴らしい。これまでの日産車のインテリアのイメージを完全に塗り替える上質さだ。ベースのノートも、素晴らしい進化を遂げたが、ノートオーラではそこからさらに上質に仕上げてきた。

 運転席目の前の12.3インチのフルTFTメーターは、メルセデスやBMWといった欧州プラミアムコンパクトとも互角に戦えるほど、サイズも十分に大きく、かつ視認性も良い。

 本革ステアリングも標準装備だ。また、「G leather edition」のダッシュボードやセンターコンソールを覆う木目調パネルは、木目の凹凸を表現する微細加工と艶を抑えた表面で、落ち着いた大人の高級感を演出している。

 ノートオーラで驚いたのが、BOSEのパーソナルプラスサウンドシステムだ。

 Aピラー左右にツイーター、165ミリのワイドレンジスピーカーが運転席助手席それぞれ足元に1基ずつ、ヘッドレストの左右に2基の60ミリスピーカー(運転席助手席それぞれで計4基)、合計で8つのスピーカーを駆使し、前席で最も良い音質になるよう、音場が作り込まれている。

 音の臨場感が半端なく、ヘッドレストからの音がちょうどよい塩梅で届くため、音楽を聴いていて、実に心地がよい。ノートオーラの世界観に非常にマッチしたシステムだと思う。

 ノートオーラは、ノートに対して、e-POWERの最大出力を18%UP(85kW→100kW)、最大トルクを7%UP(280Nm→300Nm)させてきた。このパワーの差は、乗り比べないと分かりづらい差ではあるが、ノートとノートオーラの走りで、圧倒的に違うのが静粛性の高さだ。

 具体的には、フロントおよびサイドガラスを透過する音が、ノートやノートAUTECH、AUTECHクロスオーバーと比べて圧倒的に静か。後席も相当に静かで、走行中でも前後席の間で、後席の人が身を乗り出さずとも問題なく会話ができる。コンパクトカーで味わえるレベルではない。

最人気グレードはG leather edition 2WDで、全体の約45%。Leather editionはGに対し約9万円の価格アップ、4WDは2WDに対し、約25万円の価格アップ

 ノートオーラ発売開始後3週間までの、最人気グレードは「G leather edision(約270万円)」。次いでその4WDバージョンである「G FOUR leather edision(約296万円)」と、上級グレードが人気。

 また、ナビシステムとプロパイロット、BOSEスピーカーのパッケージオプションは、40万1500円と高額にもかかわらず、装着率なんと88%。ノートオーラは、高くてもいいものが欲しい、というユーザーに受け入れられているようだ。

おしゃれでアクティブなイメージの「ノートAUTECH」 「ノートAUTECHクロスオーバー」

ノートAUTECH。湘南ブルーの鮮やかなカラー、専用アルミホイールやボディのシルバー加飾、青いレザレット(人工皮革)の前後シート表皮、専用ステアリングホイールなど、トータルコーディネートされたスタイリングは、スマートでカッコよい

 ノートAUTECHとノートAUTECHクロスオーバーは、インテリアは共通だ。

 クロスオーバーは、ノートAUTECHをベースに、車高を25mmほどハイリフトし、大径タイヤと専用16インチホイール、樹脂フェンダーモール、ルーフモールド、そして前後にクロスオーバー専用エンブレムを装備、という内容で、それ以外に違いはない。

 クロスオーバーはフェンダーモールを装備しながらも全幅1700mmに収められ、どちらも5ナンバーだ。

 車高アップは、タイヤ外径分がプラス10mm、あとはサスペンションで姿勢を上げており、高めのアイポイントからの気持ち良い見下ろし運転感覚がクロスオーバーの特徴だ。

ブルーの刺繍が入ったノートAUTECH専用シート。表面は柔らかくモチモチとした触感で、座り心地も良い。インテリアの中でもインパネは力が入った仕上げをしている。ブルーの木目調に光沢が出た「紫檀(シタン)」柄の塗装を施されている

 共通となるインテリアの特徴は、AUTECHならではの上質感だ。

 AUTECH専用シートカバーのステッチや、ドアの内張り、センターコンソール、インパネ、専用本革ステアリング等には青い刺繍が入り、インパネにはブルーの木目調「紫檀(シタン)」柄の塗装をするなど、コーディネートセンスが抜群。

 オーラが落ち着いた大人の雰囲気の上質感だとすると、AUTECHは、お洒落でアクティブな、若々しい上質感、といったところだ。

 ノートAUTECH、ノートAUTECHクロスオーバーとも、走りに関わる足回りは、ベースのノートと(クロスオーバーの車高アップに関する違い以外は)同じ。AUTECHのシャシー担当者に聞くと、ベースのノートのポテンシャルが高く、AUTECHで手を入れる隙がなかったそう。

全長4045×全幅1700×全高1545mm、ホイールベース2580mm。ノートAUTECHと比べて、全長は35mm短く、全幅は5mm広く、全高は25mm上がっている

 クロスオーバーは、たった25mmではあるがアイポイントが上がっている分、浮遊しているような感覚がある。

 道路のつなぎ目やちょっとした段差を低速(50km/h程度)で越えるようなシーンでは、ノートAUTECHよりも、タイヤのバタつきを若干感じるが、高速走行(100km/h程度)となれば気にならなくなる。

 コーナーやワインディング、スラローム走行などでも、大きな姿勢変化をさせなければ、ノートAUTECHとの性能差はまず分からない。

 ノートAUTECHと、ノートAUTECHクロスオーバーの価格差は、3万3400円。見た目の印象は多少異なるが、それほど大きな違いのないこの2台は、どちらを選ぶかかなり悩ましいところだ。

次ページは : ノート派生車モデル 3台からどれを買う?