新型レクサス RXは2022年登場予定!! 期待大なデザインと性能は…


 2021年10月7日、レクサス「新型NX」が発売となった。そして、そのちょうど一週間後となる14日、今度はフラグシップSUVである「新型LX」を発表と、2021年10月は、レクサスSUVの動向が活発な月だった。

 レクサスにはほかに、エントリーラグジュアリーSUVである「UX」、そしてレクサスの最量販SUVである「RX」という、ふたつのSUVがあるが、このうちRXの現行モデルは2015年の登場であり、そろそろフルモデルチェンジのタイミングだ。

 次期型RXはどのような姿になるのか、新型NXや新型LXから、次期型RXの姿を想像してみよう。

文:吉川賢一
写真:LEXUS

【画像ギャラリー】買うならどれ!? 国産ラグジュアリーSUVの最高峰 レクサスのSUVフルラインアップを写真でみる(32枚)画像ギャラリー

現行RXの弱点は次期型でも改善されない!?


 冒頭で触れたように、現行RXが登場したのは、2015年10月。ちょうど6年目を越えたタイミングだ。現行RXのボディサイズは、4890×1895×1710(全長×全幅×全高)mm、ホイールベース2790mm。2017年12月のマイチェンでは、リアオーバーハングを110mm延長して3列目シートを追加したRX450hLも登場している。

 このボディサイズをうまく生かした、シャープでダイナミックなエクステリアデザインは、現行RXの強みだ。次期型RXも同等のサイズでやってくるのは間違いないが、広いとはいえない日本の道路事情を考えると、RXの最小回転半径5.9m(FF、AWD共通)、というのはかなり厳しい。

 この5.9mというのは、なんと2021年6月に登場した、現行300系ランクルと同じ。狭い駐車場などでは、取り回しに苦労することになる。現行RXを所有するならば、この点は覚悟しなければならない。

 長めのホイールベースや、径の大きなタイヤがタイヤハウス内部で干渉するため、タイヤ切れ角を止めていることが原因と思われるが、レクサスがこの辺りをきちんと対策してくるのか、ワイドボディなら当たり前だとして済ますのかは、ちょっと注目している。

 ただ、NXも、先代は5.6m(18インチ)だったのに対し、新型では5.8メートルと、現行RXに近い数値まで悪化していることを考えると、レクサスは小回り性能に関しては重視して可能性もあるため、次期型RXでも、小回り性能は期待できないかもしれない。

LX、RX、NX、UXといったラインアップで、見事にボディサイズのヒエラルキーが構築されている。おそらく、次期型RXは、現行のサイズからほとんど変えずに登場すると予測

「LF-1 Limitless」を目指してほしい!!

 エクステリアに関しては、細部の修正で磨き込んだ新型NX、モダンでスタイリッシュに進化した新型LX、どちらも堅実な意匠変更であったことを考えると、次期型RXも、現行型のキープコンセプト路線をなぞると思われる。

 L字ラインの入ったLEDヘッドライト、スピンドルグリル、バンパーサイドのエアインテーク、フェンダー周辺の処理など、レクサス共通の意匠は、もちろん継承してくるはずだ。

 ただ、レクサス最量販SUVであるRXには、2018年に登場したコンセプトカー「LF-1 Limitless」くらい、クロスオーバーSUVを突き詰めたボディスタイルで「アッ」と言わせてほしい、と思う。

2018年に登場した、レクサスのコンセプトカー「LF-1 Limitless」。ポルシェカイエンやランボルギーニウルスといった、名だたるラグジュアリーSUVと戦うことを目指している、という

次ページは : タッチディスプレイとアナログスイッチの共存は必須