ついに生産終了! ホンダの頂点に君臨したレジェンドの「伝説」と命運

ついに生産終了! ホンダの頂点に君臨したレジェンドの「伝説」と命運

 毎年、さまざまな新車が華々しくデビューを飾るその影で、ひっそりと姿を消す車もある。

 時代の先を行き過ぎた車、当初は好調だったものの、市場の変化でユーザーの支持を失った車など、消えゆく車の事情はさまざま。

 しかし、こうした生産終了車の果敢なチャレンジのうえに、現在の成功したモデルの数々があるといっても過言ではありません。

 訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回はホンダ レジェンド(1985-2021)をご紹介します。

文/伊達軍曹 写真/HONDA

【画像ギャラリー】先進技術搭載の最新モデルから初代ハードトップ 2代目クーペまで! 歴代レジェンドをギャラリーで見る(58枚)画像ギャラリー

■ホンダ初のV6エンジン搭載 3ナンバー…フラッグシップサルーンとして登場したレジェンド

 ホンダのフラッグシップサルーンとして1985年に誕生。ラグジュアリーなサルーンでありながら、ホンダらしい「ドライバーズカーとしての資質」は常に意識されてきた。

 2004年発売の4代目は280ps自主規制解禁1号車として最高出力300psの3.5L V6エンジンを搭載し、前後輪と後輪左右の駆動力を自在に制御する世界初のシステム「SH-AWD」も採用。

 しかし歴代モデルは、高額なフラッグシップカーには必須の「ブランディング」が上手くいっていたとはいえず、販売は低迷。そして結果として2021年いっぱいでの生産終了が決定したラグジュアリーサルーン。

 それが、ホンダ レジェンドです。

 初代ホンダ レジェンドは1985年10月、ホンダ初の3ナンバー仕様もラインナップする新たなフラッグシップモデルとして、そして北米で展開する高級車ブランド「アキュラ」向けの専用車種として、発売されました。

ホンダ 初代レジェンド(1985-1990)
ホンダ 初代レジェンド(1985-1990)

 搭載エンジンは2Lおよび2.5LのV6SOHCで、途中から2.5Lを2.7Lに変更。1988年のマイナーチェンジで2Lターボエンジンを追加するとともに、4ドアセダンのリアサスペンションをマクファーソン・ストラットからダブルウィッシュボーンに変更しました。

 1990年10月には初のフルモデルチェンジが行われ、2代目へと進化。2代目レジェンド国内仕様のエンジンは縦置きの3.2L V6「C32A」に一本化され、先に発売されていたインスパイアやビガーが採用していた「FFミッドシップ」というレイアウトを採用。

 一部のジャーナリストからは強く批判されたFFミッドシップでしたが、結果として1991年には年間約1万9000台を売るという好成績を記録しました。

 1996年から2004年まで販売された3代目を経て、2004年10月には4代目のレジェンドが登場。

 排気量はそれまでと同じ3.5Lでしたが(2008年9月からは3.7L)、軽量コンパクトなJ35A型に変更され、レイアウトも縦置きから横置きに変更。

 そして冒頭で触れたとおり4代目レジェンドの3.5Lエンジンは、当時の280ps自主規制解禁の第1号として最高出力300psをマーク。さらには新開発の四輪駆動システム「SH-AWD」を採用するなど、意欲的でスポーティなサルーンではありました。

280ps自主規制解禁の第1号として最高出力300psをマークした4代目レジェンド(2004-2012)
280ps自主規制解禁の第1号として最高出力300psをマークした4代目レジェンド(2004-2012)

 しかし販売は振るわず、2011年には1年間に360台しか売れないという状況になり、翌2012年6月に生産終了となりました。

 結果的に最後のレジェンドとなった5代目は、北米ではアキュラ RLXとして2013年春に発売されましたが、日本ではやや遅れて2015年2月に発売となりました。

 5代目の日本仕様は3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」を搭載。新開発されたV6 3.5L直噴i-VTECエンジンと、合計3つのモーターを最適に制御するコントロールユニットおよび高出力リチウムイオンバッテリーを組み合わせたシステムで、世界初となる歩行者への衝突回避を支援する「歩行者事故低減ステアリング」なども採用されました。

約2年半振りの名称復活となった5代目レジェンド(2015-2021)。世界初の3モーターハイブリッドシステム 「SPORT HYBRID SH-AWD」を搭載する
約2年半振りの名称復活となった5代目レジェンド(2015-2021)。世界初の3モーターハイブリッドシステム 「SPORT HYBRID SH-AWD」を搭載する

 そして2018年2月にマイナーチェンジを行い、2021年には自動運転レベル3に適合する「Honda SENSING Elite」を搭載する「Hybrid EX・Honda SENSING Elite」を100台限定で生産すると発表して話題になりました。

 しかし相変わらずセールス状況は低迷したままで、2021年の平均月販台数は「約30台」という衝撃的な数字に。

 そのためホンダは2021年6月15日、2021年度中に予定されている狭山工場の閉鎖に合わせ、2021年いっぱいでレジェンドの生産を終了することを発表しました。

次ページは : ■ブランディングの失敗? レジェンドが消えざるを得なかった理由

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号