同じ車種なのになぜ違う? 新車の純正タイヤが実は1種類じゃない納得の理由

同じ車種なのになぜ違う? 新車の純正タイヤが実は1種類じゃない納得の理由

 なぜ新車の純正タイヤは何種類も設定されているのでしょう。しかも納車される新車に装着されてくるタイヤを指定することはできません。そのため好みのメーカーではないタイヤが装着されていることも少なくありません。

 自動車メーカーは、ほとんどの場合1台のクルマに対して複数のOE(新車装着)タイヤを設定します。タイヤを製造するメーカーが違えばタイヤの性能が違ってしまうのでは? と思われるかもしれません。なのに、なぜ数種類のタイヤを用意しているのでしょう。

 これには主に2つの理由があります。

文/斎藤聡、写真/Pirelli、Daimler、TOYOTA

【画像ギャラリー】軽なのに専用タイヤを装着している現役国産車とは?(6枚)画像ギャラリー

■新車装着タイヤが複数用意されるのは「万一の備え」

近年はOEタイヤ開発に力をいれてきたピレリ。素材などの組み合わせを複数用意し、各メーカーの車に対応できる『セミオーダーシステム』をとっている

 ひとつは、何らかの理由でタイヤメーカーが、タイヤを製造することができなくなってしまった場合の保険の意味があります。

 自動車メーカーではOEタイヤに関して“タイヤメーカーが違っても性能は同じ”という立場をとっています。これはOEタイヤがどのように作られているか、というところにも関わってくるのですが、いずれにしてもOEタイヤは複数用意されるのが一般的です。

 自動車メーカーは、あるクルマのタイヤを選定する場合、求める性能を各タイヤメーカーに示して、乗り心地、転がり抵抗、操縦性、燃費、静粛性、耐久性など、いくつもの項目を設け、その基準に合った性能のタイヤを作ってもらいます。

 やり方は自動車メーカーによって違いがあるようですが、クルマの開発とともにそのクルマ用のタイヤの開発を進めます。このタイヤをもとにクルマの性能を作り込んでいくわけです。あるいは期待するクルマの性能を実現するためにタイヤを改良していきます。

 よく知られているのは、欧州のタイヤメーカーのタイヤ開発です。ミシュラン、コンチネンタル、ピレリなどのメーカーは、自動車メーカーがプレミアムカーやスポーツカーを新たに開発するタイミングと新型タイヤのタイミングが合うと、自動車メーカーと共同開発でタイヤの開発をおこないます。

 もちろん基礎技術のブラッシュアップや、新技術・新素材の開発はタイヤメーカーで日々進められていますが、そうした新しい技術を盛り込みながら、まずは自動車メーカーのOEとして開発していくわけです。

 当然仕上がってくるタイヤは、オーダースーツのように、そのクルマのキャラクターにぴったり合った特性や味付けにチューニングされています。

 そして開発したタイヤをリプレイス(=市販)用として販売する場合は、同カテゴリーの他のクルマとのマッチングを図って、汎用性のある特性に作り直して販売するのだそうです。

■近年はメーカーから認証を受けたOEタイヤも登場

メルセデスベンツの純正タイヤ。写真のように「MO」と刻まれていることが、同社が認証したOEタイヤであることを示している

 余談ですが、ピレリはタイヤのインチアップを提唱して、長くリプレイス用タイヤに力を入れてタイヤを開発してきました。ところがここ数年はOEに力を入れています。

 現行型のピレリP-ZEROを例にとると、コンパウンドが数種類、ビードワイヤーの太さが3種類、ケース構成を数種類用意して、さまざまなクルマにOEM供給できるように作られています。実際膨大な数のクルマにOEタイヤとして採用されています。

 ピレリではこれをセミオーダーシステムと言っています。ピレリほどではないにしても、ほかのタイヤメーカーも、同じトレッドパターンでも中身は別物というタイヤを自由に作ることができるのです。

 欧州の自動車メーカーは、認証タイヤといってタイヤに刻印を入れている例が多くあります。BMWの「☆」、ポルシェの「N」、メルセデスベンツの「MO」、アウディの「AO」、「RO」などが有名です。

 これは車種ごとにおこなわれるもので、安全性や操縦性、耐久性、燃費など、非常に厳しい要求水準を満たし、自動車メーカーからOEとして認証を受けたタイヤだけが作ることを許されます。

 最近では国産メーカーでも認証の刻印をおこなっているメーカーがあります(レクサスの「L」やマツダの「MZ」など)。これはタイヤの中身が専用設計になっているということを意味しています。

次ページは : ■車のグローバル化も複数メーカーのOEタイヤが設定される要因に