悲運の個性派スポーツカー三菱エクリプス 時代に乗り遅れた名車が辿った軌跡

悲運の個性派スポーツカー三菱エクリプス 時代に乗り遅れた名車が辿った軌跡

 三菱「エクリプス」というクルマをご存知だろうか。三菱自動車と米国のクライスラー社が共同出資して設立した「ダイヤモンドスターモーターズ(以下DSM)」社が、かつて生産していたスポーツクーペ・コンバーチブルだ。初代〜3代目までは日本にも輸入されており、また、映画「ワイルド・スピード」でフィーチャーされたことで知った方も多いだろう。

 三菱のスペシャルティモデル「エクリプス」とはどんなクルマだったのか、振り返ってみよう。

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:MITSUBISHI、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】ギャランGTOからエクリプスまで!! 懐かしの三菱スポーティクーペの歴史を写真で振り返る(26枚)画像ギャラリー

「スタリオン」の後継モデルとして開発

 初代エクリプスは、80年代の三菱を代表するスポーツカー「スタリオン」の後継モデルとしてDSM社が開発、1989年に北米で発売された。

 全長4340mm×全幅1690mm×全高1305mmと5ナンバーサイズのコンパクトなボディに、リトラクタブル・ヘッドライトのスポーティなクーペデザインが与えられたエクリプス。北米市場をターゲットにしているだけに、ポンティアック・ファイアーバードなどのポニーカー(日本で言うスペシャルティカー)を小さくしたような、存在感のあるスタイリングで登場した。

 日本に輸入されたのは1990年。4G63型2.0L 直4DOHCガソリンNAを搭載した「GS」と、同ターボにフルタイム4WDを組み合わせた「GSR-4」が導入された。ターボ車の最高出力は147kW(200ps)/6000rpm、最大トルクは274.6Nm(28.0kgm)/3000rpmというスペックで、北米仕様そのままに左ハンドルのみというラインアップで登場。姉妹車として、クライスラーのブランド、プリムスの「レーザー」というモデルも登場した。

 日本の自動車メーカーであるとはいえ、北米で開発・生産されたスポーツクーペが、「ポン」と輸入されるなんてことは現在であれば考えにくいこと。バブル絶頂期ならではの出来事だったといえるだろう。

上段が初代エクリプス、下段がプリムス・レーザー。レーザーは初代のみで消滅してしまった

「ワイスピ」で広く知られた2代目・3代目

 北米では1994年、日本では1995年に2代目が登場。プラットフォームは初代と同じであるものの、スタイリングは、全体的に丸みを帯びたデザインとなり、ヘッドライトも、リトラクタブル・ヘッドライトから固定式へと変わった。ボディサイズも全長4395mm×全幅1745mm×全高1295mmとやや大きくなった。

 搭載されるエンジンは初代同様4G63で、ターボのみのモノグレード設定となるが、最高出力は169kW(230ps)/6000rpm、最大トルクは389.3Nm(29.5kgm)/2500rpmに引き上げられている。駆動方式はFFのみ、5速MTもしくは4速ATとの組み合わせだ。

 1996年には、4シーターのコンバーチブル「スパイダー」も登場。オープントップは、ボタンひとつで、しかも10秒程度で開閉が可能だった。

2代目エクリプス。ボディサイズが大きくなり、丸みを帯びたスタイリングとなる

 その後、1999年に3代目のクーペモデルが北米で登場するも、すぐに日本に輸入されることはなかった。日本に輸入されたのは2004年のこと。2000年に登場したスパイダーのみを、ランプなど灯火類や排出ガスの仕様を日本の法規に適合させ(ハンドルは左のまま)てのことだった。

 ボディサイズは全長4515mm×全幅1760mm×全高1355mmと、2代目よりさらにサイズアップ。エンジンは3.0L V6SOHCの6G72型を搭載し、最高出力は144kW(196ps)/5750rpm、最大トルクは267Nm(27.2kgm)/4250rpmというスペック。4シーターオープンモデル、FFで4速ATのみの設定だ。

 初代や2代目とは違い、V6エンジンが搭載されボディもサイズアップ、デザインもモダンになったことによって、全体的な印象が大きく変わり、ヨーロッパのプレミアムGTカーのようなテイストが感じられる。ターボではないので、走りも穏やかで優雅な性格になった。

 この2代目と3代目エクリプスは、映画「ワイルド・スピード」の第1作目と2作目に、それぞれチューンドカーとして登場している。北米での人気はもちろん、日本でもエクリプスが広く知られるきっかけとなった。

2004年に発売された3代目エクリプス。日本にはオープンモデルの「スパイダー」のみ導入された

次ページは : 4代目は日本に輸入されず そして生産終了

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ