小粒でもピリリとカラい!!? 小さくて速い日本の現行車 5選

ニッポンの速いクルマ選手権 小粒でピリリとカラい!! 小さくて速い日本の現行車 編

 クルマにとって大切なもの……乗り心地、デザイン、燃費……。もちろんそれらもとても大切だ。

 しかし…何か忘れちゃいませんか? そう、それは速さ。

 クルマに触れる時、コレはかなり重要。いつの時代も速いクルマには『華』があるし、速さには質の違いもあり、深掘りするとおもしろい題材だ。

 今回は「小さくて速い日本の現行車」5台をチェック!

※本稿は2021年10月のものです
文/岡本幸一郎 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年10月26日号

【画像ギャラリー】それはもはや痛快さのカタマリ!? 小さくて速いクルマ5台をギャラリーでチェック!!(15枚)画像ギャラリー

■小さいゆえの軽量も相まって驚くほどのスピード感!

トヨタ GRヤリス。もはやヤリスとは別物のホモロゲーションモデル。クラス最高クラスの性能を誇る1.6Lターボはリッターあたり170psを超えるパワーを絞り出す

 小さくて速いクルマと言えばGRヤリス。

 これはもう別格的な存在だろうが、リッターあたり170ps超を発揮する1.6Lターボは、このクラスで世界屈指の性能を誇る特別なエンジンらしく、パンチの効いた圧倒的な加速力を実現している。

スズキ スイフトスポーツ。1.4Lターボの持つ速さとトルクはスペック以上に感じさせる。作り込まれた足回りによるハンドリングの安定感も速さに貢献

 次いでスイフトスポーツ。1.4Lターボはスペック以上に速さを体感させるほどの印象的な速さを持っていて、低速トルクが力強い。

 パワフルだからなおのこと、踏み込むとあっという間にレブリミットまで吹けきってしまうのが惜しいほどだ。

 足まわりもしっかり作り込まれていてハンドリングの仕上がりも上々だ。

日産 ノートオーラNISMO。ノートに『オーラ』がついて速くなり、さらにNISMOがついてまた速くなった。速さを引き出せるe-POWERの懐の深さにも驚く

 さらにはノートオーラNISMO。

 パワートレーンは普通のノートe-POWERと同じなのに、まずオーラで速くなり、さらにNISMOは、これでもかというぐらい速くなった。

 e-POWERを極めると、ここまで速くできることに恐れ入った。

ホンダ N-ONE RS。軽自動車最強のスペックを持つエンジンを6速MTで回す。これで速くならないほうがおかしいというものだ

 軽自動車では、N-ONE RSを挙げたい。

 価格には割高感がなくもないが、エンジンスペックが軽最強を誇り、それを6速MTを操って楽しむことができるのがポイントだ。

 そしてコペン。こちらも軽自動車としては価格は安くはないものの、ダイハツ渾身のスポーツカーらしく各部が作り込まれていて、エンジンも速さを体感できるように味付けされている。

 GRスポーツの存在にも注目だ。

ダイハツ コペン。製造工程での最終調整は熟練工が手作業で行うなど、ダイハツ渾身のスポーツモデル。トヨタとのコラボモデル『コペン GR SPORT』がOEM供給されている
【画像ギャラリー】それはもはや痛快さのカタマリ!? 小さくて速いクルマ5台をギャラリーでチェック!!(15枚)画像ギャラリー