名門RVどこにいく!? 三菱魂がつまったRVRの誤算と可能性

名門RVどこにいく!? 三菱魂がつまったRVRの誤算と可能性

 三菱自動車RVRが販売不調らしい。確かに筆者の住む東京では見かけることは少ない気がする。

 今年の夏に、衝突被害軽減ブレーキシステムや 前進時の誤発進抑制機能、車線逸脱警報システム、オートマチックハイビームなどの安全装備などを充実させて「一部改良」がされたのだが、それをご存知の方も少ないだろう。

 いやもっといえば、2019年の夏に大幅な「顔面改良」が施され、かなりのイケメンになったのだが、いかんせん街で見かける機会も少ないので気付いてないヒトも多いような気がする。グローバルでは好調なRVRなのだが、三菱の本国である日本市場では名車「RVR」の灯が消えかねない。

 そこで今日は三菱車マニアの筆者からの応援メッセージを贈る。

文/池之平昌信、写真/MITSUBISHI

【画像ギャラリー】ランエボと同型エンジンを積んだSUV!? 三菱 初代RVR『スポーツギア』を見る(5枚)画像ギャラリー

■三菱の名車「RVR」を語る……前に

三菱 RVR。2019年にフロントデザインを大きく変えイメージチェンジをはたした

 唐突だが「重い戦車と軽い戦車」のハナシを聞いたことがないだろうか?

 重い戦車は厚い鉄板で充分な装甲を備え、敵の攻撃に耐える性能が高い。それに比べ軽い戦車は撃たれ弱いがフットワークが良いので敵に近づき攻撃ができる。

 火力(大砲)の性能が同じだとして、もしあなたが選べるとしたら、どっちの戦車に乗りますか?

 戦争のハナシはきつい? では、多少壊れる可能性が高いけど軽いカメラと、重いけど頑丈なカメラだったら?

 モータースポーツにおいて、速いけどリタイヤも多いマシンと、ちょっと遅いけど完走率の高いマシンだったら?

2代目RVRのバリエーション『スポーツギア』。ランエボと同型エンジンを積んだ「狂気のSUV」といった存在だ

 筆者の本業はカメラマン。しかもスタジオは皆無でアウトドアでの撮影が多い。カメラの故障ばっかりはどうにもならないので常に2台以上を現場に持ち込む。

 だが、極限の現場では1台しか持って行けないし、予備を持つことは足かせになってしまう。つまり「信頼性」を第一にカメラを選ばねばならないのだ。

 この際「ベストカー」では、はっきり言っちゃおう! 自分のカメラはニコンだ! 別にキヤノンが壊れやすいと言ってるわけではないので誤解しないでくださいね。ちなみにニコンのカメラとレンズは同等ライバル品より、重く、大きく、高価であるというのが定説です。

写真はパジェロだが実は著者が撮影に使うニコンは三菱グループだったりすることもここで紹介しておこう

 だが、最近のカメラはどんどん進化して、雨や埃の中で酷使しても故障することが減ってきた。もはや、そこにニコンとキヤノンの差はないのかもしれない。

 クルマもそんな感じじゃなかろうか。

 性能差が拮抗して個性の差が減ってきて、どうも世の中は、軽くて、華やかで、口のうまいヒト(宣伝上手)やモノになびいている気がする。

■カタログに現れない部分にRVRの良さがある

ハイブリッドではないうえに車重も重いのでライバルと比較して燃費の面では不利だが、RVRの魅力はカタログスペックには表れない部分にあるのだ

 前置きがかなり長くなった。ハナシはRVRだ。

 ハイブリッドでもない、1.8LのSOHCエンジン。

 4WDどうし比べてみても、売れ行き好調のホンダ・ヴェゼルよりけっこう重い。よってカタログ燃費性能も負けてしまう。デザインは好みなのでなんとも言えないが、決して負けていない気はする。最低地上高は互角。むむむ、カタログ性能を比較しだすとRVR形勢不利か。

 そう、筆者が言いたいのは、モノ選びはカタログ性能だけじゃないですよ! ってことなのだ。実際に乗ってみて、しっくりくる、落ち着く、飽きが来ない、という観点でもモノを見て欲しい、ということ。

 なかなかおもてに出てこない比較テストの情報をココにたれこむ。私有地内雪上定常円旋回テストを各社の四駆SUVで敢行。同じようにグルグル(1、2分程度)廻っていたら、有名2社のSUVは「リアデフの異常」警告ランプがつき、休憩を余儀なくさせられた。(休んだら治りました)

 だが三菱車は最後まで元気よくビンビンに走っていたのだ。そのことをある三菱自動車の技術者に話したら「うちのデフ容量は他メーカーより余裕ありますからね。フフフ」とさらりと言われた。

 これこそがカタログには出てこない性能なんだ! と実感した瞬間だった。普通の街の中では不要と思われるような性能にまで気を配って作られているのか?雪山や砂浜などでいざ脱出しなきゃならない時、そのAWDは頼りになるのか?

 「いやいやそんなことはまずありえないケースなんだから燃費がいいほうがいいよ」と考えるのか、それはあなた次第だ。

 ただ、デリカD:5にもアウトランダーにもエクリプスクロスにも、もちろんRVRにもその社内基準を満たしたAWDが搭載されていることは間違いない。

 PHEV、ハイブリッドといった「飛び道具」はもっていないRVRは地味な存在だが、その分けっこうお求めやすい価格で手に入るはず。

 そして、もし次期RVRを妄想することが許されるのなら、かわいい丸目ライトでジープ調のSUVを期待したい。それでいて中身は現代的PHEVならエクリプスクロスとも差別化できるのではないだろうか?

 とにもかくにも現在は宣伝もあまりされていない実直なこのSUVにも皆様の注目がもう少し集まりますよう祈ります。

【画像ギャラリー】ランエボと同型エンジンを積んだSUV!? 三菱 初代RVR『スポーツギア』を見る(5枚)画像ギャラリー