【シルビア、スープラ…】青春時代に心が躍ったスペシャルティカー5選

 今につながる「スペシャルティカー」のジャンルを生み出したのは、フォードのマスタングだ。これ以降、時代を先取りしたスタイリッシュなルックスと優雅な味わいの2ドアクーペが、スペシャルティカーと呼ばれるようになる。

 日本では1970年代から流行した。特長的なのは、目を引くファッション性の高さに加え、優れた走りの性能も要求されることである。

 このスペシャルティカーが、デートカーとして大ヒットしたのは1980年代だ。バブル期の80年台後半に頂点を極め、ミニバンやクロスオーバーSUVが台頭する直前の90年台前半まで、我が世の春を謳歌した。

 今では絶滅危惧種になっている。だが、チャンスがあるなら、もう一度乗ってみたいと思う魅惑のスペシャルティカーを5車種を選んでみた。

文/片岡英明
写真/HONDA、NISSAN、MAZDA、TOYOTA、SUBARU

【画像ギャラリー】ほかにもあった、青春時代に心躍らせたスペシャリティカーたち


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ