世界的半導体不足とコロナのダブルパンチ! トヨタなど国内メーカー納期遅延の実態とは!?

世界的半導体不足とコロナのダブルパンチ! 国内メーカー納期遅延の実態

 世界的な半導体供給不足や新型コロナウイルス感染再拡大が自動車製造に大きな影響を及ぼしている。ASEAN地域の現地工場が操業停止に陥っており、部品供給の不足から国内自動車メーカーに納期遅延が発生している。

 新型カローラクロスは当初は2~3か月待ちだったが、好調な受注状況にも後押しされてさらに納期がが伸びているようである。大人気のヤリスクロスなどは、半年待ちとされていたがこちらもさらに伸びそうだ。

 比較的影響の少ないメーカーもあれば、かなり深刻な影響を受けているメーカーもある中での、各メーカーの現在の状況を調査した。

文/小林敦志
写真/TOYOYA、ベストカー編集部(トビラ写真=AdobeStock@Connect world)

【画像ギャラリー】大人気のあの車は? 発売直後のあの車は? 世界的半導体不足とコロナでの操業停止で遅延する納期(10枚)画像ギャラリー

■メーカーによって影響の大小はさまざま

日産では深刻な納期遅延はほとんどないが、発売したばかりのノート オーラは人気が高く、受注多数による納期の遅れを招いている

 本稿執筆時点で、日系8メーカー(トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバル、ダイハツ、スズキ)のウエブサイトを見ると、トヨタ、ホンダ、スバル、スズキが、“納期遅延”が発生しているとのお詫びを掲載している。

 これは世界的な半導体供給不足やASEAN地域の新型コロナウイルス感染再拡大により、現地工場が操業停止などに陥り、ASEAN地域からの部品供給不足が発生しているためだ。メーカーによっては実際に国内各工場の操業停止スケジュールを公開しているところもあった。

 ただし、このような案内をしていないからといって、そのブランドモデルの納期が順調というわけでもない。

 筆者が販売現場をまわると、日産系ディーラーでは

 「日産では半導体やASEANからの部品供給の滞りによる、深刻な納期遅延はほとんどありません。発売したばかりのノートオーラは、おかげさまで人気が高く多くの受注をいただいているため、ご納車が年内間に合うかどうかという状況で、納期にお時間をいただいております(取材時)」と話してくれた。

 それでも日産もまったく影響がないというわけでもないようなので、現状では日本の新車販売市場全体が、深刻な納期遅延に悩まされていることになっているといえよう。そのなかでも深刻なのはトヨタとなるようだ。

 前述した日産系ディーラーのセールスマンは、「トヨタさんは、日本だけでなく世界的にも生産台数がハンパなく多いですからね。受ける影響も大きいでしょうね。ウチぐらいの生産キャパならば、深刻な影響は受けませんけどね」と、やや自虐的に話してくれた。

■正確な納期が読めないという状況も

2021年9月より発売されているトヨタ カローラクロス。当初は2~3カ月待ちとなっていたが、部品供給不足の影響を受け、予定に乱れが出てきたようだ

 9月14日に正式発売となったトヨタ カローラクロスは、ウエブサイト上の“工場出荷時期目処”では、当初2~3カ月(ただしSグレードは2022年3月から生産開始予定ということもあり、半年となっている)となっていたが、後日改めて確認すると“詳しくは販売店にお問い合わせください”となっていた。

 発売後に急速に受注が積み上がったこともあるだろうが、それに部品供給遅延もあり納期が本格的に乱れ始めたように見える。販売現場で聞いたところでは、「発売と同時に本社(ディーラーの)から、グレードを問わず、納車予定は2022年3月以降との連絡がありました」との話であった。

 事前の予想通りに受注がかなり好調なペースで入っているものの、ヴェゼルの想定外の好調な販売もあるのか、長期の納期遅延となっているのに、受注を増やすようにとプレッシャーがきついとのことであった。

 なお、すでに新型アクアでも、納車時にナビキットが間に合わなくなっていたが、カローラクロスでもナビキットの供給遅延が別途記してあったので、ナビキットの生産は車両以上に混乱しているようである。

 カローラクロスについては、Sグレードを2022年3月から生産開始としているので、あとは最上級グレードのZと、廉価グレードのG系(G“X”も含む)のみが現状では生産されていることになる。

 G系はレンタカーなどのフリート販売向け仕様と見られるので、一般消費者向けでは、Xに当面は生産をかなりの割合で絞り込んでいることになるだろう。これも現状での部品不足だけでなく、新規受注が多く入ってくることによる納期遅延を少しでも押さえ込むことを狙っての生産計画のように見える。

 販売現場で話を聞くと、「カローラクロス以外の車種についても、正確なご案内ができないところが厳しい」と語ってくれた。納期遅延の案内をして、お客さんから「じゃあ、いつになるんだ」と聞かれても、正確どころか、ザックリした時期すら案内できないほど混乱しているのである。

 「トヨタのウエブサイト上の工場出荷目処は9月3日現在のものとなっています(本稿執筆タイミング)。

 ざっと見ると、1~2カ月という早めのものもありますが、9月中旬に改めてトヨタ系ディーラーで納期を聞いてみると、『現状では2~3カ月かかるとご案内し、さらに半導体やASEANからの部品供給遅延などの問題で延びることがあります、とご案内します』と話してくれました。

 2~3カ月、つまり『年内に間に合って欲しい』という希望であって、はっきりした納期が読めない状況にあるようです」と事情通は様子を説明してくれた。

 現場のセールスマンはいまの状況について、「われわれが受けとる販売マージンは、当該月に何台登録できたかで支払われる額が決まります。9月は事業年度締めでの上半期末決算セール月でしたが、店舗スタッフのほとんどが受注した車両のうち登録できたのは1台ずつでした。

 こうなると、受け取る給料はほぼ基本給に近いものとなり厳しい状況がしばらく続きそうです。仕事としては、“どのクルマが納車早いか”などと考えながら売っていられないので、とにかくお客様が希望されるクルマを販売し、受注が1台でも多くなるようにしております」と、混乱した様子を語ってくれた。

次ページは : ■グレードや装着オプションによって納期が前後するという現象も