早く新車に乗りたい! 最新ミニバンやSUVの納期遅延は解消されるのか!?


  年度末はもっとも新車が売れるシーズンだ。最近では暦年末も“年末セール”が積極的に行われるようになった。そして2021年がモーターショーイヤーであったこともあり、2021年はメーカーからは魅力的な新車が多数登場している。

 ところが世界的な半導体およびパーツ不足により、メーカーは思うように生産を伸ばせないでいる。その結果納期遅延が起こり、購入しても実際の納車日が不透明な状態となっている。

 ヴェゼルやカローラクロスといった人気SUVや、これから登場するノア/ヴォクシーといった人気ミニバンの納期はどうなるのだろうか?

文/小林敦志、写真/TOYOTA、MITSUBISHI、HONDA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】まだ見ぬ新しい愛車に会えるのはいつ!? 今後の納期はいったいどうなる!?(9枚)画像ギャラリー

■ディーラーでの感触では納期が改善されつつある

一時期は1年待ちとアナウンスされていたカローラクロス(HEV)の納車も改善されつつある

 日系完成車メーカーは、世界的なサプライチェーンの混乱により、調達に困難な部品などが発生し、2021年晩夏あたりから国内生産工場の操業停止や減産が相次いでいた。しかし、最近になってトヨタやホンダは2021年12月の工場稼働を平常に戻すと発表している。

 さらにトヨタでは、系列販売ディーラーに対し、年明け(2022年)からは工場稼働率を120%にする予定とアナウンスしているとの情報も入っている。

 ところが、12月13日よりトヨタの一部工場(国内4工場)の稼働を一部停止するという報道があった。その理由は部品調達が困難なことや、国内物流のひっ迫と伝えられている。つまり、それだけいまも先行き不透明な状態は変わっていないのである。

 しかしそのようななかでも、トヨタ系ディーラーで話を聞くと、「新車がほとんど届かなかった9月や10月に比べると、11月は肌感覚でも確実にお客様へお届け(納車)する新車が多く届くようになりました。12月も予定を聞いている限りでは、確実に増えております」とは現場のセールスマン。

 販売現場では、「トヨタやホンダがとくに影響を受けている」とも聞く。

 確かに、2021年10月あたりでは、9月に登場したばかりのトヨタ カローラクロスのHEV(ハイブリッド車)や、同ヤリスクロスで納車約1年待ちであったり、ホンダ ヴェゼルではPLaYグレードがオーダーストップ(いまも継続中)になるなど、混乱ぶりが目立っていた。

 しかし、事情通によると「現状ではカローラクロスでも、あくまで予定ですが最も納車待ちが長いモデルでも、納車予定は2022年5月あたりとなっています。

 ヤリスクロスはHEVが際立って納車待ち期間が長いのですが、それでも2022年8月あたりとされているので、納期遅延は微速ながら改善傾向にあるようです」と説明してくれた。

■同じ車種でもグレードによって納期差が

2021年11月に登場したトヨタ ライズでは、Zグレードが大きく遅延しているのに対して、他グレードでは2カ月ほどで納車可能となっている

 また、納期遅延が以前よりピンポイントとなってきているようにも見え、さらに同じモデルでも納期の差が激しくなっているケースもある様子。

 例えば2021年11月1日に一部改良を行ったトヨタライズでは、Zグレードが2021事業年度内(2022年3月末まで)に納まるかどうかと遅延しているのだが、そのほか(新設定されたHEVも含む)の仕様では2カ月ほどで納車可能予定となっている。

 また、2021年11月25日に一部改良モデルが正式発売となった三菱エクリプスクロスも、12月上旬に聞いたところでは、PHEV(プラグインハイブリッド車)であっても2カ月ほどで納車できるとのことであったが……。

 「11月末に令和3年度補正予算案に、クリーンエネルギー自動車購入に関する補助金が盛り込まれたとのニュースが流れるやいなや、PHEVの受注が急増しました。現段階で納期は2カ月ほどとご案内いたしましたが、これは一定台数を生産できる部品を確保してから生産を開始し、発売したためのようなのです。

 つまり、この初期ロットとも呼べる生産分を売りつくせば、その後の生産は滞る可能性は高いですね」とは三菱系新車ディーラーのセールスマン。

 前述したライズにしても同じような状況のため現段階では納期が早めになっている可能性は高い。

 前述したカローラクロスでも、ガソリン車ならば2021年12月上旬現在で、2022年2月には納車可能な仕様もあるようだ。

 ただ、2020年6月の正式発売から人気が高く納期遅延の続いているトヨタハリアーでは、ガソリン車で2022年6月あたり、HEVでは2022年9月あたりを納車可能予定としており、納期遅延傾向が際立って見える。

 しかし、オプション次第ではさらに納期が延びるというのだが、この納期遅延傾向は昨今のサプライチェーンが混乱する以前とたいして変わらないので、見方を変えればハリアーも若干の納期遅延改善が進んでいるのかもしれない。

 そもそも納期の短かったアルファードでは、現状でも3カ月も待てばほぼ間違いなく納車となるので、2021事業年度内に納車が間に合いそうな数少ないモデルといえる。そのため2022年1月になってから事実上スタートする、2021事業年度末決算セールでの目玉車(納期早く、値引き額も拡大している)となりそうだ。

次ページは : ■納期遅延が中古車価格にも影響