「ランクル」モチーフの粋な本格オフローダー! トヨタ FJクルーザー消滅の背景

ランクル「じゃないほう」の本格オフローダー! トヨタ FJクルーザー消滅の背景

 毎年、さまざまな新車が華々しくデビューを飾るその影で、ひっそりと姿を消す車もある。

 時代の先を行き過ぎた車、当初は好調だったものの、市場の変化でユーザーの支持を失った車など、消えゆく車の事情はさまざま。

 しかし、こうした生産終了車の果敢なチャレンジのうえに、現在の成功したモデルの数々があるといっても過言ではありません。

 訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回はトヨタ FJクルーザー(2006-2018)をご紹介します。

文/伊達軍曹 写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】2003年のコンセプトモデルも!!! トヨタ FJクルーザーをギャラリーで見る(26枚)画像ギャラリー

■北米での人気を受け日本でも発売開始となった本格オフローダー

 トヨタが、そもそもは北米向けに投入した(北米では)ミドルサイズのSUV。

 しかしSUVとはいえラダーフレーム構造のボディや車軸式リアサスペンション、パートタイム4WDなどを採用する本格オフローダーであり、往年の「ランドクルーザーFJ40」をイメージしたレトロなスタイルもウケて、彼の地でスマッシュヒットを記録。

 そして北米仕様の逆輸入車が日本でも人気となったことで、2010年12月からは日本市場でも販売を開始。

 一部で大人気となったものの、彼の地のミドルサイズも日本の道では「大きすぎる」とされる場合が多く、また4Lガソリンエンジンがもたらす凶悪な(?)燃料代も敬遠されたか、2018年1月には生産終了となってしまった、スタイリッシュなニクい奴。

 それがトヨタ FJクルーザーです。

 トヨタ FJクルーザーは「レトロなデザインをまとった北米市場専用の中型SUV」として開発され、2003年のデトロイト・オートショーにまずはコンセプトカーとして出品されました。

 その後2005年には最終的な量産型が出品され、2006年モデルから北米で販売開始となったFJクルーザーは、そのしゃれたデザインと確かな走り、その割には決して高くはない車両プライスから、北米における人気SUVのひとつとなりました。

トヨタ FJクルーザー(2006年)。丸目のヘッドランプ、フロントグリルの中央に輝くTOYOTAエンブレム、そしてホワイトルーフは名車FJ40型ランドクルーザーをオマージュしたもの
FJ40型ランドクルーザー。1960年にデビューしモデル改良を受けながら70系がデビューする1984年まで生産された

 そしてそのまま北米専用車としての販売が続きましたが、その逆輸入車が日本のSUV愛好家の間でも人気となっていたことから、トヨタは日本市場への投入を決定。2010年11月25日に日本導入が正式発表され、同年12月4日に販売開始となりました。

 北米生産車に見えて、実は最初から日野自動車の羽村工場で作られていたFJクルーザーは「ランドクルーザープラド」をベースとし、ラダーフレーム構造やサスペンションなどの基本部分を踏襲。

 一見する限りでは2ドア風のボディは観音開きのドアを採用しており、ボディサイズは全長4635mm×全幅1905mm×全高1840mmと、プラドよりひとまわり小さく(※全幅はFJクルーザーのほうが広い)、ホイールベースも100mm短いプロポーションでした。

「オフロードにおける運動性能を念頭に置き、ショートオーバーハング、ショートホイールベースのディメンションを採用した」とトヨタが言うFJクルーザーのアプローチアングルは34度で、ディパーチャーアングル27度、ランプブレークオーバーアングルが28.5度。

 駆動方式はパートタイム4WDで、シフトレバー横には後輪駆動(H2)、4輪駆動(H4)、ローレンジの4輪駆動(L4)を切り替える「トランスファーレバー」が備わっています。

リアビュー(2006年)

 日本仕様の搭載エンジンは最高出力276ps/最大トルク38.8kgmの4L V6DOHC「1GR-FE」で、組み合わされるトランスミッションは5速AT。

 発売当初の車両価格はベースグレードが314万円で、ドアトリムがボディ同色になる「カラーパッケージ」が324万円、リアデフロックが標準装備される「オフロードパッケージ」が332万円でした。

 そんなFJクルーザーは2013年11月に北米仕様の生産終了が決定し、2015年から2016年にかけては日本仕様も「生産終了か?」という噂が何度も流れたのですが、そのたびに不死鳥のごとく(?)生産と販売が続行されました。

 しかし2018年1月、今度こそトヨタ FJクルーザーは本当に生産終了となってしまったのです。

■FJクルーザーが生産終了となった「根本的な」理由

 その本格的なオフローダーとしての資質に加え、「非常にしゃれたデザインの粋なSUV」として一部で人気を博していたトヨタ FJクルーザーが、2代目へと進化することなく生産終了となった理由。

 それは、ひとつひとつ言えば「全幅1905mmは、さすがに日本の道ではデカすぎた」「JC08モードでも8.0km/Lしか走らない4Lガソリンエンジンは、燃料代的に正直キツかった」「ドアミラーが自動開閉式ではない」「その他の装備も、車両価格の割に正直ショボい」といったあたりになるのでしょう。

 それらはいちいちそのとおりでごもっともなのですが、筆者としてはもう少し根本的な理由が、FJクルーザーを廃番へ追い込んだのではないかと見ています。

 北米市場のことはわかりませんが、少なくとも日本市場でトヨタ FJクルーザーが廃番となり、2代目が出なかった理由は「日本人が全般的に貧乏になったから」なのでしょう。

 人間というのは、お金がたくさんあれば1905mmの全幅はあまり気になりません。燃費の悪さも、装備のショボさ(シンプルさ)も気になりません。いや「気にならない」ということもないのですが、「ま、いいか」とも思えるのです。

2017年の「FINAL EDITION」

 特にそれがFJクルーザーのようにスーパーおしゃれなデザインとたたずまいを有していれば、そのおしゃれっぷりと“粋”に免じて許すことができるのです。

 しかしお金に余裕がなくなってくると、人間は途端に現実的になり、非合理的なもの=無駄の存在が許せなくなってきます。それを持つことを不安に感じ始めます。

 いくらFJクルーザーのデザインとたたずまいが超絶素晴らしかったとしても、「でも車幅が広すぎて、乗る機会がないしなぁ……」とか、「でも燃料代がちょっとアレだからなぁ……」といったセコい(?)思考になってくるのです。

 もちろんその思考(現実的な懸念)はお金がたくさんあったときから頭のどこかにはあるわけですが、貧乏になると、その懸念が脳内でメキメキと顕在化し、「こんな役に立たない車、買うべきじゃないよな……」という結論に達するのです。

 経済協力開発機構(OECD)によれば、この30年で米国の平均賃金は47.4%増え、英国も44.2%増で、ドイツでも平均賃金は33.7%増加しています。

 それに対して日本はこの30年間で4.4%しか増えない体たらくであったことが、トヨタ FJクルーザーという「粋だけど、いろいろな手間とお金がかかるSUV」を殺したのではないかと、筆者は見ているのです。

■トヨタ FJクルーザー主要諸元
・全長×全幅×全高:4635mm×1905mm×1840mm
・ホイールベース:2690mm
・車重:1940kg
・エンジン:V型6気筒DOHC、3955cc
・最高出力:276ps/5600rpm
・最大トルク:38.8kgm/4400rpm
・燃費:8.0km/L(JC08モード)
・価格:334万2857円(2014年式 カラーパッケージ)

【画像ギャラリー】2003年のコンセプトモデルも!!! トヨタ FJクルーザーをギャラリーで見る(26枚)画像ギャラリー