トップグレードばかりがいいワケじゃない! 選ぶ意義のある「2番手、3番手グレード」!!


 クルマを見る際や実際に選ぶ際には、トップグレードに目が行きがちなのはある意味当然である。しかし、用途による向き不向きだけでなく、総合的に見ても「2番手、3番手のグレードのほうがいい」ということも少なくない。ここではそんな「胸を張って選べる2番手、3番手グレード」を過去のものを中心に現在あるものも含めピックアップしてみた。

文/永田恵一写真/日産、AUTECH、トヨタ、三菱、スバル、平野 学

【画像ギャラリー】意外な掘り出し物かも!? トップグレードでなくてもいいクルマ大集合!!(12枚)画像ギャラリー

■4WDのGT-RよりFRのGTS-tタイプMにも選ぶ意味があった!

●R32型スカイラインGTS-tタイプM
 1989年登場のR32型スカイラインはスカイラインらしいスポーツ性を取り戻したのに加え、その象徴として17年ぶりにGT-Rが復活したモデルだったこともあり、GT-Rへの注目は非常に高かった。R32型スカイラインGT-Rは日本最強というだけでなく、当時のグループAレース制覇を目的に開発されたモデルだったこともあり、その性能やエンジンをはじめとしたチューニングした際の伸びしろなども考えると、当時の約450万円という価格もリーズナブルに感じられた。

R32スカイラインは当時の日産が展開した901活動に基づき走行性能を徹底的に磨き上げたクルマだった。それゆえ、GT-Rでなくともすべてのグレードが非常にレベルの高い走りを実現していた。写真は後期型

 しかし、R32型スカイラインGT-Rは速いクルマだっただけに性能の持て余し感や、4WDということもあり、フロントの重さによる限界域での強いアンダーステアなど、誰もが楽しめるスポーツモデルとは言い切れないのも事実だった。

前期型のリアスタイル。発売当初から完成度がずば抜けて高かったR32。モデルを通じて変更点が極めて少なかった。しかし901活動終了後の日産車が抱える混迷を誰も想像しなかっただろう

 その意味では基準車となるFR系で最強となる、2L直6ターボを搭載するGTS-tタイプMは充分な速さとGT-R以上のコントロール性を備えるなど、楽しいクルマに仕上がっていた。それでいて価格はエアコン付きで当時約260万円とリーズナブルで、胸を張って選べる2番手グレードの代表的な存在だった。

AE86の再来と言われたモデルにもエレガントに走るグレードがあった

●アルテッツァAS200
 アルテッツァはプログレや2代目アリストと共通のプラットフォームを使うスポーツセダンとして、98年に登場。アルテッツァは登場前には「AE86の再来」と期待され、最強モデルとなるRS200は、6速MT車で210psとなる2L4気筒NAを搭載した。

 だが、アルテッツァRS200は車重が1400kg近くとパワーに対して車重が重かったことなどもあり、スポーツモデルらしいピリリとしたところに欠けていたのも否めなかった。

アルテッツァ。走りの「RS」のイメージ先行しがちだが、海外では初代レクサスISとして販売されていたこともあり、 小型高級セダンとして認知されていた

 しかし、アルテッツァには2L直6NAを搭載した2番手グレードとなるAS200もラインナップされていた。アルテッツァAS200は160psということもあり、絶対的な速さはRS200に及ばなかったが、その代わり6気筒エンジンのフィーリングを含め全体的に上質なクルマに仕上がっており、「速さを求めない、サーキットなどのスポーツ走行をしない」という人にはピッタリのモデルだった。

 ただ、ひとつの難点は6速MT車の設定がないことだったが、それも00年のマイナーチェンジでの追加で解決され、アルテッツァAS200に乗っている人の満足度は密かに高かったようだ。

次ページは : ■S15オーテックはターボ仕様とは異なる走りの楽しさが詰まっていた