「人気者」だけが良い車じゃないぞ!! クロウト好みのいいスポーツモデル 10選

人気のある優等生だけが良い車じゃない!! クロウト好みのいいクルマ【スポーツモデル編】

 評価が定まっていて人気も上々。クルマ選びのプロがわざわざ薦めなくても選択肢の上位に入っている、誰が見ても分かりやすい『良い車』。

 だが、目立たないけど良い車というのも、もちろんある。『真っ先には思い浮かばないかもしれないが、魅力は負けていないクルマたち』、そんなクロウト好みのいいクルマをプロが選んでいくのがこの企画。

 日本のスポーツモデルは一時絶滅危惧種に指定され、クルマ好きを心配させたが、杞憂に終わって何より。それは今後電動化されようが、クルマがある限りスポーツモデルが消滅することはない。

 本企画では基本的に玄人がSUVとかコンパクトカーといったカテゴリー別に優等生的人気車とクロウト好みのいいクルマを選ぶのだが、ここだけはスポーツできればなんでもあり、カテゴリーを度外視して選んでもらった。

 オールカテゴリーが対象のためクロウト好みのいいクルマには意外なクルマも登場してまっせ!!

※本稿は2021年10月のものです
文/松田秀士、岡本幸一郎 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年11月26日号

【画像ギャラリー】売れてるクルマだけがいいクルマなのか!? クロウトを唸らせる『ウラ番』的クルマたち【スポーツモデル編】(10枚)画像ギャラリー

■まずは人気の『優等生』スポーツモデルをご紹介

評価も人気も優等生のスポーツモデルたち。松田・岡本両氏のオススメ車は表のとおりだ

 スポーツの王道、クーペ&オープンを筆頭にそうそうたる顔ぶれ、というかこれが現状のほとんどすべて。ただ、現行モデルではあるが、すでに新車で購入できないNSX、S660のホンダ勢が除外なのが残念すぎますね。

 ノミネートした人気者の優等生たちに対し岡本氏は、「どのクルマもそれぞれ選ぶ意義がある」という理由から表グルマのすべてをお薦めグルマに認定。

 それに対し松田氏は、どちらもいいクルマであるのに異論はないとしながらも、「400Rを名乗ったならもう少し特別感を出して、刺激的なクルマにしてほしかった。GRヤリスは特別な存在だが、実際に乗るなら86/BRZのほうがいいと思う」という理由で推薦外となった。

 ベタすぎるほどの王道スポーツモデルに対し、松田氏、岡本氏はどんなクロウト好みのクルマを挙げたのか? お楽しみに!!

■松田秀士氏が選ぶクロウト好みのスポーツモデル

レクサス IS Fスポーツ。コーナー進入後の修正や追舵にもしっかりと反応。一般路での乗り心地や静粛性も抜群

 確かに人気者の優等生にはGT-Rあり、GRヤリスありと華があります。これに対して散華(さんげ)の魅力とも言えるクロウト好みのスポーツモデルをボクはさらにお薦めしたい!

 まずはマイチェンで驚くハンドリングを身に着けたレクサスIS Fスポーツ。GT-Rも年次改良を重ねて今がある。でもこのFスポほど激変したことはなかったと思う。

 3.5L、V6自然吸気エンジン搭載モデルは、パワーではGT-Rに適わないが、ワインディングで多少のオーバースピードでコーナーに飛び込んでも車体がブレず、修正も追舵にもしっかりと反応。一般路での乗り心地も静粛性も高い次元でバランス。

 さらにやっぱりスイスポでしょ! って言ってるキミにはノートオーラNISMОに乗ってみなさい、と言いたいね。

 確かにスイスポはコスパもいいし評価は高いです。

 しかし、オーラNISMОはね、足ガチガチに攻めてんだろうな! という予感がみごとに外れて、締まってるんだけど必要最小限でしっかりしたホイールトラベルを実現。電気モーターだからレスポンスも素晴らしく、燃費もいい。

 レヴォーグはもうすぐ2.4Lターボが追加されるが、これは次期WRX S4と車体ベースが同じだから。つまりWRXのステーションワゴン版がレヴォーグなのだ。

 インナーフレーム構造によって、とにかくボディ剛性が高い。だからサスペンションの動きを正確にコントロールしている。ボディとサスペンションのバランスは欧州車を超えたと言っても過言でない。

 マツダ6はアテンザ時代のマイチェンで部位によっては鋼板の厚みを増すなど、マイチェンとは思えない進化でハンドリングも成熟。それだけでなく2.5Lターボの分厚いトルクと高回転域でストレスのない抜け感たっぷりのパワーは魅力。

 地味で目立たないが、もうこれは芸術の域。ボディとサスがしっかりしたから載せられるエンジンだ。

次ページは : ■岡本幸一郎氏が選ぶクロウト好みのスポーツモデル