「スイフトクロス」開発中!?? 日産とホンダも参戦!! 超コンパクトSUV戦国時代が到来する!!

20211126_P007-012_U4000mm_SUV_11

 先週、トヨタ・レクサスが欧州で展開するAセグメントSUV「アイゴクロス」のレクサス版を開発・国内へ投入という記事を配信したばかり(17日)だが、なんとこの動きに他のメーカーも追随しそうだという情報が入ってきた!

 軽とコンパクトカーの間に位置する、全長4000mm以下のSUVの時代が来るのか? いまわかっていることをすべてお届け!

※本稿は2021年10月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年11月26日号

【画像ギャラリー】ホンダ&日産&三菱&スズキも参戦!!! 日本にも「全長4000mm以下のSUV」の波が来る???(9枚)画像ギャラリー

■電動化へ向かうホンダだが……

 2021年ホンダは10月13日、中国でのEV戦略を発表した。その概要は以下のとおり。

・来春、ミッドサイズSUVのEVを中国市場で発売する。
・新たなEVブランドとして「e:N」シリーズを展開。5年間で10車種を発売し、中国からの輸出も視野に入れる。
・中国でEV専用の新工場を立ち上げ、2024年稼働開始。

 というもの。

 中国発の情報だが、2024年に稼働開始する新EV工場はグローバルに向けたホンダEV基幹工場となり、日本も含めた各地域への輸出も示唆する内容だ。

 さらに、同時に公開された「e:N」シリーズの3モデルの5年以内の市販化も明言した。

ホンダは中国で新たなEV戦略を発表。EV専用のプラットフォームを開発し、前輪駆動用プラットフォームと、後輪駆動、4輪駆動用プラットフォームを用意する。3タイプのコンセプトカーが示され、5年以内の市販開始を明言。中国専売ではなく、グローバル展開をも示唆している

 ホンダは2040年にグローバルでの新車販売を100% EV&FCVとすることを掲げており、国内でも2035年にはe:HEVを含めるものの「電動化」達成を目指す。

 いずれにせよ内燃機関搭載車は消えていく流れに舵を切った。

 とはいえ、今はまさに過渡期。2~3年前に開発がスタートし、間もなく登場するニューモデルには内燃機関搭載モデルもあり、逆に言えばホンダ車としては最後のエンジン搭載車となるのが、この先1~2年に登場するクルマたちということになる。

 来年11月に市販開始を計画するコンパクトSUVもそんな1台。ヴェゼルよりもコンパクトで、ヤリスクロスやキックスと直接ライバルとなるミニSUVだ。

ホンダが日本市場への投入を意図して開発を進める全長4000mm級のミニSUVは、現行型フィットをベースとしたモデルなので、見方によってはWR-Vのモデルチェンジ版といってもいいかもしれない。搭載されるエンジンは直3、1Lターボ。129ps、18.4kgmを発揮する(画像はベストカー編集部による予想CG)

 ホンダには中南米に向けたミニSUVのWR-Vがある。これは全長4000mm、全幅1734、全高1599mmで、ヤリスクロスやキックスよりもちょっと小さく、ロッキー/ライズサイズ。

 先代フィットをベースとしたミニSUVで、このWR-Vのモデルチェンジ版ともいえるモデルが日本向けにも企画され、現行型フィットをベースに開発されているのだ。

WR-Vは中南米向けのミニSUV。先代フィットがベースとなる

 現行型フィットにはSUVテイストの「クロスター」があるが、このモデルはさらにアッパーボディも全高を高くしたSUVテイストを強めたモデルになる。

 フィットのワゴン版、シャトルはこのミニSUVの新投入により、統合→消滅というのが販売現場からの最新情報だ。

 パワートレーンは現段階では直3、1Lターボ搭載という情報だが、時流を考慮してフィットに搭載される1.5L e:HEVの可能性もある。

■日産&三菱はNMKVによる軽EVベースのミニSUVを進める

 日産と三菱の合弁会社NMKVは両社共同で開発する軽自動車企画会社。

 来年市販開始するピュアEVの軽自動車に引き続いて、このEVプラットフォームを活かしたミニサイズSUVの企画を進める。

日産と三菱による合弁会社NMKVは、両社が協業で開発する軽自動車を企画する会社。デイズ/eKシリーズなどがこれによって生み出された。間もなく登場する軽EVもNMKVによる企画。さらにこの軽EVをベースとしたミニサイズSUVの企画が進行する(画像はベストカー編集部による予想CG)
日産モデルは「ミニキックス」のイメージ、三菱モデルは「パジェロミニ」か?(画像はベストカー編集部による予想CG)

 基本は軽自動車ということになるが、SUVモデルとすることで、全幅が1475mmを超え、登録車サイズとなる可能性もある。

 となれば当然、動力性能もそれに見合ったものとなるだろう。三菱モデルは以前あったパジェロミニのようなイメージでeKクロスとのデザインイメージを差別化する。

日産が2019年の東京モーターショーに出展したIMkは、全幅が軽自動車サイズを超えていたが、もちろんショーモデルゆえ。軽規格に合致させて来年市販

次ページは : ■スズキはなんと人気のスイフトスポーツをSUV化!!?