日産の名門フーガ 現行型はもう12年 流転の運命と再生の可能性

日産の名門フーガ 現行型はもう12年 もはや役目は終えたのか…流転の運命と再生の可能性

 セドリック/グロリアの系譜を継ぐドライバーズカーとして、2004年に華々しく登場した、日産「フーガ」。しかし現在のフーガは、デビュー当時の華々しさから一転、12年もフルモデルチェンジをされずに放置されており、販売台数も細々、と無残な状況。

 もちろん、12年間、何もやってこなかったわけではなく、今日に至るまで、フェイスリフトや先進安全装備のアップデートなどの小改良は行われてきた。しかし、インテリアデザインなどの基本設計の古さは否めず、定期的にフルモデルチェンジを行っているライバルメーカーとの戦闘力の差は広がるばかりだ。

 名門出身でありながら、無様な状況のまま放置されてしまっているフーガ。フーガがこれまで辿ってきた道を振り返りつつ、フーガの今後について考えていく。

文:吉川賢一
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】日本が誇る高級サルーン 日産セドリック/グロリアそして、フーガの歴代モデルを振り返る(37枚)画像ギャラリー

まずまずの成功を収めた初代、「世界最速の市販ハイブリッド」の名誉を得た2代目

 まずは、これまでの「フーガ」がどんなクルマであったのか、振り返ってみよう。

 1980年代に華々しく活躍した、高級ミドルクラスセダン兄弟「セドリック」と「グロリア」のポジションを継ぎ、2004年10月に発売された、初代「フーガ(Y50型)」。2001年に登場したV35型スカイラインと同じく、フロントミッドシップにエンジンを縦置き配置する「フロントミッドシップパッケージ」(FMパッケージ)を採用したFR-Lプラットフォームと、緻密に計算された重量配分をもつ、ドライバーズセダンとして登場した。

 BMWの5シリーズをターゲットにして開発された初代フーガは、抜群の走行性能をもち、快適性も上々、インテリアも質感が高く、新世代の高級スポーティセダンとして、まずまずの成功を収める

 エンジンは、4.5L V型8気筒 のVK45DE(333ps)と、3.5L V型6気筒のVQ35DE(280ps)、2.5L V6のVQ25DE(210ps)の3種類、マニュアルモード付5速ATとの組み合わせであった。よりスポーティな路線の「450GT」「350GT」「250GT」と、よりラグジュアリーを狙った「350XV」と「250XV」のグレード構成を持ち、GTには、19インチのタイヤ&ホイールも設定された。

 2004年当時は、高級セダンに19インチのタイヤホイールを装着した事例は珍しく、この初代フーガを皮切りとして、他の高級車メーカーも追従していったという記憶がある。また、それまでのセドグロ路線とは異なる、若々しいデザインもよく似合っていた。

 この初代フーガは、北米インフィニティのラージFRセダン「M(2014年にQ70と名称変更)」とモデル共用。「M」が北米の若くして成功した顧客に向けのモデルであるため、若々しいデザインが採用されていたのだ。

初代フーガは、スポーティな路線の「450GT」 「350GT」 「250GT」と、よりラグジュアリーを狙った「350XV」と「250XV」の5グレード構成であった

 現行である2代目フーガ(Y51型)は、2009年11月に登場。初代同様に、BMW5シリーズを開発目標に掲げ、Lクラス級の巨大なボディを持ちながらも、徹底的にハンドリングにこだわり、日産お得意の後輪操舵システムと、フロントアクティブステアを組み合わせた「4WAS(4輪アクティブステア)」も継承する、生粋のハイパフォーマンス・スポーツセダンとして登場した。

 当初、国内仕様には2.5LのV6と、排気量を200ccアップした3.7LのV6、という2基を設定していたが、その1年後の2010年11月、3.5Lエンジン+1モーター2クラッチ方式のハイブリッドシステムを搭載した「フーガHYBRID」を追加。

 このハイブリッド仕様のパフォーマンスは、2012年当時、0-400m加速で、ポルシェパナメーラのタイムに勝利し、「世界最速の市販ハイブリッド」という名誉を獲得している(タイム13秒9031は当時のギネス世界記録に認定)。ちなみに北米インフィニティには、5.6L V8エンジンを搭載した「M56」という、胸アツなモデルもあった。

現行である2代目(Y51)フーガ。当初、国内仕様には2.5LのV6と、排気量を200ccアップした3.7LのV6、という2基を設定していたが、その1年後の2010年11月、「フーガHYBRID」が追加された

日産の方針に翻弄されてしまった名門

 生粋のハイパフォーマンスセダンとして、その実力は確かなフーガだが、販売は振るわず。日産はそんなフーガに、エクステリアデザインを大幅刷新した2015年のマイナーチェンジで、INFINITI(インフィニティ)エンブレムを与えた。

 前年にデビューしたV37型スカイラインと合わせてのことだった。トヨタの高級車ブランド「レクサス」が日本で開業となったのが2005年のこと。フーガ初代モデル発売の翌年だ。初代フーガ発売以降、下降線をたどり続ける販売台数のなかで、インフィニティバッヂによってフーガにレクサスのようなステータス性をもたせ、それによる販売台数の向上を図ったのだろう。

 しかし、インフィニティに憧れを持っていた日本人は、ごく一部の日産ファンのみ。2019年12月の改良により、再び日産エンブレムへと戻された。この「迷走」ぶりは、ハイパフォーマンスな高級スポーツセダンであるフーガにとっては、かえってステータスに傷をつける出来事となってしまった。

 現在12年目に突入している、現行の2代目フーガ。2度のビッグマイナーチェンジを受けてはいるが、古さは否めず、フーガのインフィニティ版「Q70」は、すでに2019年末に販売終了となっている。インフィニティも、QX55そしてQX60と、立て続けにクロスオーバーやSUVのモデル更新をしているが、セダンモデルの更新の話は一向に聞こえてこない。

北米インフィニティのラインアップは、セダンのQ50、クーペのQ60、SUVのQX50、QX55、Q60、そしてフルサイズSUVのQX80の6車種。写真は2021年6月にフルモデルチェンジした新型のQX60

次ページは : 「ラグジュアリーEVセダン」を目指してはどうか