新型ヴォクシー対セレナ対ステップワゴン 一斉に刷新!! 新王者の行方

ミニバン最激戦区一斉に刷新!! 新型ヴォクシー対セレナ対ステップワゴン 新王者の行方

 国産3大メーカーのミドルクラスミニバン、トヨタ「ノア/ヴォクシー」、日産「セレナ」、ホンダ「ステップワゴン」が、それぞれ、そろそろフルモデルチェンジのタイミングだ。

 ミドルクラスミニバンは、2018年と2019年の2年連続で、セレナが登録台数トップを獲得。しかし、2020年はヴォクシーがトップに、2021年も、このままのペースで行くとヴォクシーがナンバーワンとなる見込みだ。

 来年2022年から2023年にかけて、続々とフルモデルチェンジを迎えると思われる、ノア/ヴォクシー、セレナ、ステップワゴン。この2Lクラスのミドルクラスミニバンそれぞれの長所と短所を振り返りつつ、フルモデルチェンジで期待することを挙げていく。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、HONDA、NISSAN

【画像ギャラリー】群雄割拠のミドルクラスミニバン 「ノア/ヴォクシー」 「セレナ」 「ステップワゴン」の最新モデルを詳しく!!(47枚)画像ギャラリー

過去10年はヴォクシーとセレナの熾烈な戦いが続いている

 「SUV全盛」といわれる時代にあっても、根強い人気のあるミニバンカテゴリ。なかでもミドルクラスミニバンは、手ごろなサイズと価格で、強固な需要のあるジャンルだ。

 ブームに火をつけたホンダ「ステップワゴン」、安定した人気のある日産「セレナ」、兄弟車で完璧な包囲網を作ったトヨタ「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」の5車種が、これまでしのぎを削ってきた(エスクァイアは、2021年12月上旬で生産終了が発表されている)。

 2010年以降の登録台数を比較すると、2010年はステップワゴンがかろうじてトップを獲得するが、2010年11月にモデルチェンジした先代のC26型セレナが、2011年~2013年に渡り他を寄せ付けない強さを誇る。

 だが、現行である80系ノア/ヴォクシーが出た2014年からは、ヴォクシーがトップに。セレナが現行であるC27型へとフルモデルチェンジをした2016年も、セレナはヴォクシーには追いつくことができずにいた。

 ハイブリッドが求められる時代に、セレナのS-HYBRID(マイルドハイブリッド)では、トヨタのTHS-IIには敵わなかった、というのが要因だろう。だが、e-POWERが追加された2018年3月以降、セレナは息を吹き返し、2018年のミニバン販売台数トップを達成、2019年もトップを守ったが、2020年にはヴォクシーが僅差で首位奪還を果たした、という状況。

 冒頭で触れたように、これまでの動きを見ると、2021年もヴォクシーがナンバーワンとなる可能性が高い。

セレナe-POWERがデビューした2017年の翌年から、セレナが2年連続でミニバン登録台数ナンバー1を獲得。だが2020年は、再びヴォクシーがミドルクラスミニバンナンバー1に返り咲いた

セレナは、ノートのような質感高いインテリアが急務!!

 現行C27型セレナの人気を引き上げたのは「e-POWER」であることは間違いない。発電用の1.2リットル3気筒エンジンと、最大出力136ps、32.6kgf・mを誇るモーターで、重たいボディを力強く駆動する。また、現在は当たり前となった装備ではあるが、2017年にプロパイロットがいち早く搭載されたのがセレナだった。

 全高と全長は、3車の中で最も大きく、特に、エルグランド(1300mm)よりも高い室内高(1400mm)による使い勝手の良さは、セレナの大きな魅力のひとつだ。エルグランドが放置されているため、セレナに流れてくる顧客もいるのではないだろうか。

 車体の遮音性能が高く、e-POWERの発電時エンジン音も静かに抑えられており、ロードノイズも静かで、ワンクラス上位のミニバンのような乗り味だ。また、2019年8月のマイチェンで行われたフェイスリフトも功を奏した。特にハイウェイスターは、トヨタの大型ミニバンのような「オラオラ顔」に進化し、押し出しの強さが増したことも魅力アップにつながった。

 先進性を謡いながら、生まれながらの魅力である使い勝手もアピールしたことで、ミドルクラスミニバントップに返り咲くことができたのだろう。

 だがそれから2年、アリアやノート、フェアレディZなど、日産の他の商品たちが一気に世代交代をし始めたことで、セレナは日産車のなかで、新鮮味がなくなってきている。なかでも、インテリアの質感が課題だ。

 インテリアの質感はこれまで、日産車共通の弱点であったが、2020年末に登場したノートを皮切りにぐっと良くなり、高級感を増している。FMCサイクルだと2023年初頭が次期型の登場タイミングとなる。だが、競争力維持のためには、それよりも早いタイミングでブラッシュアップが必要なのでは、と考える。

次ページは : 一本化でもデザインで成功できるか!? ノア/ヴォクシー